インディアン・ラテン5

2017年03月05日

4c14ca6a

 テックスメックスや南米料理をインド料理と融合させたのは、アメリカ在住の名女性シェフ、マニート・チョーハンが魁だと思います。
 
 彼女は、インドの調理師学校を出た後、ニューヨークの調理師学校にも行き、その後、タージ、オベロイなどのホテル時代を経て、ヴァ―ミリオンというシカゴとニューヨークにある、INDIA’S LATIN料理の総料理長に。
 彼女の料理はテックスメックス好きのアメリカ人に、評判となりました。

 さて、ラテンとインド料理には、チリやスパイス、トマトという共通点があり、親戚と言えるかもしれません。
 まだまだ日本では、ラテン料理がそれほど有名でも高級化もしていません。
 タコスやナチョ、セビーチェ(生魚マリネ)、あとは牛肉にシュラスコは知名度があるでしょうか。

 アボカド、牛肉、生魚などを、うまくインドの手法で作っていくのも、それほど違和感なく、日本でも受け入れられるのではないでしょうか。

※画像はその昔、銀座店のコースにそっと?出した時のものです。

 

 

gen5delhi at 12:08│Comments(0)TrackBack(0)社長雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔