キーマクルチャ5

2017年05月01日

5月キーマクルチヤ

 5月の銀座店のディナーには、「キーマクルチャ」が登場します。

 ちょっと工夫して、チーズが入ったボリューム感ある仕様になっています。
 やや不思議なものですが、この料理は、北インド・ムスリムの朝食としてが有名です。

 さてこのクルチャ、パンジャブ地方の丸いパンと紹介していますが、ナンとの違いは形だけなのでしょうか。
 このパンをメニューに載せた時、正しいかどうかはわかりませんが、とある記述を見つけました。

 ムガール帝国5代皇帝シャー・ジャハンの時代までは、宮廷ではナンが食べられていた。
 そして6代アウランガゼブの時、「ナンは大きすぎて食べにくい」とのことから、手のひらサイズのクルチャが供された。

 諸説様々あり、「プレーンはナン、ポテトや、オニオン、キーマを挟んだのがクルチャ」なんて話もあります。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔