中村屋とナイル、その15

2018年03月17日

nn

 先日の中村屋さん90周年イベントに参加しました。
 ここでお伝えしたいことはたくさんありますが、まずはカレー。
 この日は、中村屋料理長石崎さんとナイル善巳さんのコラボディナー。

 画像はその時頂いた、やはりメインと言える「中村屋インドカリー」と「ナイルマトンカレー」。
 なんの抵抗もなくスプーンが進みます。
 ゆっくり味合わないと”もったいない”と思ってしまいます。

 何度も食べているとはいえ、最後からは1年以上あいているでしょうし。

 善巳さんは、現地のインド料理を追求されていますが、こういった日本人向けのカレーのコツはしっかりと押さえて食べやすくおいしい。さすが。

 インドカリーは、当日の二宮総料理長の「昭和2年の発売時には、バターや何やらくどくて不評だった。ある時、をれをブイヨンでのばしてシャバシャバにしたら人気が出てきた」というお話。

 ”来た〜!!”
 やっぱりシャバシャバですよ。

 このようにインドカリーにはたくさんバターを使っていらっしゃるそうですが、それが表で主張せず、よい後味として残ります。
 このバター使いは研究したいところですが、ちょっと間違えると大失敗しそうで。
 くどくないバターチキンでも・・・ な〜んて。

 こうやって食べてみると「老舗の貫禄、まざまざと」でした。

 おいしかった、ご馳走様!

gen5delhi at 12:05│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔