レトルトキーマ(カレー)、パリのカフェ風?5

2017年07月19日

keema

 家でキーマを食べることはあまりないのですが、サマーセール用に作ったので、開けてみました。

 今回は、牛ひき肉に、粗みじんのマッシュルームを加えて、味に深みを出し、且つ食感の変化を求めてみました。
 やはり、レトルトの高温殺菌ですと、食感の残りがわかりにくかったか。
 
 そして開封時のレトルト臭は仕方ないものの、何とかしたいと思いました。
 そこで思い出したのが、昔、今もフランス在住なのでしょうか、料理研究家・上野万梨子さんの本に載っていた、ポーチドエッグのカレー?

 まずはフライパンにオリーブをオイルを入れ、ダイスカットの茹でたジャガイモをカリッと炒め、そこにインゲンとピーマンをを入れ、さらに炒める。
 ここに、”デリー”のキーマを入れ、カレーのついたアルミパウチに少量の水を入れてよく振り、フライパンに加え、お好みの水加減になったら出来上がり。お好みで塩、胡椒をどうぞ。

 この上にトッピングのポーチドエッグを乗せて、黄身をつぶして混ぜながらいただく。

 面倒くさいようですが、休日など、ちょっと時間がある時、いかがでしょう。
 画像のように、ガーリックトーストでも添えたら(もちろん、ライスはあります)。

 フランス、パリ=おしゃれ と感じる世代だからでしょうか、ここにアルザスワインのゲブルツトラミネールでもあれば、完璧。

 さて、今回の主テーマはレトルトキーマの美味しい食べ方です。
 その1つがレトルト臭、パウチ臭を消すため、フライパンなどの面積が広い鍋で、炒めてその香りを消すという方法です。
 油はオリーブ油でもバターでもなんでも。

keema


gen5delhi at 09:00│Comments(0)社長雑談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔