子供の時の夢5

2018年02月27日

temp2

 子供の時、小学校、中学、高校、それ以上でも、食べ物に対する願望がありました。

 その一つが天ぷらそば、「稼げるようになったら食いまくってやる」と思っていた、高嶺の花でした。
 歳がばれますが、幼少時の我が家の近所のそばの値段は、「もり・かけ¥25、たぬき・きつね¥30、そして天ぷらそばは¥80」でした。
 あの、ドーンと海老天の乗った天ぷらそば、輝いていました。
 食べていたのは、ほとんど「たぬきそば」。

 今の人たちには、立ち食いそば屋が増え、天ぷらそばは、ある種スタンダードになっていますが。
 社会人になり、外回りで夕方6時、7時になると小腹がすき、そば屋に入って食べていたのもたぬきそば。「天かす多めに」になどと言っていました。

 夢とはいっても、そんなにいつも食べることはありませんが、画像は先日の遅いランチに、神田錦町「丸屋」に通りすがりに入り、頼んだ天ぷらそば。

 すごい迫力。お判りのように、かけつゆも薄い色で、そばは細く、まあボリューム満点。
 これを見た瞬間、子供時の夢を思い出し、これからも尾張屋、やぶなども回ってみたいと思ってしまいました。

 ちなみにこちら、¥1300でした。


gen5delhi at 09:29│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔