カレー屋めぐり 番外編4

2018年03月06日

harumaki

 先日、焼肉店前のA看板に書いてあった「特製カレー¥700」に、なぜか目が。

 今月は銀座店も和牛ハンバーグだし、こちらもランチには、和牛の切り落としでも使った「特製カレー」か、と期待して入店。
 数分後、登場したのが画像。Tシャツを着たお姉さんがキッチンで作っていましたが、やはり盛り付けも可愛らしい。
 ちょっと想像と違ったのは、ひき肉カレーだったことと、肉がやや白っぽく、牛ではないことが分かったこと。
 そしてサッと目を卓上のメニューに移すと「豚焼肉専門店」の文字。

 おっと、やってしまったか、と思いつつ皿に向かう。
 するとプーンと香る、”あの赤い缶のカレー粉”の香り。

 不思議とノスタルジックな世界に持っていかれますね、あのカレー粉は。
 家庭的、学食、定食屋・・・
 これでサラダ部分がキャベツの千切りだったらますます。

 味は全く問題なく、目玉焼きが名脇役を演じていました。


gen5delhi at 10:49│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔