カレー屋めぐり 番外編 中華カレー5

2017年09月23日

kohi

 中華カレーが食べたいなと思い、六本木香妃園に行きました。

 40数年前、若気の至りで、六本木をホームタウンと勘違いしていてた頃からの味です。
 もちろん、そのもっと前から中華のカレーは食べましたが、印象としてはもっとまっ黄色で、美味しい食べ物とは感じていませんでした。

 最近、中華のカレーがちょっと話題になりましたが、私にとっての中華カレーの原点は「香妃園」です。
 ということで、こちらへ。

 一年以上ぶりでしたか、「カレーライス」と注文すると、「牛肉ですか、豚肉ですか?」の問い。
 初めてのことで、一瞬「エッ!」と思いましたが、条件反射的に「豚肉」と。

 「そうか牛肉も増やしたか、カレーの人気もあるのかな」と考えているうちに、画像のカレーが登場。
 プーンと香るカレー粉のいい匂い。
 単純明快で、味の素的旨味たっぷり。

 こちらで食べると、中華カレーは煮込み料理ではなく、炒め物だとつくづく感じます。
 これはこれで”有り”です!

 店を後にすると、「やっぱり一度牛肉も」、と思ってしまいました。

gen5delhi at 11:44│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔