ポークビンダルー探究者として・・・5

2017年12月12日

pvm

 今年はポークビンダルーを作りませんでした。

 昨今、インド料理店でこの名をよく見かけるようになりましたが、個人的にはちょっとインパクト弱めが多いかな。
 ポークビンダルーに出会って30数年の者としては、やはり初めてゴアの街食堂で食べた、あの強烈なイメージが忘れられません。

 酢のガーンと来る酸っぱさ、ビリビリと舌に来る辛さ、そしてナンやチャパティやプラオでない、白いライスとの組み合わせ。
 とても新鮮でした。
 頭の中では当時、「日本では売れないかなあ」という思いもありましたが。

 10年ほど前から、夏に季節商品として出してきましたが、今や”機は熟した”のでは。
 今日本で食べられるのは、ちょっと優しすぎなインドのホテル的感覚。
 我々も、「これだとお客様に強烈すぎるかな」と、商人的感覚でアレンジしてしまったような。

 ここは原点に戻って、ポークビンダルー探究人としての矜持を持って、邪念?を振り払って、逆にお客様に強烈なインパクトを感じてもらいたいと思います。

 ということで、年明け早々、「刺激的ポークビンダルー」を作るつもりです。

gen5delhi at 12:48│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔