2018年のカレーを考える5

2017年12月25日

b8d3f027 (2)

 今年のカレーのキーワードは、大阪、スリランカ、スパイスカレー、ネパール、マレー系などでしょうか。
 ”インスタ映え”もあって、ワンプレートでカラフルな、ミールスから、ライスに直接複数盛りつけるものが人気でした。

 味としては、ローストスパイスにハーブ、そしてリベラルな発想(保守的、伝統ではないという意味)のスパイス使いのカレーが出てきて、カレー新時代の到来を感じました。
 食材も、世界中からあらゆる物が届き、また、料理人の感性で日本の旬の即材やジビエなどを使用したりで、季節感を演出、「カレーは通年同じ」という概念も覆しました。

 さて、このようにインド・アジア系カレーは、話題に事欠かなかったですが、欧風カレーは、水野仁輔さんの「黒船カレーを追え」くらいしかなかったのではないでしょうか。

 果たして欧風カレーは?

 このままでは終わらないでしょう。
 簡便な調味食材を使わず、一から丁寧に作り上げているる欧風カレーは、職人技=スキルが必要です。
 こういったカレーの逆襲もあるのではないでしょうか。

 インドカレーでも、今の街食堂的なものだけでなく、王朝風の裏漉しした滑らかなカレーも喜ばれるかな。

 2018年のカレーのキーワードの1つに、職人技、滑らかな喉越しが入るのでは・・・

gen5delhi at 17:10│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔