モダン・インド料理5

2017年02月17日

rasoi1

 個人的には、モダン・インド料理に目覚めたのは、ロンドンのシナモンクラブができた頃です。
 彼らのホームページが、世界一になったときです。

 その当時のホームページは、オーナーの場所探しから、レストラン開店までの動画があったり、レストランの舞台裏が見られたりと、画期的なものでした。
 当然、料理もサービスも内装もそれまでにないインド料理、インドレストランの世界でした。

 画像は、Veneet Bhatia率いる、RASOIの本からのものです。
 ロンドンのこのレストランに行ったことのある、みずのじんすけさんやスパイスカフェの伊藤さんは、「RASOIは、かなりフレンチに寄っている」との意見でした。
 この本から見ると、Veneetは「オリジンはインド」ということを意識しているように感じました。
 
 そして2年前、Gagganに行った時、さらに進歩的、化学的になったのではと感じ、インド料理が、新しいページに入ったのかなと思いました。
 日本でも、こういったレストランが、インド料理を習得した若い料理人たちが、やってくれると楽しいだろうな。
 商売は別として・・・

 ちなみにこの画像、左側がチキンシークカバーブ、右側はパイナップルのチャツネです。

gen5delhi at 11:02│Comments(2)TrackBack(0)社長雑談 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by May   2017年02月18日 08:53
1 20年来の銀座店ファンです。今年に入って特に感じるのですが、夜の銀座店のサービスが以前と比べ物にならないほど低下しています。若い男性店員ふたり(ひとりは無表情大柄、ひとりは外国人風)が理由かと思います。訪問のたびオーダー間違いが一度は必ずあり(謝罪なし)、飲み物がなかなか出そろわない(カウンターには置いてあるのに運んできてくれない)、オーダー間違いのせいで全員ぶんのカレーが揃わず、周りも気を使って待つので全員ぶん冷めてしまう、ウェイターがホールに注意を払わずなかなか呼べない、どころか鏡の前で髪の毛をさわってセットしたりしている(不衛生です)、トイレからなかなか出てこない人がいると思うと前述の店員、しかも掃除でもしていたのかと思えば洗面台は汚くドアノブが濡れていて、ただトイレを長時間占領していただけなのがわかります。スタッフとお客がおなじトイレを使うにしては配慮がなさすぎます。
今までこんなストレスをデリーで感じたことがなかったので、一体どうなってしまったのかと、一緒に通っている友人たちとも驚いています。誹謗中傷する気はありません。何卒改善をお願いします。長年の大ファンとして、人に自身を持って紹介できるお店であってほしいという気持ちでいっぱいです。よろしくお願い致します。
2. Posted by tanaka   2017年02月19日 11:23
大変申し訳ございません。
せっかくのお食事の時に、不快で気になる振る舞い、お詫びいたします。
彼らは言えば解ると思っています。、反省させ、このようなことが二度と起きないようにいたします。
Mayさまのように、ご忠告いただけるお客様がデリーにいらっしゃることは、ありがたいことでございます。
これに懲りず、またのご来店、賜りますことを、心からお願い申し上げます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔