中村屋とナイル、 G.M.ナイル氏5

2018年03月23日

nnd

 ご存知、インド料理界の超有名人 G.M.ナイルさん。

 初めてお会いしたときは、「よう田中さん! 儲かってる?」でした。
 「ボチボチでもなんでも、儲かってる人と話さないと気が滅入るよ」とにこやかなお出迎え。
 にこやかさといい、人心掌握術=接客力のすごさを感じました。

 その後もアイドルタイムやパーティーでお会いして、いろいろご教示を楽しい雑談(多趣味な方で)とともにいただきました。
 イベント時、トイレですれ違いましたが、私の耳にそっと「今度、インド人をうまく働かせる方法、教えるよ」と。
 皆さんもそれぞれ、彼の印象はおありだと思いますので、エピソードはこれくらいで。

 ナイルさんの凄さは、明るさ、話術、記憶の良さ、そして頭の回転の速さは群を抜いていると感じています。
 会話のレスポンスの速さはすばらしい。

 しかし、私が尊敬するのは、あのマーケティング力。
 先日のイベントの時にも話されていましたが、数あるカレーやメニューの中から、「ムルギランチ」を昼も夜も売り続けた決断。
 お客様の目の前での骨抜きパフォーマンス、「混ぜ混ぜ」などの付加価値の付け方。

 仮にあれよりおいしい、安い、豪華なムルギランチがあったとしても、お客様はナイルに行くでしょう。

 ナイル、恐るべし!

gen5delhi at 10:19│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔