料理研究会5

2015年07月19日

000003

 3回目の料理研究会を、先週行いました。

 今回は、「ゴアのホテルのエビカレー」、「南インド的チキンカレー」そして「マスタードフィッシュ」でした。
 
 もちろんレシピは個人的なものですから、これにインスパイアされて、さらにおいしく、個性的なものに育っていって欲しいです。

 現在もLOVE INDIAで行われている、LABO INDIA、決まったメニューをそれぞれのシェフたちが作って味見したり、インド出身シェフたちの講習会ですが、これが面白い。

 料理人によって、その料理の視点が全く異なっています。
 味は基本ですが、色から、香りから、素材からと皆、嗜好を凝らします。
 盛り付けも、ホテル風、食堂風、ワイルドに、などなど。

 こういうことをしていると、その料理に対する、料理人のイメージとお客様のイメージの同化が必要で、その手助けがメニュー(お品書き)であり、言葉(接客者の)だとつくづく思います。

 いいレストランといわれるところは、そういった点が独りよがりでなくできています。

 こういった研究会は、いろんな意味で大切だと感じました。
 

gen5delhi at 12:57│Comments(0)TrackBack(0)デリーのこと 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔