LOVE INDIA

LOVE INDIA 2017まで1ヶ月5

2017年04月23日

LI2017_poster_w500

 昨年、一昨年と4月開催だったLOVE INDIAですが、今年は5月開催ということで余裕、余裕と思っていましたが、あと1ヶ月。

 先日の会合で、Aターリの情報を仕入れ、メニューを決めたつもりでしたが、ここ2〜3日、また迷い始めました。
 イベントのメニューは、いつもこんな感じでぎりぎりまで決まりません。

 今回は「豆」ということで、グイと存在感を主張すべきか、それとも脇役、つなぎ役にいくべきか。
 しかも、カトゥーリという少量ですから、一人前食べ終わった食後感より、一口めのインパクトが必要。
 そこで昨年はタコカレーで、その前はビーフニハリにしました。

 来週末からのゴールデンウィークで考えようと思っていますが、何が起きるかわからないのが毎年の恒。
 とにかく、皆さんをがっかりさせないように、スタッフたちと意見交換をします。

★ 今年のLOVE INDIAのポスター、もちろん、根本真路さんの作ですが、すごくいいですね。
  昨年のもかなりいいと感じましたが、わたし的には、今年のが歴代1位です。


LOVEINDIA 20175

2017年04月18日

loveindia2017

 5月28日(日)のLOVEINDIA2017が迫ってきました。

 昨夜は、このイベント前最後の打ち合わせが、下北沢「ムーナ」諏訪内さんの店で行いました。
 デリーは「ターリA」参加。

 いつものように具財別になっていまして、
 
 肉(鶏以外)    シタール増田さん
 鶏          ムーナ諏訪内さん
 野菜         葉菜 吉田さん
 魚介         シバカリーワラ 山登さん
 そして豆がデリーでした。

 皆さんのメニューを聞き出し、どんな豆料理にするか、探りを入れてきました。
 ちなみに「ターリB」の豆担当、中村屋さんからも豆の種類などを。

 各シェフに尋ねると、もうほとんどの方がイメージが出来上がっているのに、「まだ決まってない」といいながら、細かく、熱く語っていました。

 豆に関しても、2種、頭の中に入れて、バランスやバラエティーさから考えるつもりでした。
 まだ、どんでん返しがあるといけないので、お教えしませんが

 昨夜の料理は、諏訪内、柴崎(シバ)のコラボでしたが、とてもユニークで参考になり、美味しく楽しかったです。
 このお料理に関しては、また次回。

 今回のチケット、ネットで、e+(イープラス)のサイトから、「ラブインディア」で買うことのみになっているそうです。
 よろしくお願いいたします。

BRUTUS、2月13日〆切りです!5

2017年02月09日

brutus

 BRUTUS 839号「日本一のお取り寄せグランプリ」特集の96ベージに掲載されている、LOVEINDIA X BRUTUS オリジナルターリの〆切りが、2月13日です。

 皆さまからのご注文を集計した後に、各シェフが作り始め、3月1日には発送体制を整える、という画期的なものです。
 しかも、普段キッチンで作っている時と同じ100℃前後の低温殺菌で、冷蔵ですから、お店とほぼ同じを、と考えています。

 ご覧のように色も器も華やかですね。
 撮影の時、ベテランでインド料理に詳しい、スタイリスト、カメラマン、記者、編集者、そして各シェフが集まり、見開き2ページのために、大変な作業だなと。

 各シェフも、それぞれ得意技を発揮したカレーを作り、色も打ち合わせたのではないですが、絢爛豪華になりました。

 クール宅急便、コレクサービス代込の¥5000。
 各店を回る交通費にもなりません、ぜひぜひ

LOVE INDIA20165

2016年04月24日

loi

さて本日は、LOVR INDIAイベントの日です。

 予定通りというか、朝起きたら雨でした(笑)。
 しかし、開場のころには雨も上がるようです。

 早速行って、各シェフの味見をしたいですねえ。
 ことしはどんな発見があるか、各シェフが、今、どこに視点を置いて作っておられるのか、興味津々です。

 また、今回は、そういった点をみずのさんが引き出すトークショーと聞いています。
 
 では皆様、会場で。

LOVE INDIA パパドとの死闘5

2016年04月22日

papad2

 24日のLOVE INDIAで、サービスにお出ししたいと思っているパパドですが、もう間に合わないので、揚げ始めました。
 
 ローストパパドがお好みの方もいらっしゃるかと思いますが、時間短縮を考え、揚げにしました。
 仮にローストだと1枚1分、1000枚以上ですから1000分、16時間以上になります。

 揚げだと、1分6枚として、計算上は1/6でできることになります。
 しかし。油煙と暑さ、そしてパパドの中のヒングがツンと鼻に来ます。

 長年この商売をしていますが、パパドを1000枚揚げたのは初めてです(笑)。

 さらに問題なのが、あの壊れやすさ。袋詰めの時など、4,5枚まとめて持とうもんなら、すぐバリっと。
 そうっと袋詰めして段ボール。大きいのが約13ケース、揚げる前の30倍の容積になります。

 私にとってパパドはどうしても食べたいものではありませんが、そば屋で温かいそばに一かけ入っている「ゆず皮」のように、これ一つで、ワンランクアップする感があるようにで。

 LOVE INDIAメンバーの、十分美味しいカレーですが、ワンランクアップできればいいかなあ。

LOVE INDIAの異端児? デリー5

2016年04月19日

li2

 今週は、LOVE INDIAでいっぱいいっぱいです。

 さて、我らデリー、このLOVE INDIAでは、どうも異端児の様な気が・・・

 それは、LOVE INDIAという集団にもかかわらず、第一回目のレシピ集で出したのが「スリランカンビーフカレー」、インドじゃないですね。
 
 その次にカレーで参加した時は「ビーフニハリ」、パキスタンの国民食と言われてます。

 そして今回は「モーリシャス風タコカレー」。

 はたしてデリーは、「We love Indiaなのでしょうか?」
 もちろん大好きですよ、ご心配なく。

 最近は、プレート型カレー定食が人気のようで、その中には必ずパパド(パパダム)が乗っています。
 そこで、今回のターリにもと思い、アンビカさんに「パパドくれ」といったら、1000枚以上本当にくれました。
papad

 ラッキー!
 いや、当日これを作らねばと思うと、複雑です(笑)。
 パパド、先着順に食べ放題です。
 

タコカレー、LOVE INDIA5

2016年04月17日

tako

 来週の日曜日、LOVE INDIAイベントです。
 デリーは、Bターリ「タコカレー」で参加します。

 モーリシャスやセイシェルで食べられているタコカレーを、デリー式に作りました。
 4,5年前に作り、スタッフ(特に息子)からおいしいと言われていたので、もう一度、日の目を見させたいな、と思い、ブラッシュアップ。

 そして最終のチェックということで試食。
 タコのダシがよーく出ていて、ココナッツミルクのコクと、デリーのカレーの特徴でもある、多量かつ突出感のないスパイスが、エスニック感を演出し、おいしいと自画自賛(女房も)。
 
 食感の変化と飾りのために加えたナスとシシトウが、予想以上にポイントが高いと思いました。

 Bターリ、よろしく!

 チケットはhttp://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002183226P0030001 をクリックしてください。

 Aターリはhttp://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002183221P0030001

 
 

LOVE INDIA Bターリ5

2016年04月13日

LI

 4月24日、LOVE INDIA、我らがBターリのラインアップが決まりました。

 ★ビーフペパーフライ   
    沼尻さん、「ケララの風供

 ★ケララチキンカレー
    増田さん、「シタール」

 ★ビーツベジマサラ
    柴崎さん、「シバ」

 ★ パンジャビチョレ
    山登さん、「シバカリーワラ」

 ★ モーリシャス風タコカレー(Cari d'ourite Mauricien)
「デリー」

 そしてサフランライスです。
 いい組み合わせ、いいバランスです、どれもウマそうです。
 バラバラに食べるか? グチャグチャにして食べるか?
 そうすると、何かロティ類がほしくなりますねえ、会長に相談してみましょうか。

 年齢が60歳を超えているのが私を含め3人、映画の「RED/レッド」みたいですが(自分がブルース・ウィリスと思っています)、そこに中堅と若きホープ。

 LOVE INDIAならではのコラボです。

 今回は、チケットを各店舗で売っていないので、ご面倒でも、下記アドレスからお願いします。

 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002183226P0030001

 

LOVE INDIA今年もサフランライス5

2016年04月06日

saf

 今年のLOVE INDIAも、サフランライスでいきます。

 3年前の10月、ライスをデリーが担当し、サフランライスとジーラライスを作りました。
 昨年は、そのサフランライスを、調達デリー、製造竹田会長(にしき食品)で作りました。

 今年も竹田会長から、「去年もサフランがいっぱい入っていて好評だから、サフランライスでいく」と言われ、材料調達担当しています。

 デリー銀座店のレシピで、かなりサフランを使います。
 たぶん、今回も100gくらいになると思われます。

 この色も100%サフラン、ターメリックなどは一切使っておりません。
 いい香りでしょう。

 実はデリーで、なぜこれほどサフランを多く使ったサフランライスを作ったのか?

 答えは、、、

 その昔、取引していたスパイスメーカーに1kgと頼んだところ、1kg納品されましたが、価格は100g分、すなわち一ケタ間違えたのです(当時1kg30万円が3万円できていました)。
 ですから、何だそれほど高くないなと思い、たっぷりのサフラン使ったサフランライスのレシピを作ったのです。

 10年以上たってから、メーカーが気付き、値上げとなりましたが、こちらも今さら減らせません。
 だから、色も香りも100%サフランの美味しいライスになっています。
 おかわりもありになるかもしれません、もちろん有料ですが(笑)。

 美味しいカレーとサフランライスをご堪能ください。

 美味しいカレーとサフランライス、

4月、LOVE INDIAだ5

2016年04月02日

lovei

 LOVE INDIAのイベントが、今月24日開催されます。

 今年のポスター、恒例のデザイナー・根本真路さんの作です。
 これを見た時、「うわ、きれいだなあ!」と思いました。ターリの芸術性がよく表現されていますが、何よりおいしそう。

 このイベントも、今回5回目でしょうか、我々のような会社組織では、いざ知らず、個人で店舗経営されている方々には、店も休み、しかも500食近くという、普段作らない量を、営業しながら作っていくのですから、相当の覚悟が必要かと。
 会食などで彼らと話すと、インド料理に対する情熱と貪欲さがヒシヒシと伝わってきます。
 これが原動力でしょう。

 そして、すごいと思うのが、イベント企画会社などを使わず、手作りで行っていることです。
 
 なんだかんだいいながら、4月に入ると、ソワソワしてきますな。
 皆様とお会いできますように。

※ チケット、詳細はこちらまで。  

   http://love-india.net/
  

LOVE INDIA 2016 では、5

2016年03月22日

tako

 LOVE INDIA、2016.4.24では、3年ぶりにカレーを作ることになりました。
 デリーの担当は「シーフード」。

 魚なら「ハタ」「マナガツオ」「アンコウ」「シイラ」「ニシン(ヒルシャーの代わり)」などを考えましたし、エビ、カニ、ホタテ、アサリ、ハマグリなどの甲殻類、貝類、そしてイカ、タコ。

 皆と協議し、やっぱり「もう一度タコカレーを作ろう」となりました。

 「たまに食べるならこんなカレー」で4年前に「モーリシャス風タコカレー」を作りましたが、今回は、それをバージョンアップしようと思案中です。

 やっぱりタコは、実にいい出汁が出ます。
 そしてタコは、茹でた後、素揚げにして香ばしくなど、実験しています。

 Bターリの他のカレーに負けないよう、頑張ります。
 

LOVE INDIA 2016 プレッシャー5

2016年03月05日

LI2016_72

 根本真路さん作の、2016LOVE INDIAのポスター画像が届きました。
 
 4月24日ですから、もうあと1ヶ月ちょっとしかありません。
 今まで4回のイベントでは 基本的にカレー以外担当で、ガティロール、ライスとアチャール、ファルーダを作りました。
 一回、”たんどーる”さんの代わりにビーフニハリでカレーに参加しました。
 ですからピンチヒッターで、今回初参加のような緊張感があります。

 血液型のせいか?Bターリとされ、インド料理の重鎮、かつ第一人者の増田さん、沼尻さん。
 ベテランの域に入り、ストイックな研究者柴崎さん、そして飛ぶ鳥を落とす勢いの若手山登さんと一緒です。

 LOVE INDIAですから、カシミールカレーで勝負するわけにもいきません(笑)。
 担当はシーフード。考えては否定、考えては否定を繰り返してきましたが、いよいよ試作段階に入ってきました。

 インド的なものに、どうやってデリーらしさ、香り、旨みを出すか?
 「そこが問題です」


 

LOVE INDIA スタート

2015年04月19日

20150419_114243


LOVE INDIA 2015スタート!
当日券はありません。

LOVE INDIA2015のチケットは・・・5

2015年04月08日

LOI

 今年度のLOVE INDIA、いよいよあと10日余りの4月19日です。
 
 今回は、地下鉄湯島駅、末広町駅から徒歩5分、JR御徒町駅から12,3分ほどにある「3331アートスペース」で行われます。

 ここは、廃校になった旧練成中学校で、後者をそのままアートスペースとして、芸大の先生が借り上げたと聞いています。
 校舎入口が公園で、中々いい環境です。
 あとは、いいお天気を祈るばかりです。(一昨年は大変でした)

 さてチケットですが、デリーの預かり分も残り少なくなってきました。
 各店舗に置いておいたのですが、店により、もう無くなってしまったところもあります。

 そこで、デリー店舗で買われる方は、前もってお電話いただければ、その店舗にご用意しておきます。
 
 デリー事務所       03-3813-0038 担当 山本、本田
 デリー上野店       03-3831-7311 担当 田崎
 デリー銀座店       03-3571-7895 担当 須田、ジェローム
 デリーミッドタウン店   03-5413-7278 担当 向山(むかいやま)

 チケットはAターリ、Bターリ、それぞれ¥3000です。

 なお、デリーは今回はアイスクリーム屋になります、こちらは現金販売です。
 
 何とかターリ、2つとも食べようと思っています。

LOVE INDIA ファルーダ5

2015年03月27日

falooda

 4月19日のLOVE INDIAで、デリーとしては、スイートをやることで決まりそうです。
 出店店舗で、スイートをやるところがなさそうで、やはり、カレーの後は、スイーツ、大事です。

 LOVE INDIAということで、インドらしく、今回はプレーンなマライクルフィとファルーダ(画像・今回用の試作品)にします。
 
 クルフィは、ご存じのように、牛乳を煮詰めて作ります。
 
 一方ファルーダはオーセンティックなクリフィ+ヌードルではなく、パースィスタイルの、シロップミルクにクルフィ、ヌードル、スイートバジルなどと、ローズ系の香りを付けようと思っています。

 当日、暖かいといいですね。

LOVE INDIA にファルーダ?5

2015年03月22日

faluda

 画像は、4〜5年前、テレビ局から頼まれて、インドのスイート、ファルーダを作って出演者が食べているところです。

 番組ディレクターから、「インドのスイーツで、テレビで見て、インドの若い女性が好んで食べているイメージ」が欲しいとのこと。
 都内のインド人経営のインド料理店に電話を掛けたが、皆、「グラブジャムン、ラスグラ、バルフィ」という答えで面白くない。見た目のいい物を作って、ということで作りました。

 この時は、デリーのクルフィに、ファルーダヌードル、スイートバジルシード、ローズシロップ、スーハフザ、ミルクで作りました。
 匂い、香りは完璧にインドです。

 4月19日のLOVE INDIAで、我々はその他の一品料理ですから、お腹いっぱいの皆さんに、別腹のスイートも言いかなと思っていました。
 しかし、スタッフからは、LOVE INDIAに来る人たちは、インド料理なら底抜けに食べられる人たちだから、ストリートフードでもいいのでは、という意見もあります。

 そろそろ決めないといけませんね。



「BRUTUS」の最終ご案内5

2015年03月18日

tali3

 BRUTUS夢の値段2015、「LOVE INDIAターリセット」¥10,000、いよいよ3月31日で締め切りです。

 シバカリーワラ「ナダンチキン」、南インド料理葉菜「ベジラッサム」、シタール「マトンカレー」、レストランシバ「ハタのカレー」、アンジュナ「ポークカレー」、スパイスカフェ「ホワイトチキンカレー」、ムーナ「マグロの黒胡椒カレー」、デリー「からし菜とパニールのカレー」が各100g、サフランライスが200g x 2、たんどーる「チキンピクルス」50g x 2、インド製ステンレスのターリ1枚、カトゥーリ(カレー入れ)5個のセットです。

 こんなものはもうできませんし、やりません。
 最初で最後と思われます。ぜひとも買ってみたい、試しに買ってみたい、面白半分で買ってみたいという方、こちらまで。

 「カレーに¥10,000?」と思われるでしょうが、この各店への電車賃だけでも、これくらいかかると思いますよ(笑)。

週末のDANCYU祭り5

2014年10月20日

dancyu

大変永らくご無沙汰して申しわけございませんでした。
 本日より復帰です。

 その第一弾は、今週末、築地本願寺で開催される「DANCYU祭り」のLOVE INDIAでの参加です。

 今年は、諸事情でLOVE INDIAのイベントが来年4月に延期になり、今回、DANCYU祭りに参加させていただくこととなりました。
 土曜と日曜は違うタリが販売されます、お楽しみに。

 デリーは土曜日に登場です。
 当日は、私もいる予定ですから、お暇な方は是非ご来店ください。

 カレー以外にも、楽しみお店がいっぱい出店していて楽しそうですな。

 天気もよさそうだし、食欲の秋を満喫しましょう。

 ちなみに、私はこの築地本願寺のすぐそばで生まれ、本願寺は犬の散歩コースでした。