ポークビンダルー、始まります。5

2016年06月21日

pvd

銀座店のポークビンダルーの試作品が届きました。

 料理長の山本君は、「今年は昨年のトマト酢から米酢で挑戦」と言っていましたが、果たして。

 この試食、家族と共に食べ、その印象を聞いてみました。
 これが面白い。酸味や辛味などの味覚センサーの違いが、かなり個人的=人によって大きく違う、と感じさせられました。
 まあ、こちらが歳をとって、味覚センサーが鈍くなっているのかもしれませんが。

 私の感想は、非常に練り上げられていて、旨味、甘み成分もしっかりあって美味しい。
 が、が、「もっと辛く、もっと酸っぱくがポークビンダルーだ」というもの。
 それに対して娘は、「わあ酢っぱい、辛さはともかくとして、ポークビンダルーってこんなに酸っぱかったっけ」でした。

 確かに私は、酢が飲めるほど酸っぱいもの好きです。
 中華の麺類にはダバダバと酢を注ぎ込み、店からはきっと顰蹙を買っているものと思われます。
 
 でも、私の舌の記憶には、ゴアのポークビンダルーの酸味は、しっかりと感じられるものでした。

 いずれにせよ、お客様の年齢は私より若いですから、若いスタッフが判断した方がいいのかもと、自分を慰めています。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kita   2016年06月21日 23:31
夏はポークビンダルーですね。さて質問させて下さい。お店では食べたことありませんが、「たまに食べるならこんなカレー」で食べたポークビンダルーとDancyuのレシピで作ってみた味は少し異なります。   基本は一緒でどちらも美味しいですが、辛さと酸っぱさはDancyuレシピの方が強い(辛すぎて酸っぱい)です。田中社長のイメージとしては何方が理想的な味なのでしょうか?              今は九州在中のため、デリーで食べられないのが残念です。
ちなみに個人的に巷のポークビンダルーで一番の好みは北千住にある「カレーライス山」です。田中社長のレシピにインスパイアされたと思う美味しさです。
2. Posted by tanaka   2016年06月22日 00:47
5 コメント、ありがとうございます
dancyuのは、自分なりに、インドを思いながらのレシピで、あれがある意味、作りたかったあじでした。ご使用になった酢や唐辛子で、味の差が出たのかもしれません。インドの酢は日本のより薄い気がします。

たまに食べるならの時は、やや玉ねぎの味が甘く、さらにパウチに詰めてから、機械で殺菌したため、よりマイルドに仕上がってしまうのです。
私は酸っぱ好きですから、また、ビンダルーは辛くて酸っぱいものだと思っていますから。
今度作る時は、しっかり辛くて酸っぱいものを作る気満々です。
今度は、殺菌工程を配慮しながら、辛さと酸味は、dancyuより強烈にいこうと思っています。
お楽しみに❗

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔