キノコのジャルフレジ5

2012年10月01日

210c

 今月の一品・銀座店は、「キノコのジャルフレジ」です。
 
 ジャルフレジ(ベジタブルジャルフレジ)は、定番メニューですが、そこに季節感を出そうとしています。

 このジャルフレジの語源、ジャルは「辛い」「hot spicy」という意味ですが、フレジという言葉は、2説に分かれています。
 パキスタンのウルドゥー語「パレジ」 = 味が解る人、おいしい食べ物等から来て言う説。
 もうひとつは、英語のfryに接尾語のジーが付いたという説です。

 この料理自体、スパイシー料理好きだった、コルカタの英国人総督のためのものだったということから、後者かなと思います。

 野菜は生のものを使いますが、肉は、調理済みまたはマリネしておいたものを、簡単に炒め合わせる料理で、すぐにできますから、不意のお客様にも対応できたのではないでしょうか。

 本来は、辛い料理ですが、デリーでは、その技法だけ残し、やさしい料理になっています。
 「ジャル」ではありませんね。
 

gen5delhi at 09:51│Comments(0)TrackBack(0)銀座店 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔