コンチネンタルカレー5

2016年03月10日

コンチネンタルカレー解像度下げ

 デリー上野店と銀座店のメニューに、コンチネンタルカレーがあります。

 このカレーは、ポークカレーという名で創業時からあり、画像の様に日本風で、ルーのトロミがあります。
 そして、テカテカとした艶がいいですね。

 これは、ラードと小麦粉で作ったルーのてかりです。
 昔ながらの洋食の手法で、しっかりと長時間かけてルーを練り上げています。
 インドカレーと同じく、分量は異なりますが、タマネギ、スパイス、野菜のジュースで作りますが、最後に、このルー加えて、煮込みあげます。

 創業時はメジャーで、多くの支持がありましたが、その後インドカレー、カシミールカレー、そしてコルマカレーがメジャーになり、辛さが全くだめな方のために残っています。
 もちろん、このカレーが好きなお客さまもいらっしゃいます。

 そういう経緯で、あまり手直しがされないまま、今日まで来ています。
 ですから、ある意味、創業時からほとんど変わっていないカレーと言えるかもしれません。

 上野店は、今年満60年ですから、コンチネンタルカレーも還暦を迎えました。
 最後に修正されたのが、約20年前、小麦粉を3割ほど減らしました。

 昭和30年代にタイムスリップしたい方、ノスタルジーを感じたい方は、一度召し上がってみては。
 なかなか美味しいカレーだと思います。

gen5delhi at 18:24│Comments(0)TrackBack(0)デリーのこと 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔