カレー屋めぐり 番外編 また紅鹿舎5

2017年10月08日

benishica

 先日の13時ごろ、銀座で時間があったので、以前行ったカレーの店にまた、と思ったのですが、そのうち3軒が閉店されていて、日比谷の「紅鹿舎」に伺いました。

 昔ながらの喫茶店で、ピザトーストが名物ですが、もちろんカレーセット。
 相変わらずシャバシャバでいい、今回は前回よりタマネギの甘味が強かったかでしょうか。
 でもやはりクオリティーは高い。

 待っている間、喫茶店文化について考えていました。
 昭和30年代、多くの中小企業の労働者は、弁当、仕出し、出前が大半を占めていました。
 昼食後は喫茶店で一服、談笑。

 戦後復興の会社は、手狭で、応接室や給湯室もなかったので、来客時は、喫茶店に行くか、喫茶店からのコーヒーの出前。
 喫茶店も需要が多く、増えていったのかな。

 その後、定食屋等、ランチを出す店が増えていったような。そして、食後の喫茶店へ。
 
 さらにモーレツ時代(もう死語ですね)にはいり、ランチタイムもあまり取れない時代に。
 すると、時短なのか、喫茶店でランチを出すように。
 それまで、トーストかサンドイッチだけだったのが、スパゲッティやご飯物も登場。

 その後、地価の上昇やドトールコーヒーなどの安価なものに淘汰されていったのでしょうか。

 そんな他愛のことを考えつつ、おいしいシャバシャバカレーと、我々世代には懐かしいサイフォンコーヒーに舌鼓を打っていました。
 

gen5delhi at 12:04│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔