フランスの巨匠の映画、インドが舞台5

2016年07月08日

un+une3

 我々の年齢で、監督クロード・ルルーシュ、音楽フランシス・レイと聞くと、ゾクゾクッと来る方がいらっしゃるのではないでしょうか。
 そう、「男と女」「パリのめぐり逢い」「白い恋人たち」・・・
 私は高校生ぐらいで、フランス映画も勢いがあり、”彼の甘く切ない”映画を見て、「俺もこうなってやる!」と思ったものでした。

 この2人がコンビを組み、インドを舞台にして、もちろん、愛をテーマにした映画がやってきます。

 「ニューデリー〜ムンバイ〜ケーララへの2日間の列車旅行。
 異国情緒たっぷりのインドを舞台に、互いにパートナーのいる男と女は惹かれあう。
 美しい風景の中で尽きない会話。恋の予感はやがて・・・」

 こんな紹介がされています。
 75歳にして初めてインドに行ったクロード・ルルーシュ監督は、「世界中を旅している私だが、インドが一番美しい国だった」と言ったそうです。
 
 9月3日、Bunkamuraル・シネマでロードショーです。

 フランス的、フランス人的、そしてクロード・ルルーシュ&フランシス・レイ的”インド”、とても気になります。

 デリーもちょっと協賛しています。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔