カレー屋めぐり 番外編5

2017年04月06日

ben

 今回は、喫茶店のカレーです。
 カレーを売りにする喫茶店は数ありますけれど、ここ日比谷の「紅鹿」は創業60年の老舗で、もとは洋食店からのスタートだそう。

 初めてここでカレーを食べたのは、もう30年以上も前です。
 その時は、まるでデリーのカレーのようにシャバシャバで、びっくりした記憶があります。
 しかし当時は若く、この量ではおなか一杯にならず、その後1回か2回しか行っていませんでした。

 ようやく食べる量も減り、なぜかわかりませんが思い立って、今もまだ、あのカレーなのか行ってみました。
 
 画像のように、以前と同じシャバシャバカレーでした(皿のふちに、運んでくる際のカレーの跡があるのでシャバシャバ感がお分かりになると思います)。
 カレー粉にいい香りが鼻をつき、するっと入っていきます。
 
 スタッフのお話によると、「昔、パキスタン人コックがいて、賄いで作ったカレーをそのまま出したのが始まりです。インドもパキスタンも同じでしょ」とのこと。

 これにミニサラダとコーヒーがついて¥950。
 しかもサイフォンで入れるコーヒーがおいしい。
 現在、わたし的に喫茶店部門カレー?第一位です。
 
 やっぱり白いご飯とシャバシャバカレー、大好きです

gen5delhi at 09:58│Comments(0)TrackBack(0)社長雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔