カレー屋めぐり 335

2017年10月13日

raf

 何カ月ぶりかで、御徒町「ラッフルズカリー」さんでランチ。
 今回はチキンキーマにしました。

 初めてのお店の時は、かなり五感を集中させていくのですが、やはり、料理に夢中になってしまいます。
 今回は、数回目などで余裕をもって。

 「へえ、ここのBGMはAMラジオなんだ」と初めて気づきました。
 昭和的で面白い、店主の好みかな、などと想像しつつ。

 また、肌感としては、14時近かったので、ランチのピークを過ぎ、リラックス感、安堵感もあり、殺伐としたラッシュ特有の喧噪感もなく、ゆったり食べられました。

 さて、チキンキーマ。
 私自身、キーマカレーを作る時は、やや脂を意識して作っていました。
 ライスとの相性やのど越しを考慮してのことでしたが、私のが「油性」なら、こちらのは、チキンのさっぱり感を前面に出した、「水性」でしょうか。

 子供のころ母親が作ってくれた鶏そぼろをジューシーに、且つ、スパイシーに仕上げられた感じで、抵抗感なく、また懐かしさも感じながらいただきました。

 キーマの新しい一面を見たような。
 次回作る時は、この感触を頭に入れてみましょう。
 

gen5delhi at 09:51│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔