インド−アメリカン フライドチキン5

2018年01月22日

friedchi

 昨日書いたように、テックスメックス、ケイジャン、カリビアンなどとインド料理のフュージョンを模索しています。
 これは、来月にイベントがあり、それに向けての試作。

 なぜこっち方面か?
 それは、フレンチや和の繊細な技術を私自身、持ち合わせていないため、ワイルドな(野性的な)方が、説得力があるのではと考えたから。

 画像はフライドチキン。
 デリーのタンドーリチキンに勝るような鶏料理として考えました。
 原作は、アメリカの料理人。
 それを私風にアレンジしてみました。

 フライドチキンはインパクトがあり、日本人好みですから、なんとか行けないかなと思いました。

 見た目はまあまあですが、ややインパクト、メリハリに欠けているかな。
 インジェクション的方法や、スパイスのプラスで、美味しい料理に変身する予感、多いにあり。

 せっせと頑張ります。

gen5delhi at 10:53│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔