コルマカレー、作る5

2018年03月11日

20180309_120253 (2)

 とあるテストのために、20年ぶりくらいでコルマカレーを仕込みました。

 脳内の記憶の引き出しを総動員して、緊張気味に始めました。
 やはり不安なのか、勘に頼らず、温度計を使い、温度を測りながらスパイスを投入。
 煮込み時間もきっちり時計を使い、塩も少な目から徐々にと、まるで初仕込みのよう。

 果たして結果は?
 「まあ、普通においしい」ものでした。
 個人的には、鼻から来る香りがちょっと足りないかな。

 すごくホッとしましたが、そう簡単にいかないのがカレー。
 次に作るとおいしいとはいえないことが多々起こる。
 これがカレーの面白いところなのか、腕なのか。
 何も考えずに、いつもおいしいものを作るコックがいる(全種類のカレーとはいいませんが)。

 今回は、息子に手伝ってもらい、挽き立てのスパイスなど下準備をしましたが、温度、色・艶、香り、甘味、酸味、辛味、塩味、苦味、旨味、とろみ、出来上がり量などチェックすべきポイントがいっぱいあり、やはり毎日仕込んで体で覚える必要があります。
 それでも、お客様から「違う」と言われますから。

 よーく考え、しかし考えすぎず、これがコツ???

gen5delhi at 12:56│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔