「旬」考察5

2017年09月03日

shun

 人には「旬」を中心とした感覚が食べ物にあります。
 老若男女問わず持ち合わせています。

 その時期にになると食べたいものがその地域にあります。
 
 中でも日本では、秋が多いような。
 サンマにマツタケなどのキノコ類、秋ナス、戻りガツオ、梨に柿などいっぱい出てきます。

 そして、今のインド料理人たちは、巧みにそれを取り入れて、インディアン・ジャパニーズ料理を作り上げています。
 サンマのカレーにタンドーリサンマなど、メニューだけで秋を感じられます。

 冬には牡蛎、カニ、ジビエ。春にはタケノコ、アスパラ、貝。夏はトマト、アジなど、各々のシーズンにありますが、なぜ、秋が「食欲の秋」で、特化されるのか。

 それは何といっても「米、新米」が大きな要因だと思います。
 日本人は、新米という言葉にかなり敏感であります。
 米さえおいしければ、何でもおいしくなる感覚があるのでは。

 ですから、サンマカレーも、あるいはカキカレーも、新米と合わせると、日本人の心に響くのではないかなと感じます。

 ちなみにインドで皆が待ちわびている収穫は、グリーンピースとマンゴだと聞いたことがあります。
 

gen5delhi at 14:08│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔