カレー屋めぐり 番外編 中華カレー5

2018年03月10日

咖哩会飯

 中華店の前のメニューを覗いたら、「チキンカレー」の文字が。

 日比谷の中國飯店でしたが、早速入店。
 「チキンカレー」と言うと、「麺、ご飯?」と聞かれ、もちろんご飯を注文。

 しばらくすると、画像の鶏肉、ニンジン、タマネギの入ったカレー掛けご飯が登場。

 前にここでも書きましたが、私には私のスタンダード(基準)があり、カツカレーは南海、そして中華カレーは香妃園です。
 香妃園に比べると、やや濃い、くどめ。
 一緒に添えられる、コーン玉子スープがとてもいいクッションに。

 多分赤い缶が使われている香りがしますが、やはり中華カレーですな。

 私的には、やはり昭和感、ノスタルジーから香妃園が好きかなあ(申し訳ございません、爺の舌ですから)。

gen5delhi at 12:52│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔