何だかんだで「欧風カレー」のこと5

2018年01月09日

gin

 「今年はシャババシャバカレーだ!」と、年初から騒ぎつつ、とある理由で欧風カレーを食べました。

 先に結論から言うと、”インドカレーと欧風カレーは、同じカレーというカテゴリーに入れてはならない” ということです。
 
 我々の様なインドカレーマニアは、「カレー」という言葉を聞いたり発するとき、頭に描かれるのはインドカレーですが、たぶん9割、或いはそれ以上の日本人が小麦粉ドロのカレー画像が頭に浮かぶでしょう。

 いわゆる言葉の概念というか、言葉=映像と考えると、ライオンとかカバとかニンジンとか言われれば、ほとんどの日本人が同じ映像を。
 まあ、「母親」と言われれば、自分の母親の映像というようなこともあります。

 要は、カレーという言葉だと、インド、欧風の2種を一緒にできないということです。
 私は何を言っているのでしょう?
 正月早々、こんなことを書いているのは、少し認知が来たかなあ

 さてさて、味の感想は、もちろん悪くありません。肉も柔らかく、カレー粉の香りもあり、甘味、旨味もある美味しいお料理です。

 但し、これは私の考えるカレーではない、違う名称の食べ物だと思いました。
 また錯乱が始まりました。

 インドカレーを映像化するのが少数派なんだから、こっちがカレーと言ってはいけないのかな。
 まだまだこの錯乱状態は、欧風カレーを食べるたびに起きそうです。


gen5delhi at 12:12│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔