カラフルなライスが5

2017年11月09日

pulao

 久しぶりに、カラフルなライスを炊きました。

 このライスの間にカレーをサンドイッチして、ビリヤニを作ります。
 その昔、スワミシェフから、アショカホテルの「シャージャハーニ・ビリヤニ」は色粉7色使って、「レインボーカラーのライスにする」と教わったことを思い出します。

 このあたりは、ホテル出身のコックさんの面白いところです。
 だけど、初めて彼に作ってもらった「マトンビリヤニ」、とてもおいしかったですが、想像以上に辛かったのを思い出します。

 インド人シェフたちは、ことビリヤニに関しては、それぞれの技法を持っていて、それぞれ矜持がありましたが、その当時、日本ではあまり人気のあるメニューではなかったですね。

 ですから、私自身はあまり学習していず、スワミさんのやり方で、ここまでやってきました。

 今はビリヤニにも陽の目が当たり、多くのお店の看板メニューになっていますね。
 
 最近のインドのホテルでも、スチコンを巧みに、スチームとオーブンを使いこなし、ビリヤニを炊き上げているのを見たことがあります。
 

gen5delhi at 12:00│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔