盛り付け方雑感5

2017年03月16日

thalisri
 
 画像上は、インドのタリ、下はスリランカ式とされるもの。

 仕切られた器に料理とライスなどのインド、ライスの上に載せていくスリランカ。
 もっともっと深く研究していくと、面白い事実が解ってくると思うのですが、今回は勝手な推測

 まず、見た目では、インドが松花弁当的で、スリランカは幕の内弁当的。
 前者が茶道の懐石料理からで、後者は武家の本膳料理からだとか。

 松花堂は、料理の味や香りが混ざらないような配慮からという説があります。

 インド人は、衛生面は別として、「口がきれい」なイメージがあります。
 これはヒンドゥー教徒を主にしていますが、肉類は食べても、内臓はあまり食べません。
 野菜カレーなども、一カレー素材(ナスならナスだけ、オクラならオクラだけのカレーという意味です)で、食べる時にごちゃ混ぜはありますが、ミールスなども、簡単な決まりの中、順々に提供され、順々に食べていくイメージがあります。

 一方、スリランカの一緒盛り方式は、それこお弁当文化から来ているのかなと思います。
srilunch


 こんなイメージですか、この上にカレーを乗せ、この紙でくるむスタイルです。
 こうやって食べる美味しさを、皿の上に表現したのが今のスリランカスタイルかな、と勝手に推測した次第です。

 かなり短絡的な話ですが、反論および知っている方、教えてください。

 

gen5delhi at 10:17│Comments(0)TrackBack(0)社長雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔