1月2日、第2の皿クラブケーキ&チャツネ5

2017年01月07日

2ndplate

 第1の皿が、インド・セイロンのコロニアルフードでしたので、第2の皿は、モダン・インディアンにゆり戻してみました。

 この皿のきっかけは、昨夏に耳にした「カニのチャツネ」という言葉。
 何とも美味しそうで、洒落た音感が耳に残り、その創始者?RASOIのVineetシェフ(インド人で始めてミシュランの星を獲得した)のホームページから、そして本も取り寄せ、レシピを参考にしました。
 
 画像左ですが、今まで食べたゴアのクラブケーキが、どれもポテトが強く、やや重目というか小洒落ていなかったので、繋ぎに使う卵の量を増やし、ちょっとキッシュ寄りにしようと考えました。
 すると今度は、器が必要になり、パイ生地だとフランスっぽくなるので、ポテトでバスケットを作りました。

 この隣が、カニのチャツネ。
 カニのほぐし、タマネギ、トマト、グリーンチリ、ショウガのチョップをよく混ぜ、オイル、マスタードシードとカレーリーフのテンパリング。
 ここからがVineetシェフの面白さですが、マヨネーズを加えます。

 数多いマヨネーズから、迷うことなく、味や香りを主張しない、アメリカのベストフーズにしました。
 さらに、日本的に、使ったカニもズワイでしたので、そのカニミソもたっぷり加え、レモンジュースと塩で味を調えました。 

本当のフュージョン料理になってしまいました。

gen5delhi at 12:18│Comments(0)TrackBack(0)社長雑談 | レシピ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔