ブータンのエゼ、自分流5

2014年12月19日

エゼ

 先日、LOVE INDIAの撮影で、シタールの増田社長と雑談をしていた時、増田さんから「スパイスオイル」の話が出てきました。

 その時、ふと頭に浮かんだのが、ブータンの「エゼ」でした。
 ブータンに行ったことはありませんが、イメージとして、唐辛子を大量に使い、エラく辛いです。

 顔は日本人的で、インドのケータリングカレッジのキャンティーンで、サリーを着た日本人がいると思ったら、英語で「ブータニ」と言われたのを覚えています。

 本物を食べたことがないので、自己流で、トウガラシ、サンショウなどを空煎りし、油と共に、乳鉢で潰しました。
 これが予想外の人気(社内でですが)で、白いご飯をいっぱい食べられそうですし、カレーの時に、ライスの横に置いて、辛くするなどできそうです。

 たぶん、これに、タマネギ、トマト、コリアンダーリーフを加えて和えるという、食べ方の記憶があります。

 1月2日の銀座店で、辛いもの好きの方にモニター調査でもしてみますか。

gen5delhi at 11:40│Comments(1)TrackBack(0)社長雑談 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 藤2   2014年12月19日 18:32
5 ぜひ!食べてみたいです!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔