ネットショップ

中間報告 サマーセール5

2017年06月17日

20170617_211720

 今週スタートしたサマーセール。
 その限定商品、「南インド街食堂のチキンカレー」と「マッシュルーム、ビーフキーマ」。

 どちらが人気かなと思っていましたが、現状チキンカレーがややリード。

 ただ、5日間で予定数量の1/3が出てしまい、うれしい悲鳴。8月20日まではもたないかなあ。
 一応「売り切れご免」でスタートしていますので、製造予定はないというか、夏はお盆休みもあり、製造が厳しいこともあります。

 私もなくならないうちに買っておかないと。
 個人的には、やはりチキンカレーかな。
 でもキーマもゆで卵や目玉焼きを添えたヤツは大好物ですから、ストックしましょう。


サマーセール開始!!5

2017年06月10日

summer

 ネットショップのサマーセール、開始しました。

 今回のおすすめは、常温保存できるカレー2点です。

 画像左が、「南インド街食堂のチキンカレー」。
 ”安いけどウマい”をテーマに、シャバシャバ系で、素揚げしてレトルト臭を消さんとしたチキン手羽元2本のカレーです。
 夏にぴったりのカレーだと思います。
 
 画像右は、「マッシュルーム入りビーフキーマ」。
 食感と旨味のマッシュルームを、細かくして加えたキーマカレーです。
 目玉焼きやゆで卵を添えればゴージャスに?

 両方とも1個¥490です。
 デリーにしては、また、この手間なら安いかな・・・

 数量限定です、お早めに。

 その他もセール価格で販売しています。
 詳しくはこちらまで。
 http://www.delhi-shop.jp/

この夏は「街食堂のカレーだ!」 その25

2017年06月01日

su17-1

 「街食堂のカレー」、実は2点ありまして、先日の「南インド風チキンカレー」と、画像のパキスタン風ビーフキーマ」です。

 ラホールのバスターミナルや市場をイメージして、現地では羊より安い牛にしました。日本でも好まれますから。

 個人的にキーマはどうも同じ味の連続で、一人前食べ切るのが得意ではないので、食感の変化を求めて、今回はマッシュルームの粗みじん切りを加えました。

 これが大成功。旨味も格段に増し、存在感もあり、美味しく食べ切れます。

 実はこのマッシュルームはオランダ産。
 いっとき、チャイナフリーが言われていて、探したものですが、この製法がいい。
 マッシュルーム製造場のとなりに製造工場があり、収穫後すぐに洗浄し、袋詰めし、あとは加圧加熱殺菌のみ。
 何も入っていません。
 袋の中には美味しいジュースも入っていて、これも水代わりに使えば、旨味もグッと出ます。

 チキンカレーとは全くタイプの異なる2つのカレーですが、6月12,3日には販売開始されますので、よろしくお願いします。

 こちらも数量限定です、悪しからず。

P.S.
 右上のラッシーですが、インド的に表面張力にしました

この夏は「町食堂」のカレーだ!!5

2017年05月30日

mati

 恒例のサマーセール、6月中旬からスタート予定ですが、今年は、2年前の「南インド風街のチキンカレー」の再販を望むメール、電話等をたくさんいただき、またやります

 前回より、濃厚にブラッシュアップいたしました。
 こちらは、常温タイプのレトルト殺菌品ですが、カレーソースと手羽元2本の具のパックを別々にしてあります。
 これは、できるだけ高温のダメージを抑えるべく、殺菌時間を短くするためです。

 鶏肉の中でも、手羽元が一番ダメージを受けにくい(=レトルト臭が少ない)という経験則があります。

 この夏は、南インドの街食堂で食べているつもりになって、暑い夏を過ごしましょう。
 
 インドに行かれた方もまだの方も、あの喧噪、雑踏、混沌の市場周辺を想像し、まぶしく照り付ける太陽、そして反対にホッとする薄暗い食堂で食べる、高級ではないが、かなり美味いチキンカレーと、勝手に思い込んで食べてください

 今回は、化粧箱などの無駄を省き、その分、リーズナブルプライスに設定しました。

 数量限定ですので、売り切れはご容赦ください。

もうすぐ「サマーセール」5

2017年05月19日

studio

 例年通り、6月の中旬から”サマーセール”が始まります。

 画像はその撮影風景ですが、今年のテーマは「おいしくて安く」です。
 「安くておいしい」ではありません。

 今年の初めごろから、この夏のセールに関しての検討が。
 その時に、2年前の「南インド風チキンカレー」の復活を望む声が多いということがわかり、作ろうとなりました。

 ポイントの一つに、常温流通であることと、価格を抑えるということ。
 上記の「おいしくて」がそこでネックになります。
 この問題に関しては、また詳しくお話します。

 とにかく、画像のように、2種のカレーが登場します。
 以前のものをブラッシュアップした「南インド風チキンカレー」と「ビーフ&マッシュルームキーマ」です。

 通常のデリーファンの方にも、ギリギリ?おいしく食べていただけるように工夫。(のつもりです)
 数量限定ですが、おたのしみに。

商品遅延につきまして

2014年12月20日

 クリスマスディナーセットや箱詰め、瓶詰めカレー製品が、一部地域で遅延しています。

 ここ数日の大雪で、弊社が配達依頼しているクロネコヤマト便が、遅延および集荷(弊社からの持ち出し)中止をしております。
 
 せっかく日時指定でご注文いただきましたのに、申し訳なく思っています。
 配達日時に余裕があるものは、前もって出荷し、最悪、現地営業所まで届いているような措置を取っていましたが、ここまでの雪とは考えられず残念です。

 現在の状況は、弊社ホームページhttp://www.delhi.co.jp/のwhat's newを穂ランください。

今日はコマーシャルですいません5

2014年07月27日

DSCN0647

 現在、デリーのネットショップや、各店で販売中の「チキンココナッツマサラ」です。

 鶏モモ1本、迫力があるでしょう。買われたお客様からも評判がよく、胸をなでおろしています。

 鶏モモは、塩、胡椒のみの味付けで、油で素揚げしたあと真空パック、そして殺菌しています。
 カレーの中に入れて殺菌すると、鶏の中心温度まで熱が入るのに時間がかかり、長時間の高温で、カレーが確実にまずくなります。

 カレーソースは、以前にも作ったココナッツの普通のカレーに、辛さとコリアンダーリーフとカレーリーフをプラスして、より南インド風にしました。

 これなら、素敵な真夏のディナーになるのではないでしょうか。
 
 この画像では、きれいに見せるため、トマトと青唐を散らしました。

 

明日発売、「イノシシカレー」2種5

2014年05月01日

wb

 お待たせいたしました。
 2種のイノシシカレーができました。
 ネパールでは食べられるイノシシ。今回は私が作りましたので、”ネパリ・ジャパニーズ”カレーでしょうか。

 「たまに食べるならこんなカレー」シリーズで、明日午後5時に、販売開始します。

 画像左が、「イノシシとタケノコのカレー」です。
 かなり粗く挽いたイノシシとイノシシのえさとなるタケノコで作りました。タケノコの食感が、一人前を飽きさせずに食べられることを狙いました。

 右側は、イノシシ肉カレーです。
 カレーソースは、一般的なトマトマサラにポピーシードです。(スワミさんとネパールフェアをやった時よりも、ややスパイスがおとなしめでしょうか)
 ロース肉ですから、外側に脂が付いているところもありますが、柔らかく煮込み、豚肉よりも臭みがなく、味もしっかりしていて、かなりおいしいと思います。
 肉の量も、一人前で100g(生肉150g相当)はいっていますから、食べごたえもあります。

 肉屋も今期はこれで終売だそうですから、もし次に作るとすれば、冬ということになります。

 メティでもクミンでも、なければ塩・胡椒で充分ですから、ホウレン草の油炒めでも添えていただければ、おいしいネパール風ディナーになるでしょう。

 イノシシキーマとイノシシカレー、各1人前ずつのセットです。

 

復活!丸ごと鶏ももカレー5

2014年03月19日

maru

 この夏の季節限定パック商品に、前回評判だった「丸ごと鶏もも肉のカレー」を復活させます。

 今回は、カレーソースを辛口の南インド風にして、お出ししたいと思っています。
 特長は、何といっても、「骨付き鶏もも肉を1本丸ごと」という迫力大の点です。

 いつものように、肉とカレーは別袋です。鶏の中心まで熱が入る間に、カレーの味がダメージを受けるからです。
 また、鶏肉は、できるだけレト臭を抑えるため、下味を付けてから、油で揚げて香ばしくし、その後真空包装してレトルト殺菌をかけます。
 この方法が、おいしかったととのご評価をいただいたのですが、ちょっと手間が掛かるので及び腰でしたが、やはり、おいしいものを出そうということで復活させます。

 お楽しみに。
 

町食堂のチキンカレー定食5

2014年01月22日

ccm

 「たまに食べるならこんなカレー」、今年の第一弾は南インドの町食堂のチキンカレーとポテトのセットにしました。

 チキンカレーというと、インドでは、チキンの存在感が強いので、大ぶりにしました。
 コトコトと煮込み、カレーにも、チキンの旨味を出しました。
 ココナッツ、トマト、ヨーグルトに、普通のスパイスを使って、町食堂風に仕上げました。

 付け合わせのポテトにも、ココナッツを効かせ、あとはマスタードシード、グリーンチリ、コリアンダーリーフです。

 時期のせいでしょうか、コリアンダーリーフ、あまり香りがありません。もしかしたら、水耕栽培かなとも思います。それほど高くありませんから。

 みつ葉などもそうですが、水耕栽培は、香りが強くないというか、香りが持続しないというか、やはり土には力があるのかもしれません。

 今週末販売予定ですが、今回は数量30できるかなという感じです。

たまに食べるならこんなカレー 2014第一弾5

2014年01月20日

ccm

 「たまに食べるならこんなカレー」次回作は、”南インド、町の食堂のチキンカレー”を作りたいと思います。
 今年のマイブームが、チキンカレーですから。

 画像は、数年前に作った「チキンココナッツマサラ」ですが、この時は、万人向きと考えて、スパイスもやさしく作りましたが、今回は、現地風にします。

 カレーリーフやマスタードパウダーの香りに、ガーンと柔らかく煮込んだチキンを入れて、ライスに合うカレーにしたいと思います。
 付け合わせには、スワミさんが賄いで得意だったドライポテトを添えて、素敵な一食にしたいと思います。

 一月下旬に販売予定です。

来年の「たまに食べるならこんなカレー」5

2013年12月26日

たま

 これまで、数々の「たまに食べるならこんなカレー」を行ってまいりました。
 お客さま方には、心からお礼申し上げます。

 基本コンセプトは、「インドではポピュラーだけど、日本ではあまり知られていないカレーをお作りする」そして、そのバックグラウンドもご紹介できたら、というものです。
 でもやはり、自分が食べたいもの、好きなものを作ってしまいます。

 ここのところ、ちょっと怠けていたというか、個人的な興味が「昭和のインド風カレー」(日本の米と風土に合い、且つスパイシーでとろみのないカレー)だったもので、ご無沙汰してしまい、昭和のカレー2種を強引に作り、明日、注文受付としました。

 来年は、インドのカレーを、また、ご紹介していこうと思っています。

 今までのすべてを、お買い上げいただいているお客さまもいらっしゃり、大変うれしいことです。
 大した腕ではございませんが、「たまにならいいか」という気分で、お試しいただければ幸いです。

初荷で「昭和のインドカレー」5

2013年12月24日

昭和

 「たまに食べるならこんなカレー」シリーズ、今回は昭和のインドカレー2種セットです。

 今は、インド料理店もものすごく増え、インドのカレーとして、バターチキンやサグカレーが認知されてきましたが、昭和の30,40,50年代まで、このような日本の米に合い、辛味があり、スパイスの強いカレーがインドカレーの代名詞でした。

 家庭で食べるドロッとしたカレーと違い、とろみがなく、子供は食べられない大人のカレーという印象です。

 インドのカレーを食べた先人達が、日本人の口に合うよう工夫して作り、モーレツに働く人たちの時間と胃袋を考慮した、まさに”高度成長期”のカレーです。

 その時代の方々には懐かしく、若い方々には、古き良き昭和のカレーとして、ぜひ召し上がっていただきたいと思います。

 今週金曜日に販売開始予定で、出荷は2014年1月7日になります。

カレーリーフオイル、お待ちください!5

2013年12月17日

karipatta

 ネットで販売中のカレーリーフオイル漬けですが、ご希望数が多くて、在庫が間に合わなくなりました。
 
 デリーの店舗用にストックしている大型パウチを、瓶詰めにしますので、少々お待ちください。

 それにしても、皆さん、よくカレーリーフのことをご存じだと驚いています。

12月9日、カレーリーフオイル販売開始5

2013年12月07日

cr 4gm2

 以前お話した、「カレーリーフオイル」を 12月9日(月)の夕方から 12月10日(火)から、ネット販売を開始する予定です。

 内容量110g、カレーだと20人前以上はできると思いますが、¥500です。
 簡単ではありますが、フィッシュカレーやドライポテトなどのレシピも添えてあります。

 また、画像左の私特製(図々しくデリー特製としてありますが)のガラムマサラも、こちらは35g・¥500で同時発売いたします。
 このガラムマサラの特徴は、突出した香りはありませんが、よく言えば”こなれた”、まあアベレージのインド料理を作るのに適した配合で、インド街場のインド料理店風であります。
 こちらにも、このガラムマサラを使ったカレー、カバーブなどの簡単なレシピを添えてあります。

 勝手な思い入れで、「カレーリーフオイル」、「ガラムマサラ」を2つセットでご購入いただくと、¥800という特典をつけてしまいました。

 暖かくなるまでの”つなぎ”として開発しましたので、今季はそれほど数量がありません(デリー店舗用のものを確保するためです)から、試したい方はお早めに。

 みなさまの創造力で、おいしいインド料理に挑戦してください。

「濃厚な海老の南インド風カレー」5

2013年06月22日

ebi2

 17日から始まったサマーセールの限定商品、「濃厚な海老のインド風カレー」が思わぬ人気で驚いています。

 濃厚な海老のスープと、ココナッツミルクで作ったカレーですが、まさに日印合作です。
 インドでは、あまり出汁を別に取る文化がなく、その具である肉などと煮込みます。
 今日本では、つけ麺、ラーメン、追いガツオ等、インパクトのある味付けが好まれる傾向にありますので、今回その手法で、海老出汁をとって作りました。

 もう一点、海老は殺菌工程で縮んで、おいしくなくなってしまいますが、頭・殻ごと食べられる「ソフトシェルシュリンプ」が、その問題を解決してくれました。
 軽く味付けし、カラッと素揚げにしてから殺菌し、別袋で添えてあります。

 手間がかかるので、この夏だけの商品となってしまいそうです。
 ネットショップからどうぞ。

X’マスディナーセット用ピラフ5

2012年11月07日

pilaf

 毎年恒例となった「ご家庭でデリーのX’マスを」用の、カレーピラフの試作品です。

 ここ2年、日持ちの関係や、殺菌の関係からやめていた「カレーピラフ」、多くの再登場希望の声にこたえるべく、試行錯誤を繰り返してきましたが、ベストとはいいにくいですが、ベターの商品ができました。

 今回は、トッピングにソフトシェルシュリンプ、ホタテ貝、そして牛の和風キーマを載せました。
 ソフトシェルシュリンプは、脱皮後直ぐの、皮ごと、頭ごと食べるエビですが、ライスフラワーを付けて、カリッとそして味が逃げないよう素揚げにします。

 ピラフそのもので250gありますから、トッピング、その他の料理を考えると、これが1セットに2つ入っていますから、4名分くらいになるボリュームです。

 殺菌は味を逃さない最低時間ですが、冷蔵庫で30日は大丈夫です。

 お楽しみに。

ホットカシミールカレー5

2012年08月05日

名称未設定 4

 各レストランでは対応している、カシミールカレーを更に辛くした「ホットカシミール」。
 期間限定で、ネットショップで販売開始しました。

 味見しただけで、ヒーッとなって、カシミールは大好きですが、食べられませんでした。

 そこで、工場で作られたものを取り寄せて、プレミアムカシミールを作る要領で、ちょっと手を加えてみました。
 すると、確かに辛いのですが、一拍、舌に感じるのが遅くなり、「もしかしたら食べられるかも?」という感じになりました。

 ホットカシミール好きには「邪道だ」としかられるかもしれませんが、あの独特の苦味と濃さが試したかったので、やってしまいました。

 もし、皆に食べさせて、いけるようなら、何か名前を考えて販売するかも・・・