カッティングチャイ

2018年02月22日

cutchai

 インドに行かれたことのある方、ホテルやいいレストランで飲むチャイより、街中のチャイワラやチャイストールで飲む安いチャイの方がおいしいと思ったことはありませんか。

 あの安チャイ、特にムンバイではカッティングチャイ(cutting chai)と呼ばれ、人気です。
 元々は、一杯のチャイを二人で分けて飲んだことから始まり、あの小ぶりのガラス容器になったそうな。

 値段も半分だったのかは分かりませんが、安いので、”ワンブレーク・チャイ”を一日数回行うとか。

 そして今は、量が少ない分、濃いチャイになった。
 ポイントは「よくかき混ぜながら、20分以上は煮ている」と聞いたことがあります。
 チャイ版エスプレッソという話も。

 ホテルやレストランでは絶対出さず、今やインドも店内禁煙が主なので、皆、食事が終わると、外で喫煙を兼ねて、カッティングチャイを飲むそうです。

 トップの画像は、その掟を破って、銀座店のコースの終わりにお出しした時。
 中々評判がよかったです(笑)。

chaist


 

gen5delhi at 10:03│Comments(1)社長雑談 

この記事へのコメント

1. Posted by Dax   2018年02月23日 07:05
"今やインドも店内禁煙が主なので"
そうですか、日本はまだまだ遅れて増すね。。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔