南アジア料理、ここ10年5

2017年09月01日

kokki

 2009年のこのブログに、インド新聞のコラムのことを書きました。
 
 インド新聞・日本特派員が、都内のインド国旗を掲げているレストランが、ランチ時に行列ができていたので取材した。
 取材をすると、店主はパキスタン人だった。他の店も、ネパール人、バングラデシュ人とインド人ではない人が多数いた。
 「なぜインド国旗か」尋ねると、「パキスタン料理、ネパール料理、バングラデシュ料理とうたって国旗を出しても、インド国旗以外、日本人は知らないし入ってくれない」
 
 「ではインド料理とうたって、違う料理を出しているのか」と聞くと。「いや。売れるのはナンとチキンカレー(バターチキン?)だ」というお話。

 その特派員は、インドが日本に浸透していることを書きたかったようです。

 あれから10年余り、状況は変わってきましたね。
 パキスタンはもうちょっとですが、ネパール、スリランカは浸透し始め、バングラデシュも話題に上がるようになってきました。

 今はスピードの時代、2〜3年後にはどういう風になっているのでしょうか?
 インド料理も中国料理のように、地方別になってきています。
 どんなふうに着地するのか、見極めたいと思います。
 

gen5delhi at 11:07│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔