ミッドタウン店

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2016年10月17日

mt16104

 ミッドタウン店、今週のカレーは、「パンプキンカレー」です。

 ちょっと一週間早まったように思えますが、ハロウィンをスタッフは意識したのでしょうか・・・

 カボチャと豚肉(いいコンビです)に、トッピングは色取りを考えたサクラエビ。こちらは空煎りして、香りを出しています。
 この干しエビ、ムンバイの干しエビカレーや、スリランカのカレーをちょっと思い出されます。

 そうそう、ミッドタウンは、”過激なハロウィンの仮装”(たとえば裸とか、マスクや凶器類などの恐怖感を与えるもの)は入場を断られるそうです。
 可愛らしい格好でどうぞ。

パンチフォロン5

2016年10月16日

20161015_160420

 ミッドタウン店の週替りカレー「ベンガル風タマゴカレー」、食べました(本日終了ですが)。

 タマゴ好きですし、あまり都内でタマゴカレーを売りにしているレストランもないので、気になっていました。

 果たして、第一印象は、あの独特の燻し臭のようなパンチフォロンの香りがよく出ている。
 
 昔、南インドの出身のスワミさんが、「ベンガル料理は全部この香り」と揶揄したことがありましたが、それだけインパクトがあるんだなと思いました。

 インド料理には、このベンガル料理やチェティナッド料理のように、スパイスの香りでその地域性が出ることがあります。
 この辺りも表現していきたいです。
 

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年10月10日

IMG_2135 (1)

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ベンガル風エッグカレー」です。

 パンチフォロン(ベンガル地方特性の5種のミックススパイス)の香りを効かせたカレーに、ゆで卵が入っています。
 ボリュームもあります。
 私なら、ゆで卵2個は食べたいところですが・・・

 インドのベジタリアンには、タマゴを食べない人と、無精卵は食べるベジタリアンがいます。
 この辺が複雑ですね。
 彼らはエグタリアンとも呼ばれますが、確かに無精卵は細胞分裂しませんから、生き物とはいえないかもしれません。

 タマゴカレー、ぜひ食べてみてください。

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年10月03日

16101

 ミッドタウン店、今週のカレーは「チョレパーラックチキン」です。

 ホウレン草とチキン、そしてアクセントにひよこ豆(チョレ)を加えたカレーです。
 
 昔は冬野菜だったホウレン草、今は多くの品種があり、一年中食べられるようになりました。
 そして、インドカレーの中でもポピュラーになり、愛されているカレーです。

 ひよこ豆は、北インドの人たちが好きな豆です。そしてチキン、これらを合わせたカレー、食感の変化も含め、お楽しみください。
 


ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年09月26日

m1695

 ミッドタウン店、今週のカレーは「スリランカ風ビーフカレー」です。

 たっぷりのココナッツと、ローストしたスパイスの香りをお楽しみください。
 じっくり煮込んで柔らかいビーフとともに!

 スリランカカレー、現地では、たぶん想像以上に辛いと思います。
 デリーでは、辛さを抑えていますが、スリランカ的にお召し上がりになりたい方は、ぜひ、「ベリーホット」とご注文ください。

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2016年09月19日

IMG_2103

 ミッドタウン店、今週のカレーは、「北インド式チキンカレー」です。
 カルダモン、ビッグカルダモン、ナツメグなど、香りの良いスパイスの組み合わせと、ヨーグルト、トマトの酸味でまとめてあります。

 食べ易い、食べたことのあるようなカレーですが、間違いはありません。
 インドに行っても、よく出会うタイプのカレーです。
 マイルドに仕上げてあります。

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年09月12日

mt1692

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ホワイトクリーミーキーマカレー」です。

 名前が長いですねえ。もう少しすっきり表現できるように言いましょう(笑)。

 鶏肉と軟骨のキーマカレーで、ヨーグルト、ココナッツ、スパイスはクミン、フェネグリークが中心。
 面白そうなカレーですね。

 辛いもの好きとしては、トッピングに青唐辛子を一本乗せて、かじりながら食べたい気もします。
 
 キーマカレーは同じ味の連続ですので、途中でタンネギピクルスやキュウリをたっぷり混ぜて食べるのもいいですね。

ミッドタウン店、今週のカレー +15

2016年09月05日

mt1691

 ミッドタウン店、今週のカレーは「チキンカシューナッツカレー」です。

 ムガールスタイルのリッチで甘いカレーの中に、ホールスパイスの香りを中心に、また、グリーンチリで辛さもちょっと加えました。

 ミッドタウン店、得意のカレースタイルです。
 お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ。

 さて、もう一点。
 一年ぶりに、コンビニに「カシミールカレーラーメン」が再登場します。
 現在、小型の量販店用が販売されていますが、コンビニ用は、より辛口になっています。
 また、去年のものよりブラッシュアップしてあります。

 こちらも見かけたら、ぜひお試しを、明日あたりからコンビニに並びます。
kcr


ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年08月29日

mt1685

 ミッドタウン店今週のカレーは、「南インドのチキンカレー」です。

 マスタード、メティ、カルダモン、シナモンの香りと、今回はフレッシュトマト、そして赤と青の唐辛子をミックスして作ったそうです。
 
 こういったオーソドックスなカレーは、より作り手の特徴が出てきます。
 カレーは、そのタマネギの炒め方、炒め具合に、その作り手のクセが出ます。
 きっとそれが、その人の味になるのだと思います。

 まだ食べていませんが、誰が発案して作ったかを聞く前に、味見して想像してみることにします。
 これも私の秘かな楽しみです(笑)。

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年08月22日

10

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ポークビンダルー」です。
 私が好きなので、皆、気を使ってくれているのでしょうか?

 ミッドタウン店のチーフKC君は、優しい味が得意。
 ですから、辛さ、酸味もマイルドに仕上げ、初めての方にも、スーっと入っていけると思います。

 今日は台風ですが、このカレーでスッキリ、サッパリしてください!


三色弁当、ミッドタウン店で5

2016年08月09日

3shoku

 昨日、ミッドタウン店で、インド式三色弁当をそっと発売しました。
 少量でしたが、完売してホッとしています。

 内容は前にご説明した通り、パルシの代表的タマゴ料理のアクリ(AKOORI マサラスクランブルエッッグ)、チキンキーマ、そして緑を使ったサブジです。
 
 アクリはインド式というより、今は亡き、三ツ星シェフ、コートドールのベルナール・ロアゾーの話から、「おいしいスクランブルエッグは、何があっても手を止めず、ただひたすらかき混ぜ続けて仕上げること」というのを伝え、キッチンで実践してもらっています。やはり、フワッと柔らかく上がります。

 この色の組み合わせ、そして三色という言葉が、何か懐かしさを演出しているのでは。
 キャラ弁の昭和版的位置づけというところでしょうか。

 その内、JRの駅弁にでもなることを夢見て、さらにブラッシュアップして、作っていきましょう。
 それともインドの特急の弁当の方がかっこいいかな(笑)。

 
 

「ミッドタウン店、今週のカレーは」と、カレーの名前5

2016年08月08日

mt1682

 ミッドタウン店、今週のカレーは、「チキンと夏野菜のトマトカレー」です。

 インドではよく見かけるカレーで、家庭でも作ります。
 トマトの酸味と青臭さ?がさっぱりと食べられるカレーです。

 こういったカレーで思い出されるのが、その昔、数人のインド人とパキスタン人コックと働いていた時、こういったトマトのカレーが賄いで出てきて、「これ何ていうカレー?」と聞き、やれチキンタマタールだ、いや北インド風チキンカレーだなんだ話していたら、
 「日本人は何でそんなに名前にこだわるんだ。ボスがチキンカレーと言ったらチキンカレー、チキンタマタールといったらチキンタマタールなんだ。味は変わらないよ」と言われました。

 このインド的感覚を(料理に対してですが)捉えないと、こんがらかってしまいます。
 Take it easy !


 

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2016年08月01日

mt1681

 ミッドタウン店、今週のカレーは「メティコーンポーク」です。

 カスーリメティの香りを効かして、ポークとコーンの組み合わせ。
 何かアッサムの家庭料理のようです。

 個人的に、トウモロコシが子供の頃から大好きで(糖質制限にはよくありませんが)、夏の楽しみの一つでした。
 が、今のトウモロコシは大変甘く、当時のものとは雲泥の差があるように思います。
 たぶん、あの香りが好きなのだと思います。
 ですから、茹で、焼き、以外にも、ナチョチップスや、インドのマッキッキロティ(コーンミールのロティ)も大好きです。

 ということで、盛夏に豚とトウモロコシのカレーをお楽しみください。

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年07月25日

mt1675

 ミッドタウン店、今週のカレーは「コラプリチキン」です。

 本来、コラプールスタイルは、大量の赤唐辛子を使った辛いカレーで、またゴアのすぐ北側ということで、ココナッツを使います。

 そこはミッドタウン、辛いカレーの人気がやや弱いということで、マイルドめに仕上げたそうです。

 元々のコラプリチキンをご希望の方は、「うんと辛く」とスタッフにお申し付けください(笑)。
 もちろん、これはこれでおいしいカレーに仕上がっています。

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年07月18日

1468758556701

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ベンガルカレー」です。

 ミッドタウン店では、3年前移転した時から「ベンガルカレー」がなくなりました。
 しかし、ベンガルファンのお客様からのご要望もあり、このように週替りカレーで登場しています。

 個人的には、たまに無性に食べたくなるカレー、あのサラッとしたトマト味と、シナモンやスターアニスの香りが食欲をそそります。
 やはり、より美味しく食べていただくには、「より辛く」のホットです。
 トマト味のカレーですから、アラビアータでしょうか、トマトと赤唐辛子の相性はいいですね。

 カシミールファンの方は、「ベンガルカレー、ベリーベリーホット」と注文してみては(笑)。

三色弁当5

2016年07月13日

3色

 子供の頃、自分でも他人でもお弁当の中で、華やかで、きれいで、パッと心が明るくなるのに「三色弁当」がありました。

 我が家では、鶏そぼろ、煎り卵、インゲンかさやえんどうでした。
 こんな話をミッドタウン店で話してみたら、こんなインド的三色弁当ができてきました。

 一番左は「アクリ」。
 ムンバイとその周辺にコロニーがあるペルシャ系ゾロアスター教徒、パルシのスクランブルエッグです。
 タマネギ、トマト、グリーンチリ、パクチーなどが入っていました。

 真中がドライキーマ。デリーのノーマルなキーマに比して、汁気を少なく作ってあります。
 この時は油脂分を少なくということで、チキンキーマでした。

 そして右側が「野菜(サブジ)」です。
 画像はズッキーニと枝豆を使っています。

 それぞれ別々に召し上がっても、ビビンバ風によく混ぜていただいても、違った味が楽しめるかも。

 味付けはインド式で、見た目は日本。
 2年半前には「印度幕ノ内弁当」を作り、今度は「三色弁当」。
 弁当というカテゴリーがあるので、こんなことをできるのが、ミッドタウン店です。
 
 

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年07月11日

mt1672

 ミッドタウン店、今週のカレーは「トマトポーク」。

 そのまんまですが、トマトをたっぷり使ったポークカレーです。

 晴れれば極端に暑い今年の夏、疲労回復ビタミンBの多い豚肉と、酸味がクエン酸で、ビタミン、リコピンなどの栄養があるトマト、さらにニンニク、ショウガの組み合わせは、夏バテ解消の一助になるのでは。

 中心スパイスはマスタードシードとコリアンダー、定番の食べ易いカレーです。
 有名な名もないカレーですが、現地の人たちが日常的に食べるカレーもおいしいものです。
 ぜひ、お試しを!
 

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2016年07月04日

mt1671

 ミッドタウン店、今週のカレーは、「ビーフカシミールカレー」。

 ミッドタウン店は、開店後9年強経ちますが、上野店、銀座店と異なり、カシミールカレーが”断トツ”とはならず、とはいえ、ジリジリとファンが増え、定着してきました。

 ここ六本木は、スタイリッシュな方が多く、発汗を避けるのか、コンサバな方が多く、辛いものへの警戒心が強いのか、はたまた来店頻度の高いお客さまが多く、バラエティーを考えているのか、など勝手に考えてしまいますが・・・

 そこで今週は、ドーンと「カシミールカレーをぶつけ」てその魅力を知ってもらうため、ビーフで、とスタッフは考えたのでしょう。
 初めての方はもちろん、中毒の方も、いつものチキンから、たまにはビーフで召し上がってみてはいかがでしょうか。

ダムカレー in MIDTOWN5

2016年06月28日

名称未設定 4

6月24日より9月25日までの3ヵ月間、ミッドタウン敷地内の「21_21デザインサイト」で行われている『土木展」。
 都市造成の基礎や橋梁建築など、比較的地味な分野ですが、ここに陽の目を当てたのが、いかにも2121らしいです。

 さて、この一コーナーにダムカレーなるものが展示されています。
 いわゆるダムの形状を模したカレーで、「日本ダムカレー協会」なるものもあり、年々参加店舗、人気も上がってきているそうです。
 デリーミッドタウン店も、カレーで参加したのですが、昨日協会の代表の宮島さんにお会いしました。

 ダムカレーは商売というより、彼自身、すごくダムが好き=ダムマニアだということがわかりました。
 ですから、デリーで作っているダムカレーなぞ、子供の粘土遊びみたいなもので、本来は、どこそこのダムを模し、○○式で、どういう状態を模したのは決められているみたいでした。
 ダムの形さえしていれば何でもよいとのことなのですが。

 まだ始まったばかりですので、第2弾として、どこかのダムを模したものでも、チャレンジしなきゃ、と感じました。

dunchicken

   これがデリーの「ダムカレー」です。
   Dum chicken dam curryに、チキンティカと野菜、さらにソフトドリンク付きで¥1200です。

 

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年06月27日

mt1665

 ミッドタウン店、今週のカレーは「あまからチキンカレー」です。
 簡単に言うと、「和インド」のカレーでしょうか。
 
 タマネギとトマトの甘さに、ブラックペパー、クローブ、チリのピリ辛を加えました。
 隠し味に醤油と赤ワイン、これが”和”のカレーに近付けています。

 と、いいながらまだ食べていませんが(笑い)。

 おかげさまで、この週替わりカレーを楽しみにされている方が多くなり、スタッフも励みとなって、毎週何を作るか討議しています。
 純インドカレーを中心に考えますが、たまにこんな変化球も。

 飲食店は、目の前がマーケットで、結果がすぐに出ますから、いい緊張感の中でがんばっていると思います。

 今日はこれから、ミッドタウン店に行くので、味見してきましょう。

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年06月20日

mt1663

 ミッドタウン店、今週のカレーは「南インド風ココナッツフィッシュカレー」です。

 ココナッツミルク、タマリンド、カレーリーフを効かせた、南インドのポピュラーなカレーです。
 魚は、レモンと塩とターメリックで〆たシーラを米粉をまぶして揚げたものを使用。
 これにより、パサつき、魚臭さを消し、香ばしさが増して、とてもおいしく召し上がれると思います。

 これで、デリー3店舗とも「魚カレー」が登場。
 ちょっとしたブームなのでしょうか。
 上野店のフィッシュカレー(金曜日のみですが)も、安定的に出ていますし、今月の銀座店のカレーも好調です。

 やはり魚カレーはライスが合いますから、デリーにはよかったのでしょうか。

 各店のものを食べ比べていただければ幸いです。

ローカーボで麻婆豆腐カレー5

2016年06月18日

no title

 明日までのミッドタウン店の麻婆豆腐カレーをテークアウトしました。

 現在、ローカーボダイエットをやっていて(医者の指示ですが)、その前日には銀座店で、フィッシュチリを少なめですがライスを食べたので、今回は糖質0麺で。
 この今流行りのローカーボ(糖質制限)ダイエットですが、面白いように結果が出ます。
 医者から、これだと糖尿病の治療に入るぞと脅かされ、炭水化物の米や小麦や砂糖、果物以外はカロリーに関係なく、何を食べてもいいので、慣れると大変ではありません。
 好きな肉の脂も無制限だし、また今は、麺もパンもローカーボ用がいっぱいあります。

 小腹がすいたら6Pチーズや少量のナッツ、コンビニなら、おにぎりはダメで、唐揚げやフランクフルトetc.etc。

 カレーライスがNGは辛いですが、それほどストイックにならず、”一日一食なら”程度に考えています。
 一応2ヶ月で、血糖値も正常になり、体重もちょっと減りました。

 さて、麻婆豆腐カレーですが、思ったよりチャイニーズよりで、インド人が考えたチャイニーズというより、チャイニーズが考えたインディアンでしょうか。
 面白い試みだと思いました。

 このカレー、麺よりライスがいい、と感じました。

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年06月13日

27

 ミッドタウン店、今週のカレーは、チャイニーズ・インディアン風発想から「麻婆豆腐カレー」だそうです。

 山椒も含め、インド式スパイスを加えています。
 ミッドタウン店らしいかな。
 
 チャイニーズ・インディアンというと、せいぜいマンチュリアン、チョウメンあたりまで。
 そこに麻婆豆腐を入れるというのは、”トンデ”ます。

 でも、試してみたいと思えませんか?

Dum chicken が日の目を5

2016年06月10日

dum

 たまに食べるならこんなカレーでは作ったDum chicken(Chicken Dum pukht)が、ミッドタウン店に、期間限定で登場予定です。
 とあるイベントとのコラボとしての登場です。

 Dumというと、その昔、スワミシェフと、このダムチキンやダムアルをよく作った思い出があります。
 それまで、蓋をしてトロ火でカレーを作る方法など知らなかったので、興味を持ってラム、ポークなどで何度も試していました。

 感覚的には、冬の食べ物のイメージがあり、たぶん、ダムアルがカシミール地方の特産で、色も白く、クリームシチュー的にとらえていたのかもしれません。

 今は場所を変わられ、新規開店された「たんどーる」の塚本さんのように、和魂の感覚があれば、一人前の土鍋で作るのもいいかもしれません。

 また発売日が決まったらお知らせしますので、ぜひ、ミッドタウン店にも足を運んでみてください。

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2016年06月06日

mt1661

 ミッドタウン店、今週のカレーは、マスタードココナッツチキンカレー。

 シンプルな南インド風カレーですね。
 マスタードシードの香りとココナッツ、そして青唐辛子とチリパウダーのコンビネーションに、コリアンダーリーフを添えて。具材はチキンとナスです。

 オーソドックスで家庭的な、日常食的なチキンカレーです。
 
 こういったカレーの方が、飽きがこないかもしれません。

 

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年05月30日

mt1655

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ベジタブルカレー」。
 
 インドでは、一般に一種類の野菜でカレーを作りますが、今回は夏野菜のハシリを中心に、カラフルな数種の野菜が入っています。

 そういえばムガール料理に、「ナウラタンコルマ」(9つの宝石のリッチなカレーという意)という、複数野菜、ナッツ、パニールなどを使ったカレーがありました。

 今回のは、ムガール風ではなく、トマトを使った食べ易いカレーになっています。
 また、スパイスにヒングという、香りの強い、やや特殊なものを使っています。
 このヒング、肝臓にいいとか。

 ぜひ、お試しを。
 

 

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年05月23日

mt54

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ココナッツホワイトカレー」です。

 ココナッツミルク、コリアンダーリーフ(パクチー)、ナンプラー、ポーク?
 なんかタイカレーみたいだと思いませんか。

 そうなんです。インドカレー屋が作ったタイカレーなんです。
 でも完全にタイまでは行かず、インド人と結婚してインドに住む(どこか豚肉の食べられる所でしょうね)タイ人奥さんのカレーみたいでしょうか(笑)。

 余談になりますが、インドのホテルのメニューに「グリーンカレー・チキン」とあったので、タイカレーなのか!と思いましたが、実際は、ココナッツ入りのホウレン草カレーでした。

 さあ、今日は真夏の暑さの様ですから、これでも食べて、暑気払いしてください。
 白いご飯に合いますよ。

ミッドタウン店今週のカレー5

2016年05月16日

mt1653

 ミッドタウン店、今週のカレーは「クリーミーなチキンカレー」、いわゆるムガールスタイルのチキンコルマです。

 カシューナッツに乳製品、ナツメグの香りがする王朝風です。

 ミッドタウン店は、辛くないカレーの需要が高く、辛いものは敬遠されがちです。
 オープン当初は圧倒的にバターチキンが一番人気、現在はデリーオリジナルの、昔からあるコルマカレー。
 カシミールはその次と、他店とは異なります。

 そこでどうしても、週替わりカレーは、辛くなく、そして濃厚なカレーの登場が多くなります。

 ミッドタウン内で働いているお客さまたちも、毎週のカレーを楽しみにされていることが多く、コックたちも、中々辛いものには行けないようです。

 こういった「チキンティカマサラ」系カレーが人気なんです。
 ミッドタウンは、イギリス的なのでしょうか(笑)。

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年05月09日

mt1651

 ゴールデンウィークと年末年始で、一週お休みいただくミッドタウン店の「今週のカレー」ですが、再開です。

 今週は、「ホームメイドチキンカレー」と題して、いわゆる家庭的なチキンカレーをお召し上がりいただきます。
 インドカレーらしいものですが、我々には”普通のカレー”です。

 銀座店も一般的な街のカレー、今度はミッドタウン店で、と今デリーは、一般的な、特長のないカレーが流行りなのでしょうか(笑)。

 インドに行った時も、毎日ホテルや有名レストランのカレーを食べていると、ふと立ち寄った街の安食堂のカレーが、すごく美味しく感じられれます。

 そんな感覚で、ぜひお試しください。

ダムカレー5

2016年05月05日

dunchicken

 ミッドタウンの敷地内に、三宅一生が呼びかけ、安藤忠雄が設計した「21_21 designe sight」があり、様々な分野のデザインイベントを行っています。

 現在は「雑貨展」を6月5日まで行っています。
 そのあと、6月24日から「土木展」が始まります。

 そして、ミッドタウン側からこの春、我々に、それと連携して「ダムカレー」を作らないか、との打診を受けました。
 全く関係ない分野だと思いましたが、スタッフと話し合い、参加することにしました。

 「日本ダムカレー協会」と言う団体があり、そこにダムカレーの定義(場所、形状など)があります。

 我々は、damとdumを掛けて作ろうとなりました。
 Dum phukt(小麦粉のドウで密閉して弱火で煮込むカレー)からダムチキンを。

 すなわち,Dum chicken dam curryです。
 あとは形ですが、有り型の物相(ライス型)では、これといったダム型が見つからず、思い切ってインドの乾季を想像し、ダムが聳え立ち、水が少ないものにしました(笑)。

 で、いまのところ、この画像の盛り付けでいこうかな、と思っています。
 どうです、ダムに見えますか?

 カレーはチキンダムプクトゥ、サラダにチキンティカを添えました。

 こちらは、6月24日から、ミッドタウン店に土木展にあわせて、9月25日まで登場します。

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年04月25日

mt1645

 ミッドタウン店、今週のカレーは、ネパールのカレー「ポークとタケノコと10種の豆のカレー」です。

 タケノコを酢と共にペーストにし、ポーク、そして10種の豆を加えた、ハレの日のカレーです。

 本来は発酵させたタケノコを使いますが、この方が安定した味が出せますので、酢を使いました。
 インドでは豆のカレーは、普通一種で作ることが多いですが、ネパールのハレの日は、このように豆を複数、しかも種類が多いほど、おもてなしの気持ちが。

 山岳国ネパールの乾物や保存食品を使ったカレー、一度お試しのほど。