バスマティライスの・・・5

2018年02月20日

birdip

 これは昨日のランチに食べたビリヤニです。

 最近感じるのですが、大体のビリヤニがそれなりの味がして、よくできている。

 これはバスマティライスのせいかな、と感じてきました。
 私が想像する以上に、バスマティライスの香りが強く、どこのもかなり近寄ってきます。

 その昔、我々のインドやパキスタンのコックたちが作ってくれた、日本米のビリヤニは、それぞれ個性的で、スワミさんのはスパイスが強く、シュニルのはやさしいと感じた記憶があります。

 日本米は、彼らにとってべたつきがあり、扱いにくいかもしれませんが、味は何色にも染まるピュア、というかあまり主張しません。
 でもかえって、個性を強調していたような気がします。

 鯉のビリヤニなどは、強烈な個性でした。
 スワミさんのスターアニスの入ったマトンビリヤニも。

 昔はほとんどなかったバスマティライスが、今は日本中で手に入ります。
 日本人は米の味に大変敏感ですから、タイ米もバスマティも嗅ぎ分けてしまいます。
 そして、米や米との相性を重要視します。
 
 明確に、個性的なビリヤニを作るには、今一度、米から研究しなおす必要があると感じました。

 一度、米別ビリヤニ大会でもやりたいな。

gen5delhi at 10:24│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔