キーマ探訪 15

2017年02月07日

ajanta

 しばらくは、キーマ研究のため、キーマがあるところでは、できるだけ食べようと思っています。
 
 何人もでカレーを食べに行って、いくつか注文した内の一つにキーマがあっても、深く考えず、他のカレーと混ぜて食べてしまったりして、”味わう“という作業を怠っていました。

 チキン、ラム、魚、豆の時は舌や鼻で確かめるのですが、キーマには、それほどの思い入れがありませんでした。

 カレーとの出会いには、一口目の「直感」も大事にしています。
 このカレー、好き! あるいはダメ! わりと舌は正直です。
 また、香り、粘度’水分)、食感(肉の挽き具合)、副材などもじっくり感じつつ、食べていきたい。

 ですから、この項はカレー批評ではなく、自分の作りたいもののヒントととして取り上げています。

 画像は、アジャンタです。

gen5delhi at 10:00│Comments(0)TrackBack(0)社長雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔