デリーのこと

DEAN & DELUCA5

2015年08月20日

tamani

今週から約1ヶ月間の予定で、高級デリ、ディーン・アンド・デルーカで、カレーフェアが行われ、デリーのカレーも3種、冷蔵品のカレーが販売されます。

 「バターチキン」「ポークマサラ」「チキンコルマカレー」の3種です。
 デリー工場開設時からのポリシーである「レストランの味をご家庭で」を、現在できる技術を駆使して、賞味期限要冷蔵60日の商品です。
 本来は、「たまに食べるならこんなカレー」と称し、不定期でネットのみの販売商品です。

 とにかく食べ比べていただければ、すぐにわかります。
 レトルト殺菌(121℃以上)ですと、どうしてもスパイスの香りが変化し、鍋で作った時と違った香りになります。
 そして、具の肉類は、たんぱく質が完全に変化し、元の味と異なり、イモ類などは焦げ臭さを感じます。

 そこで、初代社長が考案したのが、現在も主流のカレーソースのみの低温殺菌です。
 ご自分で具材を作るという、一手間が掛かりますが、レストランの味にグンと近づきました。

 そして、具材入りを10年以上研究し、できあがったのが、この真空低温加圧殺菌です。
 まだまだ進化させる余地はありますが、現在のデリーのベスト商品です。

 もう一点、これは、デリーの主体がレストランということです。
 我々コック経験のあるものが、レストラン厨房と同じ作り方で作っているということ。

 今回の3点も、バターチキンの鶏は、漬けこんだチキンティカを焼いて加え、コルマもスパイスで焼いたチキン、ポークは、じっくりとコンフィにして入っています。
 カレーも最大70人前程度を寸胴で仕込んで、手詰めし、殺菌し、お出しするという、レストランよりも、時間も人数も掛けて製造しています。

 他のレストランではできないことを行っているという自負はあります。

 美味しいカレーが食べたい、または興味のある方は、冷蔵設備のあるディーン・アンド・デルーカに行ってみてください。

サマーセール、8月10日までです5

2015年08月05日

DSCN0836

 デリーのサマーセール、来週月曜日、8月10日で終了となります。

 画像のビーフカレークラシックは、これで販売終了となります。
 欧風とインドの合いの子カレーですが、他社のカレーと比べると、一口で”デリー製造”とわかりますね。

 タマネギなのか、スパイスの配合法なのか、はたまた殺菌機の特性なのか、デリーの製品はデリーの味です。
 なぜこう思ったかというと、工場に行くと、工場内、作業場、スタッフの制服、どこか皆同じ匂いがします。

 カレーの工場には、その工場なりのDNAがあるようです。

 しかし、このビーフカレークラシック、具には牛肩ロースとオランダ産ですがマッシュルームがはいり、軽い味で食べ易いカレーです。

 まだの方は月曜までに、ぜひ。

ナン、売り切れました。2

2015年07月25日

naan

サマーセールに出品していましたナンですが、申し訳ございませんが、売り切れました。

ある程度余裕を持って、用意をしていたつもりですが、ちょっと読みが甘かったと反省しています。

今後も、ネット販売で、通年扱っていくつもりです。
今しばらく、お待ちいただきたく思っております。



料理研究会5

2015年07月19日

000003

 3回目の料理研究会を、先週行いました。

 今回は、「ゴアのホテルのエビカレー」、「南インド的チキンカレー」そして「マスタードフィッシュ」でした。
 
 もちろんレシピは個人的なものですから、これにインスパイアされて、さらにおいしく、個性的なものに育っていって欲しいです。

 現在もLOVE INDIAで行われている、LABO INDIA、決まったメニューをそれぞれのシェフたちが作って味見したり、インド出身シェフたちの講習会ですが、これが面白い。

 料理人によって、その料理の視点が全く異なっています。
 味は基本ですが、色から、香りから、素材からと皆、嗜好を凝らします。
 盛り付けも、ホテル風、食堂風、ワイルドに、などなど。

 こういうことをしていると、その料理に対する、料理人のイメージとお客様のイメージの同化が必要で、その手助けがメニュー(お品書き)であり、言葉(接客者の)だとつくづく思います。

 いいレストランといわれるところは、そういった点が独りよがりでなくできています。

 こういった研究会は、いろんな意味で大切だと感じました。
 

しじみカレー5

2015年07月15日

sijimi

 「うまいもんドットコム」さんと「dancyu.com」さんとのコラボ企画で、「しじみカレー」を作り、今週販売開始した所、すぐに売り切れてしまいました。

 「青森県小川原湖産のしじみで、カレーを」と依頼を受け、試作を繰り返したのですが、あのしじみ出汁がカレーに負けないようにというのが問題でした。

 最初にできあがったものは、「味は何か日本らしさがどこかにあるがインド風でおいしい。でも、しじみの殻が食べにくい」。
 ということで、むき身にし、出汁は、しじみをミキサーでペースト状にしてエキスとしました。

 他に、同じ淡水産ということで、レンコンを、1つは厚切りの生、1つは薄切りチップにしたものを、食感の変化を含め、加えました。

 カレー自体は、ココナッツを主体としたケララ風とでもいいましょうか、マスタードシードにカレーリーフの香り、そして、コリアンダーリーフをたくさんいれたものです。

 我々には、考えもしない素材をいつも与えてくれるのが、うまいもんットコムの萩原社長です。
 老化が始まった脳に、いつもいい刺激をいただいています。

サマーセール、始まります。5

2015年06月19日

2015summer

 サマーセール、6月22日スタートです。

 この夏は、デリーが売りたいというより、お客様のご要望に全面的に答えるという、日和ったものになりました(笑)。

 お客さまからの声が多いのは、やはり「ナンとバターチキン」。
 脱却を試みたかったのですが、残念(笑)。

 そしてやはりご希望が多いのが、「家族で食べられるビーフカレー」でした。
 特に関西の方は、ビーフ以外は、という感じです。
 肉はマッシュルームと共に柔らかく煮込んで別添という、デリースタイル。
 カレーは、インドと欧風の融合?的。

 「じゃ、食べてみるか」と思われましたら、ホームページ、覗いてください。
 


賄い(まかない)5

2015年06月07日

16

飲食業の仕事であり、楽しみに賄いがあります。

その時々の料理長によって、誰が作るとか、テーマを決めるとかが決まります。

東京の店に居たときは、料理人が何人もいるので、交代で作る事が普通でしたが、昔あった軽井沢店では、私以外は学生でしたので、約2ヶ月、1食のカレー以外、2食の賄いを作っていました。

これは大変でした。

スタッフに、イスラムやベジタリアンがいたりすると、これまた面倒です。
キリスト教でも、牛は食べないのもいますし。

今度は、どんなものがでてくるか、お話ししましょう。


サマーセール、ナン5

2015年06月03日

ナン

今月半ばから始まるサマーセール。
そこに、ご要望の多かったナンが、再登場します。

ご存じの様に、パン類は、常温保存が難しい食品です。
前回は、ワサビ系の殺菌剤を添付しましたが、ナン自体に、ワサビの匂いがついて不評でした。

その後、試作研究を重ねて、ワサビ臭のないもので、なんとか菌検査をクリアしました。

画像は、そのナンで、新しい食べ方を提案してみました。
インド式を土台に、パンフレットで見て、綺麗そうなものを作りました。

ドライフルーツ、シナモンシュガー、チーズに蜂蜜、オニオン、ガーリックなどをトッピング。

販売するのは、プレーンナンのみですが、皆さまで、ユニークなものを、お試し下さい。


カレーパーク 日比谷20155

2015年04月30日

title

 明日から3日間(5月1日、2日、3日)、以前にも出店した「ニッポン放送カレーパーク日比谷2015」に、デリーのカレーが出ます。

 前回は、我々が行ってキッチンカーでのご提供でしたが、今回はニッポン放送さんのブースでの提供です。
 あの時は、デリーカレー、カシミールカレーでしたが、今回は、「何とかここでしか食べられないもの、且つデリーらしいものを」ということで、まかないの楽しみ、カシミールとコルマの合体ビーフカレーを作りました。
 
 デリー以外にも、神保町のマンダラさん、カレーパン、カレーうどんも含め、10店舗以上参加しています。
 また、隣の特設スタジオでは、普段、顔を見ないラジオのアナやたくさんのゲストも来るそうで、賑やかそうです。

 お天気もよさそうですし、お時間がおありの方は、ぜひ、ご来店の程。

 詳細は、コチラです。

ドライカレーキャンペイン、スタートです!5

2015年04月15日

MX-3100FN_20150413_171359

 本日より5月15日まで、ドライカレーペーストがちょっとお安くなります。

 また、6瓶入りを買っていただくと、デリーで使用しているお米(石川県産コシヒカリ)が付きます。

 例年、このキャンペインは、3月に行っていましたが、今回は、お客さまからのご要望「フタが固くて開けにくい!」を解消すべく、キャップと蓋を変える経過があり今日になりました。

 固いフタは密封性が高く安全度が高い、開けやすいフタはその逆でした。
 ジャムなどの糖度の高いものは腐りにくいですが、ドライカレーは中々そうはいかず、ここまでに足掛け10年掛かりました。
 我々というより、瓶メーカーやキャップメーカーの技術進歩ですが。

 そしてここに、”ウォーホール・田中”作(笑)の画像が、日の目を見ることになりました。

 詳しくは、こちら
 をどうぞ。
 
 お問い合わせは、03-3813-0038までお願いいたします。

ドライカレーキャンペイン5

2015年04月10日

名称未設定 4

 4月15日から、春の恒例となった「ドライカレーキャンペイン」がネットショップなどで始まります。

 今回の目玉は、デリーの店舗で使用のお米が付くものです。
 ここ4年ほどは、石川県産のコシヒカリを年間通して使っています。

 あと、よくあるご質問に、「ドライカレーってひき肉のカレーがご飯に乗っているのでは?」があり、デリーの店舗の炒飯的なものと違うイメージがあります。

 実は、ひき肉ドライカレーも、このドライカレーペーストで簡単かつおいしくできます。
 必要なのは、ひき肉とドライカレーペーストのみ。
 あとは少量の水があると、しっとりできあがります。

 詳しいレシピは、写真入りで、どこかに掲載いたします。
 その時は、ご連絡します。

インド料理研究会5

2015年03月17日

gobi

 第2回目の社内インド料理研究会で、ゴビマンチュリアンを作りました。

 今回は、デリーらしく?中華というより、ややインド寄りにしました。
 1つはコーンミールとマエダの衣に、ターメリックとクミンシードを入れ、ソース側に醤油は使いませんでした。

 1つ1つがやや大きすぎて、塩味が物足りないところもありましたが、それがまた新しいアイディアに。
 スタッフの中から、「周りは香ばしいし、食感も肉みたいなところがあるから、この揚げカリフラワーのカレーを作ったらおいしいかも」というものです。

 面白いですね、カリフラワーに限らず、いろんな肉、野菜、魚介を揚げてみて、カレーに入っていたら、ボリュームも食感も面白いと思います。

 研究会も、段々面白くなってきました。
 
 

LOVE INDIA 20155

2015年02月06日

loveindia2015

遅くなりましたが、LOVE INDIA 2015のチケット、デリー各店で販売しております。

 デリーは、カレーでは参加いたしませんが、何かストリートフード的なものをお出しする予定です。
 そういえば昨年「マダム・イン・ニューヨーク」という映画の中で、主人公のシュリデヴィ(とても50歳とは思えない美しさでしたね)が、「ラドゥ」というお菓子作りが得意という設定でした。

 その時は、ブーンディラドゥといって、ひよこ豆の粉の揚げ玉をシロップ漬けにして丸めるものでした。
 先日のLOVE INDIAの会で、さすが渡辺玲さん。この映画のラドゥの話題を出したら、間髪を入れずに
「あれはブーンディラドゥでしたね」と言われました。
 何か、同じ目線で映画を見ていたのかなあと感動、というより、渡辺さんのインド料理のマニアックぶりに(私もそうですが)楽しくなりました。

 LOVE INDIAはお祭りでもありますから、インドのお祭りに欠かせないラドゥでも作ろうかな。
 でも何百個と作ったことないからなあ。
 などと考える今日この頃です(笑)。

 チケットの郵送希望の方、その他ございましたら、メールでもメッセージでもご連絡ください。

お年玉クイズの答え5

2015年01月14日

 今回のお年玉クイズ、予想以上に難しかったようです。

 正解は、
 第一問はのベイガンブルタ
 第二問は△離僖法璽襯泪拭璽
 でした。

 現在、正解者3名と聞いていますので、ゴージャスなお年玉を用意いたしましょう。

ジャパニーズ・カレー・アウォーズ(JCA) 20145

2015年01月06日

JCA-logoのコピー

 昨年末、JCAという団体から、湯島のデリーが名誉賞をいただきました。

 この団体は、カレーを生業とせず、趣味で食べ歩いている方々が、本、雑誌、ネットなどのしがらみなく、その年のおいしかったカレー店を発表するという趣旨だそうです。

 その第一回の名誉賞に「デリー上野店」が満場一致で選ばれたとのこと、大変光栄です。
 長くやっていると、いいことがありますね。

 しかし、このほぼ60年という長き年月、カレー屋をやり続けられたのは、お客様のご支持のたまものです。
 また、私にしてみれば、創業社長の作り上げたカレーの数々やサービスなどのシステムに、感謝です。

 創業がそのフロンティア精神で、種をまき、肥料を与え、育てた「デリー」を、私が花を摘んでいる形です。

 これからは、災害に強い種を選別し、より良い肥料に改良し、50年後も「デリー」があり続けられるようにと思います。

 ありがとうございました、頑張ります。

 JCAの詳細は、こちらをどうぞ。

商品遅延につきまして

2014年12月20日

 クリスマスディナーセットや箱詰め、瓶詰めカレー製品が、一部地域で遅延しています。

 ここ数日の大雪で、弊社が配達依頼しているクロネコヤマト便が、遅延および集荷(弊社からの持ち出し)中止をしております。
 
 せっかく日時指定でご注文いただきましたのに、申し訳なく思っています。
 配達日時に余裕があるものは、前もって出荷し、最悪、現地営業所まで届いているような措置を取っていましたが、ここまでの雪とは考えられず残念です。

 現在の状況は、弊社ホームページhttp://www.delhi.co.jp/のwhat's newを穂ランください。

Xmasディナーセット、お申込み最終日です。5

2014年12月09日

xmaslast

 デリー恒例のXmasディナーセットのお申込みが、今日いっぱいとなります。

 明日からは、クリスマスに向けて製造ということになります。
 おかげさまで、年々販売数が増加していき、うれしい限りです。

 それなりに技術も進歩し、今は、1月いっぱい冷蔵庫で保存できるようになりました(カレーは半年以上)。
 ですから、クリスマスが忙しい方も、年末年始でも、充分お楽しみいただけます。

 今年のセット内容は画像の通りです。
 これらから、ビリヤニやチキンティカマサラなどに変身させる”特別レシピ”もお付けしてありますので、興味のある方は挑戦を。

 昨年までは日本米でしたが、今年はインドのおいしいバスマティライスのサフランライスを添えました。
 より本格的になるとともに、ビーフニハリ(カレー)は、白いご飯がおいしいですから、用意していただけば、ボリューム満点。
 あるいは、2,3回に分けてお召し上がりいただけます。

 クリスマス、年末年始は、インド料理を召し上がって、特に寒い今年の冬を、いっとき忘れて暖かく過ごしましょう。

 お値段は3人前程度で¥6000ですが、クール宅急便込ですから、実質は¥4800以下となりますね。

 今日一日、お待ち申し上げます。

 ネットでのご注文はこちらから。

 お電話は、03-3813-0038、ファックスは03-3816-0538です。

クリスマスセット20145

2014年11月18日

xmas2

 先週末から販売が始まった、デリー恒例の「クリスマスディナーセット」2014版。
 (このデザインはインド料理店御用達の根本さんです)

 今回は、原点回帰と「二度楽しむ」がキーワード。
 タンドーリチキンが余ったら、チキンティカマサラ、サフランライスとビーフニハリでビリヤニなどなど。
 これらのレシピも付いています。

 賞味期限も、最短のもので2015何1月31日ですから、何回かに分けて召し上がることもできます(低温殺菌技術もだいぶ進歩しました)。

 今回、初見参は「チキンレシミカバーブ」。
 2度挽きのミンチに、これまたペースト状にした、タマネギ、ニンニク、ショウガ。さらにミルク、玉子、ミント、コリアンダーなどで、しっとり滑らかにしました。

 形状も、チャップリカバーブ型というか、大判のハンバーグ型にして、肉汁が少しでも閉じ込められるようにしました。

 トロトロのビーフニハリもあり、楽しいクリスマスディナーになっています。
 ご興味のある方は、こちらまで。

料理教室5

2014年09月06日

DSCN1781

 昨夜、ミッドタウンのABCクッキングスタジオで、料理教室を行いました。
 遠い方は、京都からいらしたとか、びっくりしました。

 今回の実習は、ミッドタウン店のムクル君が行いましたが、私の作ったレシピのせいか、やや塩辛かったのが残念です。
 しかし、インド料理ファンが確実に広がっていることは確認できました。

 私はと言うと、全く手は動かさず、いつも通り、口先のみで勝負していました。
 もう少し勉強しないといけませんね、料理指導は。

 今、老い先が見えてきたので、早いうちに、この30数年覚えてきた、インド料理の知識を、我らのスタッフに教えるべく、今月から始動する予定です。
 こちらは、家庭用ではなく営業用ですから、経時変化が少ないなど、いつ食べても同じ味になるような作り方をしますし、量も違います。

 インドは大きい国で、とてもとても人間の一生でその料理を全部知ることはできませんが、それでも知っていることは、後進に伝えていきます。

バターチキンの変遷5

2014年05月27日

butter chicken history

 画像は、デリーにおけるバターチキンの変遷です。

 デリーでは、バターチキンがメニューに加わったのが意外と遅く、2002年のことでした。
 それが画像1で、これは、デリー内でレシピの公募を行い、社内審査で通ったものです。

 画像2は、2004年、スワミさんが当時あった「デリー赤坂店」で出していたものです。
 スパイスが強めの南インド人らしいもので、バターも浮いています。

 その翌年、オンラインレストランがスタートし、その時のバターチキンが3です。
 袋詰めして殺菌していますので、カレーがうまく乳化し、滑らかにできあがっています。

 そして、この滑らかさが「良い」ということで、各店とも、トマト、カシューナッツ、ニンニク、ショウガを長時間ミキサーに掛け、作るようになり、現在に至っています。

 原材料は最初から変わりませんが、スパイス、バターの量や、ミキサーの時間などでだいぶ変わりますね。

デリー銀座店とミッドタウン店から5

2014年04月26日

chana

 銀座店のチャナマサラが、カラフルになっていました。
 あまり他の豆がいっぱい入ると、チャナマサラではなくなってしまいす(笑)。

 デリーのチャナマサラのレシピは、ベンガル人コックのデビッドさんが作りました。
 彼は、インドのほかに、アジア、中東のホテルで働いていたので、万人向きというか、いつも食べ易いものを作りました。
 辛味も酸味もスパイスの量もほどほど。イギリス人オーナーの店にもいたらしく、アングロインディアンも得意でした。



spr








 



 一方、こちらミッドタウン店のポークスペアリブカレー。
 大人気のようで、一週間分として、40kgほど用意しましたが、ギリギリ。毎日来てくださるお客様もいるとのこと、ありがたいです。
 こちらは明日が最終日。”売り切れ御免”ですので、あしからず。
 その場合、あさってからのカレーが前倒しになります。
 

デリーの孫店が開店5

2014年04月04日

b2

 横浜ボンベイののれん分け、「横浜ボンベイ・高田馬場店」が4月1日に開店いたしました。

 横浜ボンベイの石川さんは、デリー出身。
 柏ボンベイ開店時に、デリーより出向。居心地が良かったのか、デリーの居心地が悪かったのか(笑)、そのままボンベイに残り、のちに横浜に「柏ボンベイ」ののれん分けで出店されました。

 そしてこのたび、横浜ボンベイで習った方が、高田馬場に出店という運びになりました。
 ということは、デリーにとっては”孫”となるのでしょうか。

 若い方々の出店で、ジャズが流れるカフェ風の作りです。
 メニューは、チキン、インド、カシミールにポーク、ドライ。
 カレーには、ドゥミタスコーヒーが付くという、初期のデリースタイルが継承されています。ナイス。

 お近くにお出での際、そしてちょっとデリーと違う味を食べてみたい方は、ぜひ、お立ち寄りください。

 場所は、早稲田から高田馬場駅に向かって、駅前の通りを左(新大久保方向)に行き、5分ほどの右側です。
 たくさん飲食店のある激戦区です。
 健闘を祈ります。
b1

東京都新宿区高田馬場1-32-11
TEL/FAX 03-6205-6657
11:00〜15:00
17:00〜21:30(ラストオーダー)
22時閉店
(当分は無休でSTAFF一同頑張ります!!)


消費税の価格転嫁に関して5

2014年03月28日

kyuu

<レストランは価格変更しません> 
 
 4月1日より、消費税が5%から8%になります。
 さらに、仕入れ価格も上がっています。

 玉ねぎは、昨年の北海道の不作、輸入品も円安、干ばつ、そして光熱費、運賃の上昇で、私の机には、各仕入れ先からの新価格(値上げ)のファックスで山になっています。

 従いまして、4月1日より、工場生産品は3%の価格転嫁は避けられません。やはり、光熱費と運賃の上昇が、かなり厳しいものになりました。
 よろしくお願い申し上げます。(一部、値下げもございます)
 

 そして、レストランですが、こちらは当面の間、できれば来年の消費税10%引き上げまで、現状の内税価格でやってみようということとしました(もちろん仕入れ品や量は変えません)。

 創業社長夫婦も、値上げに関してはいつも慎重で、ご来店のお客様のお顔を思い浮かべながら、「カシミールが上がったら、あの人はもう来れないかもしれない」など、値上げ時は、いつも心を痛めていました。
 この積み重ねが、58年の継続につながったと信じております。

 我々も、その遺志を受けて、できるところまで頑張ってみようと思っております。

 我々のような中小は、利益率より利益額です。
 一日のお客様数が5人でも6人でも増えれば、やっていけます。

 これからも、倍旧のご支援のほど、心よりお願い申し上げます。

追伸 お年玉クイズ 

2014年01月17日

 先週のお年玉クイズ、正解者が少なく、申し訳ないので、本日、追加で「お年玉クイズ vol.2」をクラブデリー会員様に配信します。

 10名様に福袋が当たります。
 ふるってご応募ください!

デリーカレーとインドカレー5

2013年09月20日

デリーインド

 我々のメニューに、デリーカレーとインドカレーがあります。
 見分けというよりスタッフが間違えないよう、ココナッツファインを乗せたのが「デリー」、コリアンダーの粒を乗せたのが「インド」です。
 
 いわゆる辛さの違いですが、結構繊細なカレーですので、食べていると、微妙に感じるスパイスの種類が変わってきます。
 不思議です。

 創業当時、デリーカレーはチキンカレーという名で、のちに工場製品ができて、チキンカレーがデリーカレーになったことは、以前にお話ししました。

 今日は、このインドカレーの意味についてです。
 インドカレーとは、日本では、欧風カレーに対してインド的ということで、この言葉を使います。

 しかし、創業者田中敏夫は、チキンカレーに対して、「辛い」ということを知らしめるために、このインドという言葉を使っています。
 当時、「インドカレー=辛い」のイメージがありましたから、チキンカレー(辛口)よりも、「インドカレー」という名称の方が、より分かりやすいし、クールと考えたのだと思います。

 インドカレーを食べて、たまにデリーカレーを注意深く食べると、使用しているスパイスのはかない香りが、より感じられて、スパイスのバランスを感じさせてくれます。

LOVE INDIA 20135

2013年09月06日

2012thali

 10月20日(日)に、去年と同じ場所で、LOVE INDIA 2013イベントが開催されます。

 今年のデリーはカレーでは参加せず、「米料理」担当です。
 元々、デリーはカレーで参加しないという話だった気がします。
 一年目はチャパティロールを、ほとんど中村屋さんのお手伝いで作り、あとは、中村屋さんとのコラボディナーなどという、大それたことを行いました。

 昨年は、たんどーる・塚本さんが病み上がりということで、急遽カレーで参加することになり、「ニハリ」を作りました。

 で、今年は、昨年までの日本米から、インディカ米(バスマティ)を、デリーが担当ということになりました。
 今年は参加店舗が増えたため、ターリーが2種類ということで、米もチケットの倍必要といわれ、「ガーン!」という感じです。

 一度に何百人前というライスなんか作ったことありませんから。

 詳細は9月24日に決まるようですが、今年はチケットも絞って、少なめだそうです。各店の割り当ても少ないようです。

 ご希望の方はお急ぎください。

店内装飾品5

2013年08月26日

zou

 画像は銀座店に掛っている、象の壁掛けです。

 絵や置物など、店内にはいくつかのインドの装飾品が飾られています。
 今は、インド旅行も身近になり、また、インドの装飾品を扱う店舗も増え、容易に買えるようになりました。

 その昔は、インドに行くたびに、大量に買い込み、荷物の重量オーバーや、別送品課税などを考慮しながら手に入れていました。

 実は以前は、これらに値段を付けていて(といっても高めに設定していましたが)、たまーに「これ欲しい」などと言われることがありました。
 ですが、装飾品を買われてしまうと、そこが寂しくなってしまいますから、一応「これインドで買えば半額以下ですよ」などと、やんわりとお断りすることもありました。
 しかし、「インドまでの飛行機代を考えれば安いもんだ」などといわれ、断り切れずにお売りしたこともありました。

 ということで、このケララ製の象の頭、2代目です。

デシャップ5

2013年08月24日

order

 画像はデリー銀座店のデシャップです。
 
 デシャップとは、キッチンで出来上がった料理をホールに渡す場所=dish upのことです。
 
 今は、大きなレストランですと、オーダーエントリーシステムという、お客さまの注文を端末から入力し、キッチンとポスレジに同時に伝達するやり方も多くなっています。
 デリーでは未だにアナログです。しかし、この方がキッチンとホールの呼吸があってくると、訂正や、早く、遅くがうまくいくように思います(もし、ご迷惑をおかけしたお客様がいらしたら、ごめんなさい)。

 人間というものは、意外と環境順応性が高く、デリーでも店ごとに違ったシステムですが、皆すぐに馴れます。

 パリの3つ星レストランのとある店では、シャンデリアの影にカメラが取り付けられ、キッチンから、お客様の食べている進行が見えるところもあるそうです。
 何だか、客として行くには、監視されているようで、ちょっと抵抗があります。


 

カレーの鶏肉5

2013年07月25日

chicken

 今日は、頼まれごとがあって、朝からカレー作り。
 湿気に弱い体質ですので、昨日今日、外は暑くないのですが、火の前だと流れるような汗。

 この間テレビで、上半身にのみいっぱい汗をかくのは、糖尿病か更年期障害だとか。当たらずといえども遠からずですか。

 画像はカレー用の鶏肉ですが、皮をむいたモモ肉を、塩とスパイスで軽く味付けして、フライパンで焼き、注文分の温めたカレーに投入します。

 我々はカレー屋ですから、毎日同じ味というのが必須です。そのため、ご家庭のように、具とカレーを一緒に煮込んでできあがりとはいきません。
 カレーと共に煮込む場合でも、肉は途中で引き上げます。
 これは、どこのカレー屋さんでも同じと思いますが。

 デリーのパックのカレーも、小鍋にカレーを入れて温め、底にフライパンで焼き立ての鶏肉を入れるとウマイですよー。
 気分で、今日はややまろやかにと思ったら、バターで焼くのもいいですね。

 焼き立てで召し上がるなら、ムネ肉でもおいしく、いつもと変わった食感が楽しめます。

デリー埼玉工場5

2013年07月20日

factory

 夏はカレー製品が売れる時です。
 デリーの工場も、繁忙期です。

 埼玉工場は、埼玉県の北部、児玉郡にあり、最寄の駅は、上越・長野新幹線「本庄早稲田」です。
 
 店の厨房も工場内も、暑いときは大変です。工場はその上に帽子にマスクに手袋です。
 今時分は、早いときで朝6時ころから仕込が始まりますから、正に3Kの仕事です。

 画像の女性は、工場開始時、昭和55年から働いてくれています。早出、残業いとわずやってくれて助かります。

 ちょっと自慢ですが、この工場、衛生管理優良で、埼玉県知事賞までいただきました。
 皆さん、安心してデリーのカレー製品をお買い上げ下さい(笑)。

ヨーグルト(ダヒ)5

2013年07月18日

dahi

 インド料理店では、大量のヨーグルト(ダヒ)を使います。
 飲料のラッシーはもちろんですが、カレーやタンドーリチキンなどのグリル類にも使用します。

 各店舗では、ご覧のように、毎日牛乳からヨーグルトを作っています。
 理由は、ヨーグルトより牛乳の方が安いからです(笑)。

 これは銀座店ですが、画像を見ると牛乳25本分作っていますね。

 乳酸菌は他の菌より弱いものもありますので、殺菌された開けたての牛乳の方が、失敗なくできます。
 また、毎日作りますから、専用の寸胴にして、カレーの匂いなどが移らないようにしています。

 昔いたベンガル人のコックが、このダヒ(ベンガル語ではドイ)作りが非常にうまく、足りなくなった時に、オーブンを微妙に操りながら、1時間強で作ったのが印象的でした。

 でも最近は、ヨーグルトも安くなり、安売りスーパーだと450g¥100で買えますね。
 ご家庭では、エネルギーや時間のロスを考えると、買った方が安いかも。