ロガンジョシュ5

2017年08月15日

mrj

 数年ぶりに、マトンロガンジョシュを作りました。

 カシミール地方の代表的料理で、ムガール時代にペルシャから来たといわれています。
 赤い色の脂が浮く、煮込み料理です。

 カシミール地方は、文化・経済の交流が盛んな地域で、3世紀の仏教からヒンドゥー教、イスラム教、そしてシク教が治めた時期もあり、料理も多種多様です。
 
 インド料理の難しいところですが、「ロガンジョシュ」を調べても、たくさんの違ったレシピが出てきます。
 そこで今回は、ムガールの手法で、香り高いスパイスやナッツを使いつつ、そこまでしつこくない、独自の解釈で作りました。

 独自とは、ナッツだけだとくどいので、ポピーシードを使ったり、ややグレービー(水分)を多めにして、白いご飯にも合うようにしました。
 「結構おいしい」、当たり前ですね、自分の好きな味に作っているのですから。

 なぜ今「ロガンジョシュ」か?
 それは週末にイベントがあるからです。

gen5delhi at 10:31│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔