冷製ジャルフレジとガーリックトースト5

2017年08月16日

jal2017

 8月31日までのサマーコースの中に、画像の「冷製ジャルフレジ」があります。

 ジャルフレジ、本来は野菜がシャキシャキし、軽い炒め煮風な温かい料理ですが、デリーでは、インド版ラタトゥイユ、カポナータと見立て、また、冷やすことで、味をなじませ一体化するようにしています。

 そして添えているのがガーリックトーストですが、これはムンバイのレストランからアイディア拝借しました。
 ムンバイは、西洋料理の普及も昔から早かったですが、パウバジのパウ(パン)をトーストにしたり、ベルプリのパプリをパンに変化させたものが出てきています。
 ピザは昔からですが、ハンバーガーやフライドチキンなどのファストフードも人気です。

 その昔、日本の有名フレンチシェフから、「日本人は食感に敏感なので、ラタトゥイユも一つの鍋で炒めず、野菜ごとに別々に炒め、最後に合わせて、個々の食感を生かすようにしている」と聞き、逆に日本人シェフの繊細さに驚いた記憶があります。
 
 我々も、もっともっと日本人の舌を意識したものを作っていかねば、と感じます。

gen5delhi at 09:48│Comments(2)デリー銀座店 

この記事へのコメント

1. Posted by クルフィ   2017年08月16日 20:23
冷製ジャルフレジ、本当に美味しかったです(^−^)
主人も私も、毎日食べたいと思うほどでした。
社長さんの研究心はものすごいです!
2. Posted by tanaka   2017年08月16日 21:35
5 ありがとうございます❗
私もデリーらしい一品だと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔