ケララ・フライドチキン5

2017年04月13日

asha

 インド料理の最高峰は”イギリス”とよく言われますが、個人的には違います。
 イギリスは、長きにわたってインドを統治し、今はインド移民が多く、昔からインド料理になじみがありました。
 チキンティカマサラが国民食と言われるほどですから。

 ですから、インド料理に興味がない国で評判になっているレストランの方が興味があります。
 イギリス以外のヨーロッパやアメリカなど、もちろんアジアも含みますが。

 画像はケララ出身のキリスト教の女性が、アメリカに移り住み、その南部料理と融合(彼女は決してフュージョンという言葉は使わないそうです)した料理が、ちょっと評判になっているそうな(早速本を買ってしまいました)。

 そのメニューが画像の「ケララ・フライドチキン 米粉のワッフルに乗せて」です。
 彼女はパティシエとしても有名ですが、やはりケララ時代の料理がルーツにあり、そこにアメリカの永住権を得、生き抜く知恵を、アメリカ食文化に合わせたインド料理を作らせたのではないでしょうか。

 またそれを”つまみ食い”するのが、私・日本人です。
 今度作ってみま〜す

gen5delhi at 10:28│Comments(0)TrackBack(0)社長雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔