「カレーライス進化論」から考えた5

2017年05月12日

mizu

 昨日、水野仁輔さんの新著「カレーライス進化論」を読みました。
 
 彼の足で実際に調べ上げた膨大な資料、そして膨大な時間が、”カレー愛”をはるかに超え、執念すら感じさせる内容でした。
 また、そこから導き出した「カレーライス進化論」、40年近くカレーに携わったものとしても異を唱えるどころか、その客観性のある捉え方や理論、今後の展望は納得させられるものでした。

 すると、我々のような者は、何を後進に伝えていくのか。
 レシピだけなのか、社史なのか、創業の思いなのか・・・

 ここ1,2カ月、自分の頭の中に「昭和のカレー(デリー創業以降ですが)」というフレーズがよぎっていました。
 これは、この時代の世相を背景に、生活の中のカレーの位置、外食としてのカレーの位置。
 こんな、いわゆる高度成長期の一期間のカレー、「ミッドセンチュリーなカレー?」のことを述べたり、作ったりしたいと感じています。

 私もカレーライス好きですが、商売としてのカレーライスは、また違った要素が加わってきます。
 「カレーライス進化論」を読んで、温故知新ではありませんが、この先の展望が開き始めてきました。
 

gen5delhi at 10:58│Comments(0)TrackBack(0)社長雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔