ドライマンゴチョコ5

2017年11月28日

drymangoc

 ドライマンゴ、昔からデリーはよく使っていて、クルフィにも入れていたことがありました。

 こういったスライスマンゴのドライではなくて、マンゴパルプを干したものです。
 農家で完熟マンゴ(落下したものか?)の皮をむいてドロッとしたものを、地面にムシロを敷き、その上に流して干し、その上にまた流し、その上にまた流しを繰り返し7,8層のミルフィーユ状態にしたものでした。
 でも、砂や異物が混じり、もう扱うところもなくなってきています。

 やや発酵気味というか、干し柿みたいな感じかな。

 さて今回、下記のANOVAを使い、チョコレートを溶かして、スライスドライマンゴのチョコ掛けを作りました。

anova


 が、輸入品を扱っているスーパーで、Hawaiian Host社製で全く同じものが売られていました。
 決してパクったわけではありません。
 しかし、原産国がフィリピンでした。

 この我々の画像のものはタイ産、やや赤みを帯びていて、フィリピン産より濃い気がします。

 しかし、悔しいので、国産のドライ蜜リンゴで、銀座店のデザート用のを作りました。
 カシミール地方のリンゴも有名ですから、よしと思ってください。
 

gen5delhi at 10:25│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔