「デザート」→ 私感、雑感、雑念5

2017年11月10日

dessert1

 今や、フレンチやイタリアン、はたまた和食でも、料理の〆はデザート。

 「日本料理にデザートがないのは、料理に砂糖を使うので、体が糖分を欲しないからである」という講義を聞いた思い出がありますが。

 日常生活でも、昔は食後すぐに甘い物を食べる習慣はなく、たまに母親が一段落してから、果物を出す程度。

 結婚式のフレンチのデザートも、富士山型のアイスクリームだけ、というのが普通でしたが、今は盛り合わせだったり、その後プチフールが出たり。

 TVドラマ「王様のレストラン」で、「デザートはお客様が最後に口にするもので、印象に残る。その日の料理全体の評価につながる」というセリフで、考えさせられることもありました。

 いつごろからでしょうか、1970、80年代あたりからでしょうか、デザートが脚光を浴び始め、デザートワゴンなるものが登場し、複数のデザートを楽しめるようになったのは。

 インドの人は、基本的にアルコールが禁止のせいか、甘い物が好きです。
 かなり甘いですが、これは糖度を上げることによる腐敗防止の経験則でしょうか。

 定食のターリなどにも必ず甘い物が添えられていますが、とあるインドの料理文化本によると、「インドでは西洋のデザートという感覚で甘い物を食べるのではないので、最初や食事の途中に食べることもある」そうです。

 しかし、時代はデザートの重要度が。
 パティシエを雇うわけにもいかず、そんなスペースもなく。
 その中でも、お客様に満足していただくために、美味しいデザートを作りたいです。
 
 

gen5delhi at 12:34│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔