デリー上野店

上野店、アチャリ・ゴーシュト5

2017年03月31日

acch

 上野店のアチャリ・ゴーシュト、食べました。
 白いご飯に合うように考えられていて、ヨシヨシ

 お客様にも言われたことがありますが、純インド的なカレーや欧風カレーを作っても、味は”デリー的”になってしまうようです。
 酒蔵のように、デリーの厨房には、独得の「麹菌」でもいるのか、鍋やスパテラに、デリーの呈味部分が存在するのでしょうか・・・

 酸味好きの私としては、もう少し酸っぱいのが好きですが、実際インドでも、酸味が感じられないのもありましたjから、これは問題なし。
 
 あとは、一口目のインパクトが欲しいなあ。
 製作者の菅野君に話すと、「何かやってみます」とのこと。

 今日は予定があるので、また来週あたりに食べてみましょう。

アチャリゴーシュト、始まります5

2017年03月17日

achari

 デリー上野店、金曜日のカレー「アチャリ・ゴーシュト」が本日から発売開始です。
 先週予告したのですが、一週遅れになり、申し訳ございません。

 ラム肉にアチャール(インド漬物)を加えたカレーで、インドでは割とポピュラーです。

 もし食べて、気に入られたら、デリーの製品で作ってみるのはいかがでしょう。

ac2


 画像、これはチキンですが、フライパンで炒め、そこに「ナスのピクルス」をそのままでも刻んでも構いませんが、加えます。
 香りが出てきたら、「カラヒ」のパックを更に加え、温まったらできあがりです。

 冷蔵庫に残っている、マンゴやライムのピクルスでももちろんOK。
 手軽な割に、ガラッと趣の変わるカレーになります、そうインド的な。

 でもその前に、上野店で召し上がってください

デリー上野店の挑戦5

2017年03月07日

achari

 今週の金曜日スタート予定、デリー上野店の曜日替わりカレーが「アチャリ・ゴーシュト」となりました。
 
 今まで、羊肉はタブー視されていた上野店ですが、大胆に行きました。
 また、純インドカレーへの挑戦でもありますね。

 アチャーリ、これはマンゴやライムなどピクルス(アチャール)を入れたものや、ピクルス用のスパイスを使って作ったカレーです。
 
 しかし、中々マニアックな選択ですねえ。
 羊肉と言えば、まずはロガンジョシュあたりから来ると思いましたが、前回もカシミール地方のカレーだったので、避けたのでしょうか。
 個人的には大好きなカレーですので、楽しみです。

 昔タブーだった羊肉やパクチーが人気になる昨今ですから、何かが起きるかもしれませんね


つい「コルマ」と5

2017年02月08日

koc1

 昨日、ふらっと上野店の前を通ったら、客入りが半分ほど。
 「じゃあ食べるか」と思い、席につき、カシミールを頼もうと思っていたのですが、出た言葉は「コルマ!」でした。

 逆はよくあるのですが、何か誘われるものがあったのか?
 自分でも判りません。

 本当に久しぶりのコルマカレーでしたが、この日のは、酸味がやや強めのわたし好みの味でした。
 コルマカレーは、酸味と甘味と辛味のバランス、ナツメグ、オールスパイスなどの独得な香りが特徴ですが、今回感じたのは、タマネギの香ばしさでした。

 工場製品のコルマカレーと店のとの大きな違いは、このタマネギの炒め方です。
 工場の蒸気釜では、甘さとネットリ感はより多く出せますが、この香ばしさは少量で直火の店の方が上です。

 そんな意味でも、この日のコルマカレーは香ばしいけどコゲてはなく、甘味も酸味も良かったです。

 食べている間に、お客さまが外に並ばれていました、申し訳ございません。

デリー上野店、金曜日のカレー Chicken Doodh5

2016年11月16日

上野店(金曜カレー)

 デリー上野店、金曜日のカレーが、明後日からリニューアルします。
 
 カシミール風のチキンのミルク煮、「チキン・ドゥードゥ(Chicken Doodh)」。アーブチキンということもあるようです。
 インドでも一般的に、ユダヤ教と同じようにミルクと肉という組み合わせはあまり見かけません(ヨーグルトはいっぱいありますが)。
 
 このカレーは、ムガール王朝時代に入ってきた、ペルシャ料理を起源としたものと言われています。
 カシミール地方は、ムガール王の避暑地でしたから、こういったペルシャ・イスラムの料理が多く伝えられています。
 また、冬は寒いですから、ちょうど日本のクリームシチューみたいですね。

 上野店では、このチキン・ドゥードゥに、カブを加えて作りました。
 冬の一品としてお楽しみください。

金曜日の”初期のカレー” 裏話5

2016年09月17日

mukasi

 昨日、昔のスタイルカレーを食べました。
 カシミールにゴボウの漬物の甘みがいいし、チーズのまろやかさと塩辛さもいいアクセント。

 毎日お出ししたかったのですが、鶏の処理が試行錯誤の末、思った以上に時間が掛かってしまいました。
 本当の初期スタイルは、捌いた鶏をオーブンで焼くだけでしたが、骨からの肉離れが悪く、また硬くて、女性客を含め残すお客様がいました。

 今回は、その点は改良して、骨付き部分はまずコンフィ。
 90℃以下の油で1時間以上ゆっくりと火を通し、そのあと、フライパンで焼き付ける方法をとっています。
 ボイルして焼いたり、温度を高くして時間を減らすと、ジューシーさと柔らかさ=うまさが・・・
 確かに食べ易いけど、時間と人手が掛かります。

 ということで、現在、金曜日限定になっています。

 まだまだ修正点もありますので、どうぞご期待のほど。

「カレー、初期のスタイル」明日、一回目です。5

2016年09月08日

early

 予告ばかりで遅くなりましたが、「The early DELHI(デリー初期のカレースタイルで)」が、明日金曜日から、上野店でスタートいたします。
 とりあえず、金曜日のみですのでご了承ください。

 開業当時の「ゴボウの漬物」と「チーズ」の薬味もお楽しみください。
 当時は、それほど外食が盛んな時代ではありませんで、サラリーマンはそば屋か町の中華屋でランチが多かったです。

 カレーライスもそば屋か中華で、という時代でした。
 そんな頃のカレー専門店として、福神漬、ラッキョウではない薬味を考えたのだと思います。

 明日は、デリーカレー(当時はチキンカレー)、インドカレー、カシミールカレーの3種でスタートいたします。
 お値段は¥1200になりますが、これは当時の外食物価から算出いたしました。
 
 古き良き昭和の味をお楽しみください。

毎金曜日の販売に、「初期のデリーのカレー」5

2016年09月04日

early

 「初期のデリー」のカレーですが、上野店と考えた結果、とりあえず、毎週金曜日の限定販売といたしました。

 鶏肉の処理、薬味など、手狭な上野店のキッチンでこなすには、ある程度限定して販売していかないと、ご迷惑が掛かるのでは、とのことになりました。

 佐々木料理長とも、「慣れてきて、ペースがつかめたら週末も」という話もしました。

還暦カレー、来週予定、デリー上野店5

2016年08月30日

early

 デリー上野店の還暦を振り返り、「The early DELHI」、初期の頃のカレーのスタイルを再現させます。

 現在との違いは、骨付き鶏を使っていること。
 これは当時、一羽の鶏を仕入れ、ガラと肉部に分けていたから。
 そして、骨付きの方がゴージャス感、インド的だったからですが、女性客が食べにくいとのことから、現在の骨無しになっていきました。
 今回は、下処理をしてありますので、スルッと骨が外れるようになっています、ご安心ください。
 

 また、初期の薬味、「山ごぼう漬け」と「ヌードル状のプロセスチーズ」も添えました。
 これらは、懐かしく思う方がいらっしゃることと思います。
 もちろん卓上には、オニオンピクルスとキュウリのピクルスもございます。

 我々スタッフも、初期のデリーを振り返り、このカレーだけではなく、創業の精神を再認識したいと思っています。

 ちなみに、このカレーは、デリーカレー、インドカレー、カシミールカレーです。
 上野店の計らいで、登場がちょっと後のコルマカレーまで加えるかも・・・
 価格は、¥1100を予定しています。

 

コルマとサラダ5

2016年08月28日

20160825_131808 (2)

 医者から、少し糖質制限を緩めるように言われたので、ランチに上野店へ。

 コルマカレー・ホット、ライス1/3とサラダに。
 まだライス一人前を食べるのには、恐怖感と罪悪感がありますな、ある種の洗脳でしょうか。
 今回はコルマのホット(より辛口)でしたが、コルマ自体、タマネギの甘みが強いので、それほど辛さは感じません。
 しかし、身体は正直で、頭頂部は汗びっしょりです。

 ご覧のように上野店のサラダは、ボリュームがあります。
 ここで感じるのは、皆、レタスが好きということです。
 その昔、レタスが品薄になった時、サニレタスなど柔らかめのレタスを使ったら、「レタスはどうした」と怒られたことがありました。

 その時は、常連の方たちのご意見と思っていましたが、どうも日本人は特にあのシャリパリ感のあるレタスが好みなのでは、と感じます。
 今は、どこでもサラダの種類に「シーザーサラダ」がメニューに載っていますが、あのロメインレタスも、シャリパリ感が強いです。

 世界には様々なサラダがあり、有名なもの、ニース風、コブなどもあり、ミッドタウン店で試しましたが、人気はレタスの方があったような。

 こういったことも考えながらメニュー開発をせねば、と思いながら食べていました。

還暦カレー、上野店5

2016年08月11日

ごぼう

 還暦を迎えたデリー上野店。
 創業当時を振り返ろうという企画を、前にお話しましたが、今月末か、9月初めに、期間などまだはっきり決まっていませんが、行います、お待たせいたしました。

 創業時のヤマゴボウ漬けなども揃えて、と思って準備をしています。
 またその後も、「今は無きメニューの復活」案も考えています。
 サンドイッチもあったんですよ(笑)。

 デリーで研鑽されて、柏で開店された「ボンベイ」さんのドライカレーには、トッピングにカニが乗っていますが、あれも昔の形そのままで、実はデリーの本体がエビとウズラの卵に変えて、今はエビを3つに変えたものです。

 そんなエピソードなども、何かに記して、お伝えしながら、皆様に還暦お礼をしたいと思っています。

創業当時のカレーの形を復刻5

2016年07月01日

ICmono

 今年、満60歳になったデリー上野店。
 
 当初、淡々とカレーをお出しするのが、この店のスタイルと考えていましたが、少しだけ創業当時の雰囲気を味わってもらいたいと思い、鶏肉を手配しました。

 その頃は、鶏肉問屋から、大ビナと呼ばれる2kg前後の中抜き鶏を仕入れ、手羽先から、ムネ肉、モモ肉をばらし、焼いていました。
 今は、柔らかなブロイラーサイズが主流で、大きくなものは、数少なくなり、年老いたものはラーメンスープ用の老鶏となっています。

 ところが、生産者から、100羽くらいなら何とかすると言われ、この鶏肉を使って昔ながらのカレーをお出しする計画を上野店と相談してきました。

 やっと入荷されるということで、この夏、創業カレーフェアを上野店で行うことになりました。

 他にもできることを探しながら、只今考慮中です。

 詳しいことが決まりましたら、ご連絡いたします。

 昭和的カシミールカレー、お楽しみに。
 開店当時、カシミールカレーはありませんでしたが・・・

牛ホホ肉のコルマカレー5

2016年03月15日

99a7e005

 今日は火曜日、東京はよく晴れあがって気持ちよくなりそうです。

 さて、デリー上野店、「牛ホホ肉のコルマカレー」の日です。
 この牛ホホ肉、最初に使ったのが2006年の1月「牛ホホ肉のカラヒ」でした。

 ホホ肉は、筋が張り巡らされていますが、じっくり煮込むとそれがゼラチン状になり、しっとりジューシー、トロトロに仕上がります。
 しかし脂身はほとんどありません。そんなところが、今は受けているのでしょうか。 
 ま、実際おいしいですけど。

 当時は、それほど知られていなくて、簡単に手に入るものでした。
 ところが、ここ2,3年、人気が上昇し、在庫がなかったり、当時の倍の価格にに跳ね上がったりと、仕入れが厳しいです。
 
 我々は現在、牛肉輸入業者の仕入れ時のコンテナの片隅に割り込ませていただいて、量と単価が上がらぬようにしています。大した量ではありませんから。

 牛バラも煮込みにはいいですが、こってりとしたコルマカレーには、やはり牛ホホ肉でしょう。
 そういえば、ここのところ牛ホホコルマ、食べていませんねえ、今日はガッチリ行きますか。

フィッシュカレー、上野店5

2016年03月04日

fish

 上野店で、毎週金曜日に、ベンガルスタイルのフィッシュカレーをご提供し始めて、もう半年になります。
 相変わらず人気があるようで、魚は随分仕入れています。
 
 ソースはベンガルスタイルですが、技法は日本的部分も含まれています。
 それは、魚を煮込まないということ。
 インドでは、ターメリックとレモンジュース(または酢)で〆ておいた魚を、煮上がったカレーソースに生で入れ、火を通す手法を多く見てきました。

 この方法ですと、経時変化で味が変わっていくのと、カレー全体に魚の香りが移ります。
 もちろん、一人前ずつ手鍋でカレーを沸かし、〆た魚を入れて仕上げる方法もあります。
 ゴアのタージホテルの料理長には、この方法を習いました。

 しかし、デリー上野店では、ターメリック、レモンジュースで〆た魚にライスフラワーを付けて、一度揚げています。
 これは魚がシイラということもあります。
 四国の近海で獲れたシイラですが、白身で淡白で、脂も多くありません。
 揚げることにより、生臭さも消え、香ばしさも足され、いつも同じ味で提供できているのではないでしょうか。

 このやり方が、今も人気があるのではないかと、勝手に考えています(笑)。

 これを書いていたら、無性に食べたくなりました。やっぱり辛くしてもらおうか・・・

金曜日! 上野店フィッシュカレー5

2015年10月23日

fish

 昨日、上野店で炊飯器の故障があり、しばらくクローズして、申し訳ありませんでした。
 無事、修理完了いたしました。

 金曜日のデリー上野店のカレーはフィッシュカレー。
 魚はシイラのロインをスパイスに付けて、米粉で揚げていますから、カレー全体に魚の味が回ることはありません。
 シイラは油との相性がいいですね。

 カレーは、ベンガル風スープカレーのジョルですが、マスタードが効いている上、さすが佐々木料理長、見事にデリー風に仕上げてあります。
 大きなジャガイモも、いいアクセント。

 画像は先週のものですが、食べて、思わず「うまいなあ」と思いました。

 さて今日は金曜日、もし上野店に行ったら、食べてみてはいかがですか。
 もし、やっぱりカシミールと思いなら、それも頼んでください(笑)。

上野店の魚カレー5

2015年09月17日

白身魚のフィッシュカレー

 明日金曜日は、上野店2回目のフィッシュカレー(シイラのマチェリジョル)の販売日です。

 先週の第一回目、予想以上の注文に、午後5時には完売してしまい、その後目当てにいらしたお客様には、ご迷惑をおかけしました。

 今回は準備しておりますので、大丈夫だろうと思います。

 カレーはベンガル地方のジョル(ややスープカレータイプのもの)で、マスタードを含むパンチフォロンの香りが効いています。ベンガルですから、ライスに合います。

 魚=シイラは、ターメリックなどのスパイスとレモンに漬け、ライスフラワーを付けて揚げてからカレーに入れてあります。
 やはりシイラは油分が少ないので、揚げるとジューシーで美味しくなります。

 実にシンプルなカレーであっさりとして、これがまた食べたくなる秘密かもしれません。

 月に一度は食べたいカレーに挙げられます。

 魚カレー好きの方は、ぜひ、金曜日の上野店にどうぞ!

上野店の金曜日カレー5

2015年09月10日

シイラのジョル

 デリー上野店の曜日替わりカレーの金曜日、明日からは「シイラのカレー」です。

 銀座店、ミッドタウン店に続き、満を持して上野店にもフィッシュカレーの登場です。

 佐々木シェフのややサラサラ系のカレーに、軽く揚げて、シイラに油を補った手法のカレーが楽しみです。
 ベンガリスタイルで、マスタードを使い、白いご飯にとても合う仕様になっています。

 今まであまり魚のカレーを召し上がってない方には、入門版として、デリーらしく食べ易くなっています。
 もちろん、マニアの方にも十分楽しんで頂けると思います。

 毎週金曜日だけの限定商品ですので、よろしくお願いいたします。

 (画像はサンプルイメージ画像で、実際のものは、明日にもお知らせいたします)

デリー上野店、お礼とお話5

2015年08月09日

ue

 猛暑は一段落したとはいえ、普通に暑いです。

 そんな中、大勢のお客様に並んでお待ちいただき、まことにありがとうございます。
 今日あたりは、もう夏休みが始まったのか、上野周辺はいつもの週末より、人出が少ないような。

 デリーも、この界隈では古参になり、周りの店も随分様変わりしました。
 この画像の向かって右隣のタワーパーキングも、この7月で閉め、取り壊され、ホテルになるそうです。

 すぐ脇にあるセンチュリオンホテルの別館で、オリンピックや今の多くの外国客のためとのこと、今までのホテルはビジネス中心でシングル部屋が多く、家族対応ができないからだとか。

 来年満60年を迎えるデリー上野店ですが、その間のことをお話したら、一日で終わらないかもしれません(笑)。

 よく言われるのですが、「湯島なのに、なぜ上野店なの?」。
 この答えは、創業社長の判断ですが、「当時、下町の盛り場といえば、上野、浅草。湯島のイメージは三業地。そうなるとカレー店には、上野のほうがいい」といっていました。
 実際、まだ一店舗の時から、印刷物には「カレーハウス・デリー 上野広小路すぐ」とあります。

 これからも、淡々とカレーを作り続けてまいります、ご愛顧のほど、お願い申し上げます。
  

ジャジャーン!5

2015年03月25日

medaille

 先日いただいた、ジャパン・カレー・アワード、受賞メダルの額装ができてきました。

 立派でしょう?
 3食のリボンが、フランスの賞をもらった重厚感があります。
 店のスタッフも大喜び、一層励んで、いいカレー、いいサービスを提供してくれるものと思います。

 ここ上野周辺は、芸大に各種美術館がある芸術タウン。そのため、額装屋さんも多く、便利です。
 今回もメダルを渡し、「かっこよく」と言うだけでできてきます。

 カウンター上の壁に設置しますので、ご来店の際には、どうか目にとめてください。

ジャパンカレーアワード2014のメダル授与5

2015年03月13日

ueno2

 月曜日、デリー上野店で、ジャパンカレーアワード2014に於いて、「アワード名誉賞」が我々に授与されました。

 このメダル授与のため、わざわざご来店いただいたのが、みずのじんすけさんと「毎日カレーとタイ料理 by エスニカン」の名ブログの筆者エスニカンさんのご両名。

 素敵なゴールドのメダル、あとでその裏側を見てびっくり。

 「貴店は、カレーを通じて、日本のカレー文化に貢献しました。功績を称え、ここに表彰します。
  これからもおいしいカレーを作り続けてください」 JCA実行委員会

 このような刻印がありました。ジーンときました。
 さっそく、デリー上野店スタッフと喜びを分かち合いました。

 私が最初にここで働いていたのが、30年以上も前。その時から、デリーの店舗の中で、ここで働くのはプレッシャーでした。お客様の視線は気なるし、逃げ場はないし(笑)。
 そういった緊張感の中で皆働くことが、ここまでこれたのかもしれません。

 お客様を筆頭に、オープン時から今までのスタッフ、取引先など、デリーに関わったすべての人々に感謝いたします。
 また、これからが重大な責務がありますから、よろしくお願いいたします。

 せっかく戴いたメダル、只今額装しております。
 できあがりましたら、上野店に飾らせていただきます。
 JCA実行委員会の皆さま、ありがとうございました。

 

 




デリー上野店、満59年5

2015年03月01日

ueno

 2月28日、デリー上野店は、創業満59年となり、60年目に入りました。
 ご来店いただいた、すべてのお客様に、お礼申しあげます。

 創業田中敏夫が、前年肺結核と診断され、前社長で妻のやす代と、前事業から一緒だった調理師、そして、やす代の親戚、厨房士会から派遣されたコックたちと「カレーハウス・デリー」をやらせたのがスタートです。

 当初は、湯島の下町人情に支えられ、近隣の商店や人々が、「奥さん一人でかわいそう」と、連日ご来店いただき、次第に軌道に乗っていきました。

 この間、延べ数百万のご来店をいただぃましたが、紆余曲折もありました。
 王様のレストランのセリフではありませんが、「お客様は何事も無かったように食事をされている。裏でいろんな事が起きていることも知らずに。それがレストランです」。レストランに限らず、すべての仕事がそうでしょうが。

 さて、来年は60年、還暦となります。
 お世話になったお客様に感謝しつつ、楽しいことも考えて行きます。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

デリー上野店 水曜日5

2014年11月25日

tclunch

 この間、上野店に行ったのがたまたま水曜日だったようで、曜日替わりのカレーが「タンドーリチキン乗せのドライカレー」でした。

 これが結構注文が多くて、その時は3人に1人くらいのペースで、びっくりしました。
 また、すごいボリュームでもびっくり。
 超空腹の方にはピッタリかもしれません。

 ちなみに、ミッドタウン店でも同じメニューがあります。

 このメニュー、最初に始めたのはもう30年位になるかもしれませんが、初代社長と二人で、上野店の”持ち帰り弁当用”に考えたものでした。
 初めての試みでしたので、湿式の保温器を業者に設計して作らせたりと、大変だった記憶があります。

 明日は水曜日ですね。
 お腹をすかせて食べてみてはいかがですか。
 終日販売しています。

上野店のポークビンダルーにつきまして5

2014年08月14日

pvu

 毎週金曜日限定で、デリー上野店では「ポークビンダルー」をお出ししています。

 先日、お客さまから、「おいしいので、ぜひ定番化を」という、うれしい連絡がありました。
 しかし現状、あのスペースでは、仕込みも置き場所もなく、そのためには、何かのメニューを削らなければなりません。

 ある種、あの定番化メニューで、ルーチンワーク(出勤時間、作業工程、仕入、人員配置など)が確立されていますので、変えた時にどういったことが起きるのか分からず、躊躇してしまいます。

 もう一度、スタッフと推敲を重ね、メニュー改編は行いたいと思っております。

 さて、画像は、私の好きな食べ方で、上野店のポークビンダルーは私の好みほど辛くありませんので、「ホット(より辛く)」とオーダーし、頭から噴き出る汗を、熱中症予防、ビタミン補給を兼ねて、マンゴラッシーと共に食す。

 これでスッキリ。は、私だけでしょうか。

今日は暑い! ビンダルーだ!5

2014年07月11日

pv

 台風一過、太陽のエネルギーの強さをビンビン感じます。
 暑くなること間違いなさそうです。

 こんな日は「ポークビンダルー」に限ります。
 食欲が出る酸味、汗で体温を下げる辛さ、そして、豚肉で疲労回復。

 そして今日は金曜日、上野店の曜日替わりはグッドタイミングのポークビンダルー。
 やや辛めにしてもらい、オニオンピクルスをたっぷり添えて、炊きたての白いご飯と食む。

 最後は、ビタミンA含有のマンゴラッシーでスッキリさせて、元気ハツラツ。

 なんてシナリオはいかがでしょうか。

 よし、ランチ後を狙って行ってきます!!

上野店のポークビンダルー5

2014年07月04日

上野ビンダルー01

 デリー上野店の金曜日のカレーが、本日7月4日より「ポークビンダルー」となります。

 やはり、各店とも感じるところがあったのでしょうか、こちらからは何も指示を出していませんが、皆、ポークビンダルーを仕込んでいます。
 もちろん、各店の料理長が独自のレシピで作っていますので、デリー的ではあるものの、それぞれ違ったカレーです。(統一のレシピはありません)

 上野店の佐々木料理長は、「夏はこのカレーでいく」といっていますので、9月くらいまで金曜日には食べられるのでしょう。
 また、彼は、非常にまとまったカレーを作るコックですから、インド経験者や辛いもの好きは「辛くして」あるいは「ホットで」と、より辛口を作ってもらうのがいいかもしれません。頭からダラダラと汗をかいて食べるのも、蒸し暑さを吹き飛ばし、気分は爽快になれるかもしれません。

 お酢の酸味と唐辛子の刺激、そして夏バテ解消の豚肉とニンニク。
 いつ食べるのか? 「今でしょ!」
 ちょっと古かったですか。

デリー上野店の金曜日5

2014年05月02日

kee

 上野店、曜日替わりメニューの金曜日が空きになっていましたが、本日より登場。

 彼らが何を作るか、楽しみでしたが「マトン(ラム)キーマ」になったそうです。

 今年は何やらキーマカレーに人気があり、というか、デリーでなのかもしれませんが、ミッドタウンは通常はビーフ、先日はイノシシ、銀座店は通常はマトンで、この間はミントキーマとコックたちもキーマを追求。
 そして、ミッドタウンでは、最近、ビーフキーマが、バターチキンに迫る人気を博しています。

 さて、マトンキーマですが、個人的には「やっぱりこれかな」という印象があります。

 ビーフやチキンもおいしいですが、その後にマトンキーマを食べると、これかなとなります。
 基本的にマトン好きですが・・・

チキンバリカレー5

2014年04月02日

bari

 昨日は、チキンカレーを食べに行ったお店が、カレーをやめていたので、桜で大変な人出の上野、のデリーで10何年ぶりかで、チキンバリカレーを食べました。

 当初(約30年前)は、バーリというムングやウルッドの豆粉と米粉とスパイスを混ぜたものを丸めて干したものを輸入して使っていましたが、船便にためか、あまりのコクゾウムシの多さに断念。
 代わりに、カブーリチャナ(チョレ)を使い、名前は変えませんでした。

 たぶん、お客様の中には、インドネシアのバリ島風と思われる方がいらっしゃるようですが、こういう理由のネーミングでした。

 デリーの倉庫にあり、使い方が分からずにいたのですが、スワミシェフが来日し、「これはベジタリアンの肉みたいなもの。油で揚げてから煮込む」と教わり、メニュー化しました。

 今はチョレですが、チキン、ナス、ジャガイモ、ニンジン、オクラと具だくさんで、味はインドですが、インドというより日本的です。
 これは”ホット”(辛口)がおすすめです。

 ¥1150と、デリー上野店では高いカレーですが、インドの家庭料理的味が食べたくなったら、どうぞ。

デリー上野店 リニューアルオープン5

2014年02月28日

DSCN1538

 お待たせいたしました。
 2月28日、11時50分、デリー上野店は予定通りオープンできそうです。

 ご覧のように、まだまだ殺風景ですが、仕込みは始まっています。
 やはり、新装でも改装でも、最初はちょっと戸惑いますが、きっと慣れたスタッフが、何とか切り抜けてくれると思います。

 皆様のご来店をお待ち申し上げます。

デリー上野店 工事中5

2014年02月22日

上野工事

 お客様方には、ご迷惑をおかけしておりますが、ただいまデリー上野店は改修中です。

 こうやって壊してみても、広くないですねえ。良くここで、これだけのお客様を迎え入れられるものだと、我ながら感心しています。

 現在のところ、工事は順調で、予定通り、2月28日には再開できそうです。

 これからも、油断せず、よりおいしいカレーがお出しできるように研鑽いたします。

 とりあえず、工事の途中報告まで。

今週いっぱいで、工事です。3

2014年02月10日

DSC_0035

 デリー上野店、来週2月17日(月)から2月27日(木)まで、店内改修のためお休みさせていただけます。

 2月28日(金)より、平常営業の予定です(工事が延びずに26日までに終わればですが)。
 ちなみに、2月28日は、デリー上野店の58回目の誕生日です。
 といっても、これからも、ただ淡々とカレーを作り、ご提供していくだけですが。

 上野店のカレー依存症の方、ぜひ、今週中に一度と言わず、足を運んでください(笑)。

 



デリー上野店の工事休業3

2014年01月23日

DSCN0683

 2月17日(月)から2月27日(木)まで(予定)、上野店は工事のため休業いたします。

 今回の工事は、インフラ設備の再構築が主目的です。
 できるだけ休まないようにと、おっつけ仕事で、継ぎ足し継ぎ足しで修理してきましたが、給排水、電気などをやり直さねばならなくなりました。大雨の後の水漏れで、ご迷惑をかけたこともありました。

 何せ、昭和2年(1927年)に造られた老体ですので、そここことガタが来ても仕方ありません。いたわりたいと思います。

 久々の工事ですので、壊してみて不備な点が見つかったら、工期が延びることもあるかもしれませんが、昨日までの工事人との話では、27日に引き渡しということで、その日に仕込みを開始し、2月28日(上野店58回目の開店記念日)に間に合わせたいと思っています。

 その間は、もちろん、銀座店、ミッドタウン店は営業しております。
 デリー中毒の方、もし禁断症状が現れましたら、申し訳ございませんが、その2店の方まで、お出ましください。

 この工事に関する情報は、変更などがありましたら、このブログおよびホームページにて、お知らせいたします。