赤い油5

2013年07月24日

masala

 インド料理で、カレーに赤い油が浮いているのを見かけると思います。
 これは、タマネギ、ニンニク、ショウガを炒める時に、多めの油に、カシミーリチリ、パプリカ、トマトなどで色を付けます。

 画像は、キーママターを作っているところですが、多めの油に、ホールスパイス、タマネギ、ニンニク、ショウガ、パウダースパイス、トマトを入れて炒めています。
 ここに、挽肉と水を入れて煮込み、赤い油が表面にジワッと浮いてきたら出来上がりです。

 その他の技法としては、できあがったカレーに、カシミーリチリで色付けした油を上からかけるという方法もあります。そこに微塵切りのニンニクやホールクミンを入れると、より香り高いカレーができます。

 ぜひ、ご家庭のカレーでも、後者をお試しください。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔