メニューを考える5

2017年08月11日

c054e3d6

 メニューはどう考えるのか?

 昔からマーケットイン、プロダクトアウトという考え方があります。
 マーケットインは「売れるもの、売れてるものを作る」という需要から、プロダクトアウトは「食べてもらいたい、売りたいものを作る」でしょうか。

 それは料理人、店の性格、スタンス、存在理由など、それぞれだと思いますし、商売ですから、売上げの問題も短・長期的展望も。

 日本はマーケットイン型が主流だと聞いたことがあります。「売れる車、売れてるデザイン、売れてる盛り付け、料理を」など(アップルやドイツ車はプロダクトアウトだとか)。
 もちろん商売ですから当たり前です。
 ですが、供給過多になったり、飽きられるという点もあります。

 でもやはり、売れることが優先になりますよね。
 すると、マーケットインになるのでしょうか。

 インド料理は、まだまだマイナーで、マニアと初心者の距離感が遠いので、浸透するのに時間がかかるという利点=売れる時期が長い、といえます。

 ドサ、サンバル、ラッサム、ポークビンダルー、ビリヤニ、チキン65などなど、ここ10年間に、インド料理店定番に近づいたメニューも。
 日本におけるインド料理人は、かなり学習しているので、こういったメニューにもなんなく対応する力がありますね。

 まだまだ言いたいことがありますが、長くなりますので明日に。
 明日は、消費者の視点から考えます。

gen5delhi at 17:39│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔