ミッドタウン店

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年07月24日

20170724_105744

 ミッドタウン店、今週のカレーは「チキンバリカレー」。

 現在は、上野店のみの販売ですが、30年ほど前には銀座店にもありました。

 バリというのは、米粉と豆粉に、塩とスパイスと水で練り、親指大にして天日干しにし、それを油で揚げてからカレーにするという、ベジタリアンの手間のかかるものです。

 当時インドから輸入していましたが、あまりにコクゾウムシ(穀象虫)が多くついていたので、スワミシェフとこっちで作っていましたが、多忙を理由に、カブリチャナにしてしまいました🙇

 さて今回、ミッドタウン店でやるというですが、どういった味なのか、楽しみです。


gen5delhi at 11:29|この記事のURLComments(0)

ミッドタウン店、今週のカレー5

2017年07月17日

IMG_2843

 ミッドタウン店、今週のカレーは「マトンカラヒ」です。

 デリーではおなじみのカレーで、北インド、パキスタンの代表的料理。
 家庭でも、街食堂でも、ホテルでも登場します。

 我々のレシピでは、スパイス、タマネギ、トマトとシンプルですが、「シンプル・イズ・ザベスト」。
 今回は、羊肉(ラム)でいきます。
 やはりこの料理、羊肉がいいですね。

 連日35℃近い暑さ、この「マトンカラヒ」で乗り切る、ってのはどうですか?


gen5delhi at 09:52|この記事のURLComments(0)

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年07月10日

mt1772

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ゴマとクルミのチキンカレー」です。

 白ゴマとクルミとピーナッツでリッチに仕上げたカレーです。
 ムガール料理とアッサム料理などを融合させたようなイメージでしょうか。

 ナッツ類やゴマのパワーで、この暑い夏を乗り切ってください。

gen5delhi at 09:09|この記事のURLComments(0)

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年07月03日

mt1771

 ミッドタウン店、今週のカレーは「シーフードカレー」。

 ココナッツオイルを使い、アジョワンの香りや9種のホールスパイスのあらびきのトマト味、そして隠し味にエビ味噌を使ったやさしいカレーです。

 なぜか最近、”シーフードカレー”という言葉をよく耳にします、インド風であれ、欧風にせよ。
 たまたまなのかもしれませんが、ジビエの季節も終わり、秋の味覚までの端境期で、”夏野菜”という言葉も使われ過ぎて、シーフードカレーになったのでしょうか。
 これも、短絡的というか、かなり雑な発想かな。

 しかし、こう急に暑くなると、シーフードカレーも食べたtくなりますね。
 そんな時は、ぜひ、ミッドタウン店へ

gen5delhi at 10:25|この記事のURLComments(0)

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年06月26日

harim

 デリーミッドタウン店、今週のカレーは「ハリーム」です。

 イスラム教のラマダーン(断食時期)のイフタール(日没後食)やイード(断食上げの祭)で有名ですが、日常的にも食べます。
 パキスタン、バングラデシュやインドのハイデラバードなどのイスラム料理です。
 インドには、ムガール時代に入ってきたとされています。

 大麦や豆に肉(牛、羊)を入れて煮込んだ、美味しく、栄養満点のカレー。
 
 昔、ハイデラバードで聞いたのは、「大麦と肉がハリーム、豆と肉がダルチャ、米と肉がビリヤニで、ルーツは同じだ」と言われましたが、果たしてどうでしょうか。
 今回のは、画像のように、複数ミックスして作った、豪華なハリームです。

 昨夜が今年のラマダーン明けですから、こんな機会に、イスラムの名物料理を召し上がるのはいかがでしょう。
 

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年06月19日

mt1764

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ナスとポークのカレー、ブルタ風」です。

 ブルタと言わず、ブルタ風としたのは、焼きなすのペーストにミルクを加えてマイルド感を出したから。
 さらに、ざく切りのなすも加え、ナスの存在感を出しました。
 試食時に、ポークがよく合ったので、ポークを入れました。
 
 たっぷりのナスを使ったカレー、ぜひお試しください。

2週連続で5

2017年06月12日

mt63

 ミッドタウン店の週替わりカレーですが、多数のお客様のご要望で、「チーズキーマ」がもう一週となりました。

 ナンコツ入り鶏ミンチと豚の合い挽きに、トッピングにチーズを加えたカレーです。

 何がヒットするかは、様々な要因が考えられます。
 デリー上野店の場合、「カシミールが食べたくなって行く」等の特定商品目的のご来店が多いようでが、ミッドタウン店は、ビル内のオフィスワーカーが顧客の多くを占めるせいか、週替わりカレーを楽しみにされるお客様も多いです。

 そういえば、以前チキンティカマサラをお出ししたときは、「ハマった!」と言って、毎日、週5回いらした女性もいらっしゃいました。
 
 まあ、上野店や銀座店では、1日に2回いらっしゃるお客様もかなりいらっしゃいますから。

 ということで、まだ召し上がっていらっしゃらない方、”ハマって”しまったお客様、ご来店、お待ち申し上げます。

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年06月05日

mt1760

 ミッドタウン店、今週のカレーは「チーズキーマ」。

 ナンコツ入りの鶏ミンチに、あらびき豚ミンチを加え、コクと旨味を増しました。
 さらにチーズを加えることにより、食感に変化をつけて、飽きの来ないキーマに仕上げました。

 キーマファンの方も、そうでない方も、ぜひ食べていただきたいと思います。

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年05月29日

mt1755

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ビーフ山椒カレー」とのこと。

 使用スパイスを見ると、カルダモン、クローブ、ビッグカルダモン、ブラックペパー、マスタードにスターアニスがはいり、チェティナッド風に見えないことも。

 しかし、ポイントは「山椒」でしょう。
 きしくも昨日のLOVEINDIAでは、「たんどーる」さんと「葉菜」さんが、この山椒を使用していました。
 ブームなのか、それともブームの予感なのか。

 この”和”のスパイス使いでは、考えていたのが「ポークビンダルー」。
 個人的には、作る際、マスタードを加えるのがキリッと引き締まる感があり、使っていました。
 これを、洋辛子から和辛子に替えるとどうなるか興味があります。
 
 まずは「山椒カレー」、ちょっと気になりますので、さっそく食べに行ってみましょう。

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年05月22日

mt1754

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ネパール風スープカレー」。

 じっくりとった鶏ガラスープに、鶏肉、ゆで卵、数種の野菜を入れた、具沢山のスープカレーだそうです。
 北海道のスープカレーを意識して、味付けはインド・ネパール式にしました。

 「この夏はシャバチキ(シャバシャバなチキンカレー)だ!」と騒いでいる社長の気持ちを”忖度”してくれたのでしょうか。

 でも、見た瞬間、ウマそう、好き。
 シャバシャバもいいけど、ゆで卵に吸い寄せられるんです、「三つ子の魂百まで」でしょうか。

 皆さん、さっぱりとシャバシャバカレーを食べましょう。

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年05月15日

mt1753

 ミッドタウン店、今週のカレーは「高菜チキンカレー」(日本式チキンアチャーリ)。
 
 チキンアチャーリ(チキン漬物カレー)をヒントに、日本式に高菜漬を使い、濃いめのチキンブイヨンで旨味、トマトで酸味と甘味を出し、日本のお米に合うカレーに仕立てました。


 上野店では、金曜限定で「アチャリゴーシュト(ラムアチャーリ)」をお出ししていますが、これが中々の好評でいつも完売状態です。
 ピクルスから来る、熟成された酸味と塩味が、お客様に、面白く新鮮に感じていただけたのでしょうか。
 デリーでもちょっとコックたちの中で、研究対象になっているみたいです。

 日本式のチキンアチャーリ、食べてみてください。

 


ミッドタウン店のターリ5

2017年05月11日

mtthali

 ミッドタウン店は、あのビルのワーカーをターゲット、というのがコンセプト。

 小さなカウンター仕様の店舗ですから、まずは社員食堂的イメージで、メニューを考えました。
 ランチや、遅いランチまでは、うまく対応できましたが、ディナータイムをどうするかが問題でした。

 そこでコンセプトは変えずに、残業や仕事帰り、あるいはライト感覚なディナーで、なおかつ、当日や前日にカレーを召し上がったお客様が、また夜も楽しめるディナーとして登場したのが、この「ミッドタウンターリ」です。

 お値段も¥1200と抑え気味なんですが、最近、ジワジワと人気が出て来ました。
 これを食べに、わざわざ電車で来てくださる方も増えました。
 しかし、仕込みや盛り付けなど、スタッフの関係上、18時からのご提供となります。

 ちょっと頭の片隅に入れていただいて、なんかの折に食べてみてください。
 土日もやってます。
 

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年05月08日

mt1752

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ソイミルクチキン」です。

 あまりに直接的で、どんなもの?という感じがするでしょうが、豆乳とゴマを使ったアッサム、ネパール、チベット風カレーです。
 チリとブラックペパーも効かせ、きりっと仕上げたそうです。

 インドで大豆は、中国から北東インドに伝わったとされていますが、その後、インドにはあまり根付かず、スリランカでは普及しました。
 すなわち、仏教国に広まったといわれています。

 玄奘三蔵(三蔵法師)が、インド仏教を中国に伝えましたが、たぶんその時、食物の文化も伝えました。
 ここからは、再び個人的妄想です。
 ヨーグルトも伝えたと思われますが、当時の中国には牛乳はほとんどない。そこで一般的な豆乳から、ヨーグルト状の豆腐ができたのでは。

 玄奘三蔵が西暦644年没で、豆腐の起源の一つに700年前後とありますから、一致すると思いませんか。
 
 では皆さん、西遊記でも想像しながら、北東インドカレーをお楽しみください。

ミッドタウン店、今週のカレー5

2017年04月24日

mt1745

 ミッドタウン店、今週のカレーは「キャラウェイ風味のキャベツとトマトのカレー」です。

 キャベツをキャラウェイとバターでいため、シンプルなトマトのチキンカレーと合わせました。
 ドイツの有名なキャベツ料理、ザウワークラウトにもキャラウェイを使います。
 また、欧風のパンや菓子類にもこのキャラウェイは登場します。

 キャラウェイは、インド的ではありませんが、デリーでは結構使っているので ”デリー的”かもしれません。
 キャベツ自体は、インドでもよく食べられます。ヒンディーでは「バンド・ゴビ」でしたか。
 最初に食べたインド・キャベツ料理は「バンド・ゴビ・サブジ=キャベツ炒め」だったような。

 今週のカレーも、よろしく

 

ミッドタウン店、今週のカレー5

2017年04月10日

mt1743

 ミッドタウン店、今週のカレーは「スリランカン・ポークカレー」です。

 ココナッツミルクとトマト、香りは「ランペ(パンダンリーフ)」を前面に押し出しています。
 辛さはスリランカではなく、日本向けにやさしくしてあります。
 辛〜いのが召し上がりたい方は、スタッフにお申し付けください。

 大阪を中心に、ジワジワと進出してきたスリランカカレー。
 デリーの手法である、「現地の味を損なわないよう、且つ日本の気候、日本人の舌に合うようアレンジ」してあります。

 デリーミッドタウン店が作ると、こんな感じになります

 

ミッドタウン店、今週のカレーは「桜」5

2017年04月03日

!cid_15b2e2b040badd3f0201

 ミッドタウン店、今週のカレーは、「桜チキン」です。

 料理長が、日本の桜をイメージして作りました。
 味はココナッツなどで、しっかりコクのある美味しいチキンカレーです。
 色はビーツで付けました。

 桜は満開よりも、その後の散り際がはかなさを感じていいものです。
 ミッドタウンの桜を見て、「桜チキン」を食べる=わかり易いですね

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年03月27日

bnmt1735

 ミッドタウン店、今週のカレーは、歴代週替わりカレー、人気1位の「ビーフニハリ」です。

 イスラムの有名な朝食用カレーで、オールドデリーの街角でも食べられます。
 パン類(チャパティやナンなど)と食べるのに都合がいいためか、水で溶いた小麦粉を入れることもあり、日本人にも受け入れやすいところが人気だったのでしょうか。

 今回は、食感の変化にタケノコを、そして針ショウガとレモンを添えて、サッパリと召し上がれるように工夫してあるそうです。

 ちょっとまだ、お花見に早いかもしれませんが、ぜひミッドタウン店へ。

ポークビンダルー、 えっ!!!5

2017年03月25日

porv

 ミッドタウン店の明日までメニュー「ポークビンダルー」を味見しました。

 これがビックリ。
 何がって、「甘い!」。
 ポークビンダルー=辛くて酸っぱいと思い込んでいて、また確かにゴアでもそういう感じでしたから。

 「これはポークビンダルーじゃないでしょ」と突っ込まれそうですが、これは意外と納得できる。
 料理には、作り手の好みが現れるのは当然ですが、ここまで来るとは。
 作り手スレ君が、酸っぱいのが好きでなく、甘いのが好きなのは一目瞭然。

 しかし、酢も唐辛子も使っている。
 そしてこれのポイントは、黒糖を使っているということ。
 インドカレーには、砂糖を使うものはよくありますが、大体が隠し味程度。
 ここではタマネギの甘さとあいまって、最初に感じます。

 昔だったら、きっと「何だコレ!」と怒ったかもしれませんが、食べたことの無い味に、逆に面白さを感じてしまいました。

 今後のカレー作りにも、なにか呪縛というか束縛というか、そんなものから解き放たれた感じがしました。

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年03月20日

IMG_2392

 デリーミッドタウン店、今週のカレーは、歴代週替りカレー人気第2位、「ポークビンダルー」です。
 酢と唐辛子の、シャープで白いご飯に合う、ゴアの名物料理です。

 まさかポークビンダルーが2位になるとは思っていませんでした。私は大好物なので、うれしい限りですが。
 ゴアは周辺と異なり、ポルトガルの植民地、食のタブーのない、しかも食に貪欲なカトリック国ですので、興味ある料理がいっぱいあります。

 最近は、クラブケーキ、ソルポテル、カフレアル、シャクティなどが出てきていて、面白くなってきました。
 多分、日本人の味覚にもはまるのだと思います。

 実は今、気になっていて、作ろうと研究しているゴア料理があります。
 これまた、日本人の琴線に触れる(感動の意味ですよ)おいしいものだと確信しています。

 まずは、ミッドタウン店で「ポークビンダルー」を食べて、ゴア料理を感じてください。

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年03月13日

mt1733

 ミッドタウン店、今週のカレーは、これまでの人気シリーズ第3弾、第3位のカレー「サグ・チキン」です。

 銀座店では定番メニューですが、ミッドタウンで店では定番ではありません。
 そのせいか、週替わりメニューで登場すると、とても人気があります。

 その昔、銀座店で出し始めたた頃、初めて見たお客様は、この緑色のカレーに、やや違和感を持たれた印象がありますが、あれから30年、今は認知され、人気メニューの一つになっています。

 タイのグリーンカレーも世界的に認知されていますが、前にインドの3つ星クラス(最高は5つ星)のホテルの食堂メニューに「グリーンカレー」というのがあり、頼んでみると、サグチキンの変化球版でした。
green


 ミッドタウン店のサグチキン、ぜひお召し上がりください


ミッドタウン店、今週のカレー5

2017年03月06日

mt1732

 ミッドタウン店、今週のカレーは、過去カレーランキングの第4位「チキンティカマサラ」です。

 ミッドタウンの最初の6年、ファーストステージ(カジュアルダイニング)の時に登場し、女性陣を中心に、高い人気を誇ったカレーです。
 ご存じのように、「イギリスの国民食」と言われるほど、イギリスで大ブレークしたカレーでもあります。

 こういった、カバーブ類をカレーにするものは他に、シークカバーブマサラや白いマライティカマサラもありますね。

 今回は、タマネギの甘みと旨味を十分に生かして作ったそうです。
 

ミッドタウン店、今週のカレー5

2017年02月27日

mt1731

 この3月30日で、10周年となるミッドタウン店ですが、それを記念して、人気のあった週替わりカレーのベスト5が再登場します。

 今週のカレーは、まず第5位の「メティコーンチキン」。
 北インドの一般的なカレーで、トウモロコシとチキンが入り、カスーリメティ(フェヌグリークの葉)の香りを生かしたカレーです。
 このカスーリメティの香りがすると、何となくインド的、とりわけ北インド的な感じがします。

 さてさて、あっという間の10年でしたが、この後も、ミッドタウン店、そしてミッドタウン自体も、いろいろなイベントを考えているようです。
 お楽しみに

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年02月20日

mt1725

 ミッドタウン店、今週のカレーは「カジュマサラチキン」です。

 カシューナッツ、ポピーシードで、コクととろみを出し、トマト、ヨーグルトでスッキリした酸味を出しています。
 北インドスタイルのカレーをお楽しみください。

 ところで、ミッドタウンはこの3月末で、開館10周年を迎えます。
 運営側も店もいろんなイベントを考えているようです。
 こちらもお楽しみに。

 早いものですね、10年という日々は。
 娘も息子も結婚し孫も2人でき、2度目の手術もし、LOVEINDIAも始まり・・・

 これからもよろしくお願いいたします。
 

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年02月06日

mt1721

 ミッドタウン店、今週のカレーは、ホウレン草とひき肉のカレー「パーラックキーマ」です。

 「ネパールで一年に一度、寒い時期にお祭りで食べられているタルール•パラクというほうれん草と芋の料理に、豚肉と鶏肉の合挽き肉を加えてアレンジしました。
 ライスに合うキーマとシャキシャキの長芋が相性ピッタリです」
 という説明が来ました。

 最近東京では、大久保にネパール村?もでき、かなり勢力拡大の様相です。
 私自身、ネパールも行きましたが、通り一遍のものしか現地で食べていないので、詳しくはありません。
 ネパールは山岳地帯で、流通の問題もあり、またそれぞれの部族の特徴もあり、ローカル色豊かな料理が多いですね。

 山芋とホウレン草の組み合わせも面白いですし、そこにチキンとポークの合挽きという発想も。

 ミッドタウン店では、午後6時からターリをお出ししていますが、それにも合いそうです。
 

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年01月30日

mt17115

 ミッドタウン店、今週のカレーは「鶏肉と白菜のカレー」です。

 字面からだと和食か中華のようです(笑)。
 私自身、インドで食べた記憶はありませんが、生産はされているようです。
 チャイニーズ・インディアンでも活躍しているのでしょう。
 一般的にレシピを見ると、炒め物が多いようで、カレーは珍しいのかもしれません。

 その昔、NHK「きょうの料理」で、1964年のオリンピックの時に、パキスタンコックから、白菜を千切りにし、レモンと塩と唐辛子で「即席ピクルス」を作ったという、当時のコックさんの話を見た記憶があります。

 あまり煮込むとドロッとなるのを、どう対処しているのか、見に行きます。

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年01月23日

mt1714

 ミッドタウン店、今週のカレーは「黒ゴマポークカレー」です。

 インド北東部、アッサムやナガランドなど、ネパール、中国やブータンに接している地方の料理です。
 ですからこの辺りは、料理も、その影響を色濃く受けています。
 インド全体で、あまり食べられていない豚も、家畜として育てていますし、ゴマ、タケノコなどもよく使われます(まだ行ったことはありませんが、本からの知識です)。
 日本とも通ずるところがありますね。

 今回は、黒ゴマペーストと胡麻油を加え、黒く仕上げるカレー(ティル・ポーク)です。
 香ばしいゴマの香りと、柔らかな豚肉のカレーは、ライスによく合います。

 インドのローカル料理は、インドのインフラの発展で大都市では、ほとんど食べられますが、この北東部料理は、今、少しずつ出始めたところです。

 先取りの感覚で食してみませんか?

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2017年01月16日

mt1713

 ミッドタウン店、今週のカレーは「鶏皮カレー」です。

 基本的にインドで鶏皮は食べませんが、インド北東部や、ケンタッキーフライドチキン、中華料理などの影響で、食べるられるようにはなっています。

 日本人は鶏皮好きで、最近では福岡の鶏皮串焼きが話題になっています。
 同様に、日本のカレー店でも、鶏皮カレーが少しずつ出始め、”コラーゲン”というワードとともに、増えているようです。

 そんな背景から、今週ミッドタウン店では、「鶏皮カレー」に挑戦したようです。
 スパイスでボイルした鶏皮を、ヨーグルト、トマトを使ったカレーで仕上げたそうです。

 ぜひお試しを。

ミッドタウン店、今週のカレー5

2017年01月09日

IMG_2291

 ミッドタウン店、今週のカレーは「北インド風チキンカレー」です。
 ジンジャー、ホワイトペッパーを効かして、引き締めた味にしました。

 さて、今年はミッドタウンが開館10周年を3月に迎えます。
 ミッドタウン側も様々なイベントを企画し、またテナントにも特別メニューが指示されています。
 これとは別に、我々独自で、お客様への感謝の何かを考えることにしました。

 お楽しみに。




ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年12月19日

mt16124

 ミッドタウン店、今週のカレーは「クリーミーチーズチキン」。

 西洋料理みたいな名前ですが、ようはチキンシャイコルマです。
 カシューナッツペーストと、生クリームの代わりにチーズ、そしてトッピングに、カリッと焼いたチーズを乗せています。

 今はこのように判り易い、想像し易いのメニュー名がいいようです。
 「チキンシャイコルマ」、「チキンムガライ」などと書いても、確かに何が出てくるかわかりませんね。

 しかし、おいしそうなカレーです。

ミッドタウン店、今週のカレーは5

2016年12月12日

mt16123名称未設定 1

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ハリヤリシーフード」。

 コリアンダー、ミント、ホウレン草の葉をペーストにし、魚介に合うアジョワンシードを加えて作りました。
 どうもこの冬は、デリー全体で、このコリアンダーやミントの葉を使った料理が流行っています。
 クリスマスカラーを意識しているのでしょうか?

 でも、アジョワンシード、いい香りします、
 お楽しみに。

ミッドタウン店、明日からのカレーは5

2016年12月04日

IMG_2224

 ミッドタウン店、週替りカレー、明日からは「モツカレー」です。

 モツは、イスラムでは普通に食べられますが、今回の「豚モツ」は、アッサムやネパールです。
 ネパールでは、豚以外に羊、水牛の内臓もよく食べると言っていました。
 ヒンドゥーの国ですから、牛でなく水牛(バッファロー)ですね。

 トッピングにはスパイスマリネして炒めたレバーも乗せました。

 こういった街食堂、家庭的なカレー、あまり食べられないので、こういった機会にぜひどうぞ。
 逆に新鮮かもしれませんね。