ワンプレート5

2017年05月16日

iemesi

 ここ2,3年、カレーと料理がワンプレートに盛られた料理をよく見かけます。
 ボリューム感、カラフルさにわくわく感が感じられますが、「インスタ映え」も大いに影響しているのでは。

 中でも大阪が中心のスリランカカレーが有名です。
 これには、インスタ映えの他に、大阪文化も影響しているという説も。
 大阪は商いの町。お客様次第では、昼飯もゆっくり食べる暇がない。
 そんな時、カレーとライスが別で、悠長にかけながら食べる暇はない。
 最初からライスにかけてあって、片手にスプーン、片手に新聞や帳簿でかっ込む。
 「自由軒」の混ぜカレーも大阪らしい。
 
 一方、東京のワンプレートは、カフェから始まったという話。
 大きめの皿に、カレー、ライス、サラダなどが盛り込まれ、ちょっとバゲットも添えられて。
 季節によってはテラス席で。
 また、湘南のテラスで、江の島でも眺めながら。
 いわゆる、女性がかっこよく食べられるカレーライスということでしょうか。

 さて、インドの新聞にも、最近は町食堂でも、手で食べる人が減り、スプーン派が増えているそうです。
 その大きな原因は「スマホ」の登場で、うっかりカレーがついた指でスマホを触るのがイヤだから。

 時は流れています。
 食文化とは、こんな形で変化していくのでしょうか。

gen5delhi at 09:47│Comments(0)TrackBack(0)社長雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔