「カレーをありがとう」、中村屋、そして老舗5

2017年06月15日

ダンニャバード

 「カレーをありがとう カレーダンニャバード(ヒンディー語)」キャンペーンを、中村屋さんが、カレー発売90周年を迎えて行っています。
 「こんなにおいしいカレーを伝えてくれてありがとう」と、インドに感謝の意味です。

 我々のような凡人だと、それ90周年だとなると、販促に結びつけたくなりますが、お話を聞くと、
 「そんなことより、より多くのカレーに携わる人、カレーを好きな人たちと、もっとカレー界を盛り上げましょう」とのこと。
 さすが中村屋さん、老舗の矜持が伝わってきます。
 微力ながら、我々も参加して盛り上げたいと思います。

 ところで、「老舗」、長い営業年数なら、この中村屋さん、ナイルさん、アジャンタさん、ムルギーさん、共栄堂さんに交じってデリーも末席にいrます。
 そしてその定義というか、必要なこととは何なのかを考えてきました。

 老舗という店舗に限らず、文化や伝統の定義は、「プロセスの維持」なのではないか。
 手続き、プロセスの維持が逆に伝統となり、老舗と言われるのでは。
 大きい意味でのプロセスです。
 手続き、手順がしっかりと受け継げられること。

 能や歌舞伎もそうだし、帝国ホテルやホテルオークラに行っても、その伝統文化を肌で感じられます。
 最近の国会は逆にそこを軽視しているような?

 おのおのの店で個性があり、肌感覚も違いますが、我々もこのプロセスを大切に続けていこうと、この「カレーダンニャバード」で感じました。

gen5delhi at 10:30│Comments(0)TrackBack(0)社長雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔