デリー上野店

今週いっぱいで、工事です。3

2014年02月10日

DSC_0035

 デリー上野店、来週2月17日(月)から2月27日(木)まで、店内改修のためお休みさせていただけます。

 2月28日(金)より、平常営業の予定です(工事が延びずに26日までに終わればですが)。
 ちなみに、2月28日は、デリー上野店の58回目の誕生日です。
 といっても、これからも、ただ淡々とカレーを作り、ご提供していくだけですが。

 上野店のカレー依存症の方、ぜひ、今週中に一度と言わず、足を運んでください(笑)。

 



デリー上野店の工事休業3

2014年01月23日

DSCN0683

 2月17日(月)から2月27日(木)まで(予定)、上野店は工事のため休業いたします。

 今回の工事は、インフラ設備の再構築が主目的です。
 できるだけ休まないようにと、おっつけ仕事で、継ぎ足し継ぎ足しで修理してきましたが、給排水、電気などをやり直さねばならなくなりました。大雨の後の水漏れで、ご迷惑をかけたこともありました。

 何せ、昭和2年(1927年)に造られた老体ですので、そここことガタが来ても仕方ありません。いたわりたいと思います。

 久々の工事ですので、壊してみて不備な点が見つかったら、工期が延びることもあるかもしれませんが、昨日までの工事人との話では、27日に引き渡しということで、その日に仕込みを開始し、2月28日(上野店58回目の開店記念日)に間に合わせたいと思っています。

 その間は、もちろん、銀座店、ミッドタウン店は営業しております。
 デリー中毒の方、もし禁断症状が現れましたら、申し訳ございませんが、その2店の方まで、お出ましください。

 この工事に関する情報は、変更などがありましたら、このブログおよびホームページにて、お知らせいたします。
 

上野デリー、金曜日のカレー5

2013年12月09日

bhurta

 デリー上野店の曜日替わりメニュー、金曜日が変わりました。

 今回は、「チキンベイガンブルタ」です。
 ベイガンはナスのことで、これをじっくり焼いて皮をむき、潰してカレーにしてあります。
 ブルタ(ボルタ)はつぶす・マッシュの意味です。

 インドではポピュラーなベジ料理ですが、上野店では、ノンベジの日本人用に、チキンを加えて、食べごたえを演出してあります。
 上野店も、インドらしいカレーが出始めました。

 金曜日にお立ち寄りの際は、ぜひ、お試しを。

上野店のサグ・チキン5

2013年11月12日

usag

 曜日別カレーをお出ししている上野店ですが、10月から、金曜日は「サグ・チキン」になりました。

 銀座店、ミッドタウン店ではおなじみのものですが、上野店では初めて。
 お客様が、どんな反応を示されるか注目していました。

 これが驚きの高評価。
 今のところ、夜には”売り切れ御免”になっています。
 やはり健康志向なのでしょうか、ホウレン草たっぷり感が受けるのでしょうか。

 先日、名シェフ、ハリオムさんから「このカレーには、緑がきれいに出るよう、ターメリックを使わない方がいい」という、大ヒントをいただきました。ありがとうございます。
 今は、だいぶきれいに仕上がっていると思います。

 金曜日にデリー上野店、お越しの際は、一度お試しを。

上野店のポークビンダルー5

2013年08月23日

R0016294

 上野店では、金曜日のみにご提供していた「ポークビンダルー」、夏の終わりと共に、来週で終売になります。

 暑い時期にはピッタリのカレーでしたが、まだまだ暑さは残るかもしれませんが、ひと足早く、上野店では夏の終わりを告げます。

 デリーでは、今までに10種以上のポークビンダルーがいろいろな料理人によって、作られてきました。
 また、本場ゴアに行っても、店ごとに工夫され、味付けも辛さも酸味も違い、興味が尽きません。

 LOVEINDIAでも、それぞれのメンバーがそれぞれのポークビンダルーを持ち寄り、違った視点から作られていて、本当に人によって違うカレーだと認識させられました。

 辛さはある程度共通の部分がありますが、酸っぱさは人によって、ものすごく感じ方が違うことが認識できます。
 たぶん、自分には、自分の好きな酸っぱさが埋め込まれているのではないでしょうか。

 酸味は、子供は好まず、大人の味と言われますが、これは腐敗したものを食べないための生体防御反応だといわれています。

 私は、酸っぱい方がすきですから、たぶん無防備で、早死にタイプかもしれません(笑)。

 上野店のポークビンダルーをお召し上がりの方は、お急ぎください。

林先生とコルマカレー5

2013年06月25日

koc

 先週テレビ番組で、「今でしょ」の林先生が来店され、東大の学生時代からデリー上野店に通っていただき、「コルマカレー」が好みと言っていただきました。

 大変ありがたいことですが、上野店はうれしい悲鳴。
 一日に40人前を2回程度の仕込みだったのが、一気に4回に倍増。
 一回の仕込みにタマネギを今は約10kg炒めなくてはなりません(このコルマカレー、実はほとんどがタマネギです)。
 しかも、ガス台の大きさから、一回に一仕込み分しか炒められません。その上、炒めるのに最低でも3〜4時間かかります。

 もう朝から晩まで、彼らはタマネギと格闘です。

 このコルマカレー、初めて食べた方には、不思議な味だが、食べ易く「何コレ?」という感じになると思いますが、それでいてクセになるカレーです。
 ほとんどタマネギの炒め方でその味が決まってしまう、中々技術のいるカレーです。ですから、店によって、炒め方のクセで、多少の味の違いが生じます。

 お好きな方は、デリー全店を回り、その中で自分の好みの味を探されています。

金曜日のデリー上野店5

2013年06月21日

pvueno

 上野店では、月曜から金曜の平日に、「曜日替わりのカレー」があります。

 その中の金曜日版が、先週からリニューアルされました。
 夏に合わせ、何と銀座店と同じ「ポークビンダルー」です。

 やはりそこには、コックどうしの火花が散ったバトルが展開されています。
 もちろん、そのカレーに対する解釈や視点の違いはありますが。

 お客様によって、どちらがいいか分かれるところですが、私は、クールに分析したいと思っています。

 よろしかったら、2店舗の食べ比べをしてみてください。

 
 追伸
  本日19:54、TBS「ぴったんこかんかん」に「今でしょ」の林先生が登場。彼は、学生時代、デリーのファンだった  そうで、デリー上野店が登場します。

デリーが漫画雑誌に・・・5

2013年06月18日

[2013-06] GJ(グランドジャンプ)『喰-はむ-』 2013年6月19日号-5

 デリー上野店が、6月19日号「グランドジャンプ」の『喰む』という漫画に登場しました。

 電話で取材依頼を受け、実際に作者の方々が来店されたのですが、この漫画を見ていると、さすがにプロの方、観察眼が鋭く、内装や什器・備品も全く同じに描かれていました。ただ、きれい目ですが。

 この漫画を見て、ご来店され、実際とのギャップを感じられると辛いですけど。

 ここでは、カシミールカレー、コルマカレーのほか、2種のピクルスにナスのピクルスまでも、取り上げていただきました。
 やはり、カレーにはピクルスなどの薬味類は欠かせません。

上野店のチキンティカ5

2012年12月16日

photo_sidemenu1_b

 上野店でご提供しているチキンティカですが、この度、上野店のみですが、お持ち帰り用の冷蔵品の販売を開始しました。

 デリーの代表メニューであるタンドーリチキンを、上野店でも出せないかと模索して販売を開始したのが、20数年前でした。
 盛り付け時に、何か一つ加えたいと言うことで、アルブルタをアイスクリームディッシャーで添えたことを思い出します。

 銀座店と違って、鉄板ジュージューとは行きませんが、このチキンティカの方が好きと言うお客様もいらっしゃいます。
 ちょっと秘密をお話しすると、たっぷりバターを入れて煮詰めたタンドーリチキンマリネソースを、しっかり絡めていることです。
 ですから、銀座店より、やや濃い味でしょうか。

 真空にして、電子レンジ用のパックに、店売りより1ピース多い7ピースで¥800です。
 思った以上に売れていますが、量産ができないので無いこともあるかもしれませんが、一度試してみてください。

チキンカラヒ 上野店5

2012年08月16日

チキンカラヒ

 木曜日だけの限定メニューとして、デリー上野店に「チキンカラヒ」が登場しています。

 銀座店では、定番の商品ですが、満を持して上野店でもお出しします。

 感想は、銀座店より数段辛いのではないでしょうか。
 上野店は「カシミール!」と注文される方が多いので、このチキンカラヒも、そういった辛党に受けるのではないでしょうか。
 画像のように、上に掛った生クリームを見て、「辛くなさそう」と侮ってはいけません。かなりの辛口です。
 
 ローストしてから挽いた、ホールスパイスの強い香りもあって、エキゾチックで魅力的なカレーです。
 カシミールファンの方、もし木曜日に、ご来店日が重なったら、一度食べてみてください。

デリー上野店・金曜日5

2012年08月10日

ビーフベンガル
 本日より、毎週金曜日に限り、上野店で「ビーフベンガルカレー」が登場します。

 銀座店や上野店でも、前にお出ししたことがありますが、人気のあるカレーでした。
 エビと野菜の昔ながらのベンガルカレーがあるものですから、いつも、期間限定でした。
 しかし、根強い人気があり、銀座店では、「週に3回は来るから、やめないで用意してほしい」という常連様のお願いから、月間メニューが半年以上伸びたことがありました(もちろん裏メニューでしたが)。

 元々このメニューは、一時シェフだったデヴィッドのレシピでした。
 彼が、ムンバイのアンバサダーホテルに勤めていた頃(1970年代)の、カジュアルレストランのランチメニューだったものをアレンジしたものです。

 当時は、まだまだ外国人ビジネスマンというとイギリス人が多数で、そのために作られた「アングロインディアン料理」です。

 スパイスのきいたトマト煮込み風で、白いご飯とも良く合います。

 もしデリー上野店のご来店が、金曜日だったら、ぜひ召し上がってみてください。

 辛いのがお好きの方は、「ベリーベリーホット」もいけますよ。