インドひとり旅のススメ5

2014年06月21日

DSCN0121

 インドのひとり旅は楽しい。
 
 画像は、デリーの床屋。自分も若かったな、40代だろう。彼は散髪師。このほかに親分がいて、値段を決める。
 そのオヤジから80ルピー(当時¥200くらいか)と言われた記憶が。

 この値段、ちょっと高いのかもしれないが、気にならなかった。
 物の値段なんて、実はあってないようなもの。
 
 例えば、東京のディスカウントショップなら¥298で売っている「わさびふりかけ」が、伊豆のみやげ物屋だと¥600で売ってたりするが、納得して買う。

 納得すれば買えば(払えば)いいし、イヤだったら買わなきゃいい。
 ひとり旅はすべて自己判断、気楽、気楽。

 この時は仕事だった。
 デリー→ゴア→バンガロール→デリーというルートだったか。
 胃もすこぶる元気だったので、仕事は言え食べっぱなし。たぶん、2〜3キロ太ったのでは。

 ひとり旅は、どこの国よりインドが楽しかった。
 視覚、聴覚、嗅覚、味覚そして触覚、五感すべてが刺激される。日本ではない体験だ。

 そろそろ、もしかして、最後のインドひとり旅に出たい。

gen5delhi at 10:22│Comments(0)TrackBack(0)インド旅 | 社長雑談

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔